EX早特21ワイドを売り切れ前に予約する方法|変更方法や買い方も解説

山﨑 謙の画像

こんにちは、新幹線での旅が大好きな山﨑謙です。

東海道・山陽新幹線のネット予約サービス「エクスプレス予約」と「スマートEX」は使っていますか?

ネットで予約ができて、手数料なしで何度も変更ができて、きっぷを発券することなく、新幹線を利用できるのでとても便利ですよね。

その「エクスプレス予約」と「スマートEX」には21日前までの購入で、東京・品川・新横浜から名古屋〜博多までと東京・品川・新横浜・名古屋から小倉・博多まで、平日6時台と11時台から15時台までの「のぞみ」の普通車指定席が13〜27%も安くなる「EX早特21ワイド」という商品があります。

「EX早特21ワイド」は、早く移動できてなおかつ安いので、個人的にはコスパ最強だと思っていますよ!

    この記事でわかること

  • 「EX早特21ワイド」の予約・利用方法
  • 「EX早特21ワイド」をお得にする方法
  • 「EX早特21ワイド」の注意点

このページでは、「EX早特21ワイド」について詳しく紹介していきますね。

EX早特21を売り切れ前に予約する方法・変更のやり方

「EX早特21ワイド」とは?

「EX早特21ワイド」とは東海道・山陽新幹線で設定された区間の全時間帯の「のぞみ」の普通車指定席を乗車21日前までに購入すれば通常料金の13%〜27%割引で乗ることができる商品です。

設定区間は以下のとおりです。

「EX早特21ワイド」の割引金額
設定区間普通車指定席用
所定運賃・料金EX早特21ワイドお得額
東京・品川⇔名古屋11,300円9,800円▲1,500円
東京・品川⇔京都14,170円11,820円▲2,350円
東京・品川⇔新大阪14,720円12,370円▲2,350円
東京・品川⇔新神戸15,380円12,630円▲2,750円
東京・品川⇔岡山17,660円13,900円▲3,760円
東京・品川⇔福山17,990円14,600円▲3,390円
東京・品川⇔広島19,440円15,000円▲4,440円
東京・品川⇔徳山20,750円16,100円▲4,650円
東京・品川⇔新山口21,640円16,400円▲5,240円
東京・品川⇔小倉22,730円17,000円▲5,730円
東京・品川⇔博多23,390円17,000円▲6,390円
新横浜⇔名古屋10,640円9,140円▲1,500円
新横浜⇔京都13,500円11,480円▲2,020円
新横浜⇔新大阪14,390円12,030円▲2,360円
新横浜⇔新神戸15,050円12,330円▲2,720円
新横浜⇔岡山17,330円13,900円▲3,430円
新横浜⇔福山17,990円14,600円▲3,390円
新横浜⇔広島19,110円15,000円▲4,110円
新横浜⇔徳山20,420円16,100円▲4,320円
新横浜⇔新山口21,080円16,400円▲4.680円
新横浜⇔小倉22,190円17,000円▲5,190円
新横浜⇔博多23,060円17,000円▲6,060円
名古屋⇔小倉17,660円14,100円▲3,560円
名古屋⇔博多18,890円14,100円▲4,790円

東京ー新大阪は通常14,720円が12,370円!以前発売されていた「EX早特21」よりも1,000円ちょっと高くなってしまいますが、全時間帯の「のぞみ」で使えるようになり、使い勝手はよくなりました。

「EX早特21ワイド」の買い方

では「EX早特21ワイド」はどのようにして買うのか、順を追って紹介していきますね。

「エクスプレス予約」で「EX早特21ワイド」をWeb予約する画面で説明しますが、「スマートEX」でも操作方法は同じです。

▼1.「エクスプレス予約」もしくは「スマートEX」の予約ページに行きログインする。

EX予約ログイン画面

▼2.予約をタップ。

EX予約トップメニュー

▼3.日付(平日)と時間(6時台・11時台〜15時台)、乗車駅、降車駅、予約する人数(1名〜6名)を設定して「OK 予約を続ける」をタップ。

EX早特21予約日時指定

▼4.列車を選択する(対象となる列車には「割引設定あり」のアイコンがつきます)。

EX早特21予約列車指定

▼5.一覧から「EX早特21ワイド」を選んで…と思ったら空いてませんね…。
やはり21日前分はほぼ埋まってる。人気ですね。

EX早特21予約空きなし
(※表示は増税前の金額です)

