オカムラSwiftを引っ越しするときの費用を安くする2つの方法

松本 博樹の画像

私は家で仕事するときの机に、オカムラのSwift(スイフト)を使っています。

ボタン1つで昇降できるので、自分の姿勢にあった高さに調整できるのがいいですよ。

また、高くすればスタンディングデスクにもできるため、腰の負担も軽くできるのも気に入っています。

そんなSwiftなんですが、唯一で大きなデメリットがあって、それは大きくて運ぶのが大変ということです。

引っ越しするときはSwiftを運ぶのがかなり大変で、最高難度の1つになります。

過去2回引っ越しでSwiftを運んだので、なるべく安く運び出せる方法を紹介しますね。

Swiftの高さを下げることで解決する場合も!

引っ越しするとなると、荷物を運び出す必要があります。

部屋の広さ、特に扉の広さの都合でSwiftが運び出せないと焦ったことはないでしょうか?

私はそれで焦りました。

解体しないと運び出せないのか…と途方に暮れてしまいました。

そこでメーカーのオカムラに問い合わせたら、Swiftの机の高さを最大まで下げておけば、Swift横にしたときの幅も狭くなるので運べるかもしれません、と回答してもらいました。

これには目からウロコで、この一言で解決できましたよ!

幅の問題がクリアできれば、あとは普通に引っ越し業者さんを利用するなどして、Swiftを運んでもらいましょう。

重たいので1人でなく2人来てもらうようにするのが間違いないです。

同じマンション内で引っ越したときは、Swiftの運び出しも含めた引っ越し代が9,900円で済んたことがあり、高さ調整を知っているかどうかで劇的に節約できたことに感動しました!

高さを下げても運び出しが難しい場合の対処方法

Swiftの高さを下げても運び出しが難しい場合があります。一度そのケースに当たりました。

階段の手前に角があり、かつ幅が狭いということで、高さ調整しても運び出しが難しいと感じました。

その場合は、以下の手順でSwiftを運び出すことになります。

  1. 解体
  2. 運び出し
  3. 組み立て

オカムラでは、Swiftの解体と組み立てもお願いできるのです。もちろんそれぞれ別料金がかかりますが、対応してもらえるのはありがたいですね。

ちなみに、解体と組み立てでそれぞれ22,000円もかかります。かなり高いのですが、新しくSwiftを買うよりは安いのでしょうがない…。

少しでもコストカットしたいなら、楽天市場のオカムラから解体と組み立てを申し込むようにしましょう。

そうすることで、ちゃんとSPUも含めたポイント還元があって、少しはお得になります!

私も9%前後だったので合計で4,000ポイントぐらいはもらえました!

参考:オカムラSwift解体はこちら
参考:オカムラSwift組み立てはこちら

オカムラSwiftの組み立てをする様子
オカムラSwiftの組み立てをする様子

一度Swiftを解体する場合で唯一節約できるのは、運び出しの費用です。

ここは自由にコントロールできるところになるため、なるべく安くできる発送方法を使いましょう。

私の場合はSwiftだけでなく、他にもちょっとした荷物を運び出したかったので、くらしのマーケットを使って個人の配送業者さんに手伝っていただきました。

かかった費用は9,000円です。お願いした業者さんはPayPayでの支払いにも対応していたので、しっかりと0.5%(45円)分お得になるようにしています。

くらしのマーケットで探せば、いくらでも安い業者さんが見つかると思いますので、評判やサービス内容などを見比べつつ自分に合うところを見つけてみましょう。

くらしのマーケットでSwiftを運んでもらったときの費用
くらしのマーケットでSwiftを運んでもらったときの費用

このような流れでSwiftを運び出して再び使えるようにしたときにかかった費用は以下の通りです。

  • 解体:22,000円
  • 運び出し:9,000円
  • 組み立て:22,000円
  • 楽天ポイント還元:4,180円(SPU9.5%)
  • PayPay還元:45円
  • 実質の費用:53,000円 – 4,180円 – 45円 = 48,775円

自分なりにいろいろと工夫はしても、48,775円はかかりました。SPUが16%の人ならもっとコストを下げられると思います!

あと、ハピタスなどのポイントサイトを使うようにすれば、さらに440円分は浮きますよ。

さいごに

一度Swiftを買ったあとも、引っ越しなどで移動するときは思ったよりもお金がかかります。

少しでも節約して余計なお金をかけずに使い続けられるようにしていきましょう。

なるべく高さを下げるだけで運び出せるようにできるのが一番ですね!

引っ越し先を選ぶときも、階段しかないところではなく、エレベーターがあるところにするとか、運びやすさも考えておくと、次の引っ越しで余計なお金がかからずに済みます。

この記事を書いた人

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。節約アドバイザー・クレジットカードアドバイザー。会社を辞めて子どもが産まれるタイミングで家を買いました。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。そもそも論から考えるミニマリスト的な節約術、クレジットカード、ポイントやマイル、株主優待、投資信託、移動を安くする方法に詳しいです。

松本 博樹のプロフィール