神戸市バスカードを利用するとバス代を10〜30%安くできます

スポンサーリンク

私が住む神戸市には、市内あちこちでバスが走っています。

神戸市に住んでいればお世話になっている方も多いでしょうし、観光で来られた方も観光のために市バスを使うことがあるかもしれません。

神戸市バスはあらゆる方法で節約することができます。基本的には10%節約できて、利用する時間帯次第では30%も節約することができます。

神戸市バスカードには2種類あるので、1つずつ紹介していきます。

市バス専用カード(10%節約)

神戸市バスカードのうち1つが「市バス専用カード」です。こちらは一般的なカードで、10%お得になります。

神戸市バスカード

1,000円、2,000円分のカードが売られていて、それぞれ1,100円、2,200円分利用することができます。

  • (購入額)1,000円 → (利用可能額)1,100円
  • (購入額)2,000円 → (利用可能額)2,200円

市バス専用カードは利用時間の制限がなく、いつでも使うことができます。早朝に使おうが、最終便に使おうがこのカードを使うことができます。

市バス専用カードがおすすめなのは、会社勤めされている方や、週末だけバスを利用する方など、使う時間帯がバラバラの方です。

市バス昼間専用カード(30%節約)

もう1つのカードが、9:30〜16:00(降車時間)しか使うことのできない市バス昼間専用カードです。

その代わりに30%もお得になります。こちらも1,000円、2,000円分のカードが売られていて、それぞれ1,300円、2,600円分利用することができます。

  • (購入額)1,000円 → (利用可能額)1,300円
  • (購入額)2,000円 → (利用可能額)2,600円

30%も得すると、市バスの運賃が劇的に安くなります。これを使いこなすことができれば、相当安くすることができますよ。

私は時間帯によって、2枚の市バスカードを使い分けています。9:30〜16:00の場合は、昼間専用カードを使って、それ以外の時間は普通の市バスカードを使っています。

チケットショップで安く入手

これらの市バスカードは神戸市営地下鉄の駅売店や、神戸市内のスーパーやコンビニ、小売店などの一部、バスの運転手から直接買うなどの方法で手に入れることができます。

他にも神戸市内のチケットショップの一部では、定価よりも安く市バスカードが売られていることがあります。2,000円の市バスカードが1,980円もしくは1,990円で販売されているのを何度か見かけて購入したことがあります。

ホントにわずかな金額ですが、確実に得することができますので、神戸市バスを利用される機会が多い方は、チケットショップで見つけたら買っておくのもいいかもしれません。

利用方法や注意点など

市バスカードを利用するには、ちょっとした手順が必要となります。と言っても難しいことはないので安心してください。

まず、バスに乗る前に市バスカードを手元に用意しておきます。バスが到着して乗車するところにカードの差込口があるので、そこでカードを通してください。カードを通せば、すぐに戻ってくるので、とっておきます。

次は降りる時に必要です。降りる時にもカードの差込口があるので、そこにカードを差し込みます。すると、自動的に精算してくれて、カードの残金が減るようになっています。カードの残金はカードの裏側に印字されるので、いくら残っているかはいつでも確認できます。

ちなみに、市バスカードに有効期限はありません。この制度がなくならない限りはいつでも使うことができます。私自身、数ヶ月に1回、下手すれば年に1回とかしか使わないこともありますが、市バスカードを使って、1回あたりの運賃を安くすることに成功しています。

おまけ:他の神戸市限定節約術

神戸市民であれば、ゴミ袋にお金がかかります。それを節約する方法について紹介しているのが以下のページです。
参考:神戸市指定ゴミ袋の節約は業務スーパーで買うのが一番おすすめ!

ポートライナーや六甲ライナーに乗るなら、以下の節約術も便利です。
参考:三宮から神戸空港まで!ポートライナーや六甲ライナーの運賃を安くするには回数券が便利

神戸高速鉄道の回数券の裏ワザも必見です!
参考:バグ?裏ワザ?神戸高速130円区間の回数券だけ消費税増税前と同じ料金な件

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。 詳細プロフィールは別ページにあります。お金に対する考え方・ポリシーはこちら。

執筆メンバの一覧を見る