広島の路面電車ではPASPYだけでなくICOCAが使える

スポンサーリンク

広島に行った時に、初めて広島の路面電車に乗りました。

広島って、これだけ大きな都市なのに、路面電車が走ってるんですよね。

大都会なのに、路面電車が走っているのを見るだけで、ほのぼのとした気分になります。

そんな広島の路面電車ですが、ICカードに対応しています。

広島の路面電車

広島の路面電車はICOCAもタッチできる

広島の路面電車に乗った時、運賃の支払いでお釣りが出ると面倒だな〜と思いながら乗りました。

一応、PASPY(パスピー)という電子マネーには対応しているみたいですあが、私が持っているICOCAが使えるのかは分かりませんでした。

乗車した時にとりあえずタッチしてみることに・・・。

広島の路面電車にあったPASPY

タッチしたら、ピッという音がして、普通に認識するではありませんか!

ちゃんと残額表示もされて、私のICOCAがしっかり認識されている!

たったこれだけのことですが、めちゃうれしかったですね。広島の路面電車すごい!と表情には出さず興奮していました。

私が持っているSMART ICOCAは、クレジットカードでチャージしているので、ポイント分だけ節約になっていますよ。

SuicaやPASMOには対応していない

東京など、関東エリアに住んでいる方であれば、SuicaやPASMOが一般的だと思います。

広島の路面電車では、残念ながらSuicaやPASMOには対応してないんですよね。

旅行などで来られた場合は、普通に現金で払うしかなさそうです。
ICOCAがあれば大丈夫ですが。

PASPYの入手方法

では、PASPYを使いたいけど、どこで買えるのか?
そんな疑問が出てくると思います。

PASPYは、広島電鉄やバスの窓口で「PASPYをください」と言えば買うことができますよ。

1枚2,000円からで500円のデポジットが含まれるので、チャージ残高は最初1,500円ですね。

他には、バスや電車の車内で乗務員さんにPASPYが欲しいことを伝えることで購入できます。

アストラムラインでは、窓口・自動券売機でPASPYを買えますよ。自動券売機で買えると時間もかからず便利そうです。

路面電車の駅でPASPYのチャージができる

広島の路面電車は、PASPYという電子マネーを使うのが一般的です。

PASPYのカードを持っている方は、駅にチャージの機械がありますので、そこでカードを入れてチャージします。

現金を入れてチャージする感じですね。

PASPYチャージ機械

おまけ:広島駅は駅のホームにICカードのタッチ場所と料金箱がある

実際に広島の路面電車を利用した時に見た光景なのですが、広島駅では運賃箱が降りたところにありました。

普通、車内にあるものだと思うのですが、外にあったのが今までにない光景で面白かったですね。

運賃箱って、電源でつなげば動くのを初めて見ました。

支払い用のPASPYチャージ機械

PASPYを使うと、現金払いより10%安くなる

広島に住んでいる方にとってはPASPYは欠かせないものです。
その大きな理由が、現金払いで運賃を払うよりも10%安くなるからです。

市内一律160円ですが、パスピーだと150円になります。
210円の区間だと190円。PASPYを使うメリットは十分にありますね。

広島に住んでいる方からご連絡をいただき、情報提供していただきました。ありがとうございます!

スポンサーリンク

このページをシェアする!

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。 詳細プロフィールは別ページにあります。

執筆メンバの一覧を見る