神戸・大阪から米子は高速バスがおすすめで安い!高速バスで米子まで行ってみた感想

スポンサーリンク

仕事の打ち合わせと旅行を兼ねて、鳥取県に行ってきました。

今回の目的地は大山町だったこともあり、鳥取よりも米子の方が近いです。

兵庫県と鳥取県って隣あってるにも関わらず、結構遠いんですよね。

遠いし、お金もかかるところにあるので、楽に行けてかつ安くできる方法がないかと思っていました。

鳥取でお会いした方にいい方法がないか聞いてみたところ、三宮から米子までバスが出ているのを教えてもらったので、今回はバスで米子まで行くことに。

日交高速バスを使えば直通で米子まで行ける

日交高速バスという会社が、三宮や大阪から米子までのバスを運行しています。

それを使えば、途中で乗り換えすることもなく米子まで行くことができますよ。

三宮からの場合、所要時間は3時間20分でした。

新幹線と特急を使って行っても大差ない時間だと思いますので、コストパフォーマンスはすごくいいと思いますよ。

バスの予約は電話で

予約しようと思って、日交高速バスのホームページを見てみましたが、ネットからは予約できない感じでしたので、電話でバスを予約しました。

予約が終われば、バスに乗る当日にバスターミナルに行きます。

三宮のバスターミナルでは、カウンターがありますので、予約してたバスの切符をそこで発券できますよ。

三宮だと、クレジットカードでの支払いに対応していたので、ラッキーでした。

現金を出す手間も省けるし、ポイントも貯まりますね。

三宮のバスチケットカウンター

三宮から米子まではわずか4,600円

実際に買ったチケットがこちら。
わずか4,600円なんですよね。

もちろん、青春18きっぷを使って行くよりかはお金がかかる方法ですが、時間短縮のことを考えると、かなり安いし早く行ける方法だと思います。

神戸から米子駅前のバス

米子行きのバスに乗った感想

ということで、米子行きのバスに乗り込みました。

午前10時40分のバスということで、比較的空いていましたよ。

神戸から米子駅前のバス

バスは3列シートになっていて、中にトイレもあります。

神戸から米子駅前のバス

座席にはコンセントもついていましたが、携帯電話の充電にしか対応しておらず、パソコンの電源を差しても使えませんでした。

iPhoneの充電のコンセントを差しても効かなかったので、ホントに使えるのかどうかは不明です。

神戸から米子駅前のバス コンセント

バスで仕事をすると、揺れるので注意が必要

私がバスを利用した時は、移動中にずっと仕事をしていました。
パソコンを広げて仕事をしてた感じですね。

でも、バスということもあり、普通に揺れます。

揺れによって気分が悪くなってしまうという方は仕事をするのが難しいかもしれませんね。

私の場合は、幸い大丈夫な体質で良かったですが・・・。

14時前に米子駅前に到着

途中、上月で休憩がありましたが、それでも予定より少し早く14時になる前に米子駅前に到着しました。

3時間20分もかからず米子まで行けたことになりますね。

バスで直通で行けるのはやっぱり便利だと思いました!

米子に着いたあとは、大山町のシェアハウスに行きましたよ。

高速バス以外にも、電車で行く方法もありますよ。

高速バスにはメリット・デメリット両方ある

高速バスは、メリットもありますが、これはあんまり・・・というところもありますよね。

両方を理解した上で使うのが一番です!

おまけ:神戸から鳥取へ行くときの方法

神戸から鳥取への移動も経験があります。
そのときに安くする方法も記事にしていますよ。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。 詳細プロフィールは別ページにあります。お金に対する考え方・ポリシーはこちら。

執筆メンバの一覧を見る