台湾MRTは悠遊カード(EASYCARD)で交通費を2割安く!現金チャージ方法の徹底解説

スポンサーリンク

台北ではMRTという鉄道(地下鉄)が走っています。
市内の移動にとても便利で、日本の電車並み、それ以上に発達しているようにさえ思うほど。

MRTでは、悠遊(ゆうゆう)カードという、東京で言えばSuicaのようなカードがあります。

今回の旅で、悠遊カードを使っていろいろ気付いたことがあるので、それをまとめてみました。

悠遊カード、台湾旅行には欠かせないと思うほど便利でしたよ!

ノマド的節約術 悠遊カードでMRTの交通費を安くする方法

交通費が2割引き!

MRTの交通費はもともとでもかなり安いです。1区間乗るだけの運賃は20元(約80円)ほどです。

円安が進んだとしても、運賃は日本に比べるとかなり安いですよ。

もともと安いMRTの交通費をさらに安くできるのが、悠遊カードです。
悠遊カードを使ってMRTに乗ると、全区間の運賃が2割引きになります。

20元の区間だと16元で乗れます。
日本の電車では、こんな簡単に割引できる方法はないですよね。

2割引きは無視できない金額になってきますので、MRTを使っての移動が多くなる方であれば、悠遊カードを持つことをおすすめします。

TRAでも使える

悠遊カードは、MRTだけでなく、TRAでも使うことができます。

台北から台中に行ったのですが、切符を買うことなく悠遊カードだけで行けたので、手間が省けて助かりました。

悠遊カードは駅の券売機で100元で買える

この悠遊カードは、駅の券売機で買いました。
台北駅の隣にある中山駅の券売機で普通に買えましたよ!作り方は以下のページでまとめています。

カード自体の値段は100元です。
買った時には、悠遊カードの残高は0円。

悠遊カードを使うためには、駅の券売機でチャージしないといけません。
そのやり方を次で説明していきますね。

悠遊カードにチャージする手順

台湾の券売機は、以下の写真のような感じです。
手持ちの悠遊カードを券売機の差込口に入れてチャージしていきます。

悠遊カードにチャージする

カードを入れました。

悠遊カードにチャージする

余ってる小銭をチャージしようと思って、入れる様子です。

悠遊カードにチャージする

悠遊カードにチャージする

ん?入らないぞ・・・。
券売機のモニターをよく見ると、紙幣しか入れれないと書かれていました。

券売機によって、紙幣のみのところもあります。
中山駅では、硬貨も対応していました。

悠遊カードにチャージする

気を取り直して、100元のお札を入れます。

悠遊カードにチャージする

お札を入れると、チャージ中に画面が切り替わります。

悠遊カードにチャージする

100元受け付けます、という確認画面が出てきますので、「確認」ボタンをタッチしてください。

悠遊カードにチャージする

チャージ中の画面になりました。
数秒待ってください。

悠遊カードにチャージする

チャージが完了したら、カードを取り出してOKです。

悠遊カードにチャージする

チャージの明細はこんな感じです。
ちゃんと100元加算されて、もともとの61元から161元になりました。

悠遊カードにチャージする

ありがとうございました。
また使ってね、という画面で終了です。

悠遊カードにチャージする

小銭をチャージできる機械もある

悠遊カードは、旅行中に出てきて余った小銭もチャージできます。
1元単位からチャージできるのがとても便利ですね〜。

駅によって小銭をチャージできる機械があったりなかったりします。
小銭をチャージできる機械の目印は、悠遊カードを置くところがあるかどうか。

対応している機械は、小さな台がありますよ。

小銭チャージに対応した券売機

MRT2割引きを確認してみた

悠遊カードを使う時は、駅の改札にカードをタッチするところがあります。

そこにタッチするだけで、普通に改札を通れますよ。SuicaICOCAなどを使っている方であれば、おなじみですね。

下の写真では、35元の区間を利用した時の様子です。

悠遊カードを使う

淡水から新北投までは通常35元ですが、悠遊カードを使ったことで28元になりました。
7元も安くできてラッキー!

MRT以外でも使える悠遊カード

こんな感じでMRTの交通費が安くなりますので、台湾旅行でMRTを使いまくるなら、ぜひ使ってみてください。

悠遊カードは、MRTだけでなく、一部のコンビニやカフェ・タクシーでも使えます。

Suicaと同じような感じですね。
普及すればするほど便利になりそうです。

悠遊カードをもう使わない場合は、駅の窓口で残額の払い戻しをしてもらえます。
帰る前に手続きしてもらっておきましょう。

返ってきたお金はお土産代の足しにするといいと思います。
返却手順を以下のページでまとめましたので、合わせて読んでみてください。

おまけ:台湾旅行する方へ

台湾旅行するなら、現地でネットを使えるようにしておきましょう。
SIMフリーの携帯電話を持っていれば、空港でSIMカードが買えます。

台湾旅行をより快適に、かつ安く済ませるために役立った情報をブログ記事にまとめました。
合わせて読むと、より台湾旅行を楽しめるかと思います。

参考:台湾旅行で使えるお得情報の記事一覧

スポンサーリンク

このページをシェアする!

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。 詳細プロフィールは別ページにあります。お金に対する考え方・ポリシーはこちら。

執筆メンバの一覧を見る