▼ということで気を取り直してもう少し先の日程で検索し直すと空いています。
「EX早特21ワイド」を選んで、シートマップを見て座席を決めたい場合は「座席表を見る」、指定しない、A〜Eのいずれかを選択するなら「座席位置」で選んで「OK 予約を続ける」をタップ。

EX早特21予約空きあり
EX早特21予約商品選択
(※表示は増税前の金額です)

▼5-1.「座席表を見る」を指定した場合はシートマップが表示されるので、予約したい座席をタップし「OK 予約を続ける」をタップ。

EX早特予約座席指定

▼6.列車の時間と座席番号を確認し、OKなら「OK 予約する(購入)」をタップ。

EX早特予約最終確認
(※表示は増税前の金額です)

以上で予約が完了しますよ。

「EX早特21ワイド」の予約を変更する方法

▼1.予約を変更する時はログイン後「予約変更/変更/払戻」をタップ。

EX予約トップメニュー

▼2.変更する列車の「変更」をタップ。

EX早特21予約変更

以下、買い方の3から6と同様の手順でOKです。

きっぷを発券しない限り、手数料はかかりませんが、変更する列車の乗車日が21日前に満たない場合は「EX早特21ワイド」の設定が外れ、通常料金となるので注意しましょう。

「EX早特21ワイド」を使って乗車する流れ

「EX早特21ワイド」は1名ならICカードで乗車、2名以上なら駅の券売機できっぷに引き換えて乗車します。

ICカードの場合

EX-ICカード

「エクスプレス予約」ならEX-ICカード、「スマートEX」の場合はあらかじめ紐づけた交通系ICカードを改札にタッチすれば、改札から乗車区間と座席番号が書かれた「EXご利用票」が出ます。

EXご利用票

降車の際も降車駅の改札にEX-ICカードまたは交通系ICカードをタッチすればOKです。

きっぷの場合

EX予約受取機

きっぷの場合は、駅の券売機できっぷに引き換えます。

まずは、きっぷの受け取りに必要な受取コードを発行します。
手順は以下の通りですよ。

受取コードの発行手順

▼1.「エクスプレス予約」もしくは「スマートEX」の予約ページに行きログインする。

EX予約ログイン画面

▼2.「予約変更/変更/払戻」をタップ。

EX予約トップメニュー

▼3.「きっぷの受取コードを発行」をタップ。

受取コード表示手順1

▼4.STEP1の「メール送信」をタップ

受取コード表示手順2

▼5.登録しているメールアドレスにワンタイムパスワードが届くので、STEP2に6桁の数字を入力。

受取コード表示手順3

▼6.受取コードが発行されます。

受取コード表示手順4

▼ちなみにアプリでは右上のメニューを押せば、すぐ受取コード発行のボタンが出るので、急ぐ場合はアプリを使いましょう。

受取コードアプリでの表示手順1
受取コードアプリでの表示手順2

あとはメールに記載のワンタイムパスワードを入力すれば受取コードが発行されます。

券売機・受取機でのきっぷの受け取り方

受取コードが発行されたら、駅の券売機・受取機の読み取り部分にかざし(「エクスプレス予約」の場合はEX-ICカード・プラスEXカードを挿入してもOK)、ログインする際に使用する暗証番号を入力してきっぷに引き換えます。

引き換えたきっぷを改札に通してください。

▼きっぷが受け取れる券売機。QRコード読み取り部分は機械の右下にあります。

券売機のQRコード読み取り箇所

▼きっぷが受け取れる受取機。こちらのQRコード読み取り部分は画面の左下です。

受取機のQRコード読み取り箇所

2021年3月6日からは同行者も含めて交通系ICカードでの乗車が可能に!

「EX早特21ワイド」を1名で使うとき、「エクスプレス予約」ではEX-ICカードやプラスEXカード(JR東海・JR東日本のカードではモバイルSuica・Apple PayのSuica)、「スマートEX」ではモバイルSuica・Apple PayのSuicaを含めた交通系ICカードで乗車ができましたが、複数人で使うときは必ずきっぷに引き換える必要がありました。

しかし2021年3月6日からは、予約時に使用する交通系ICカードを登録することで、同行者も含めて登録したICカードを使って乗車することが可能となります。

きっぷに引き換える手間がなくなるので、スムーズに移動することができるようになりますね。

エクスプレス予約/スマートEXの新たなサービスの開始について|JR東海

「EX早特21ワイド」の注意点

「EX早特21ワイド」にはいくつかの注意点があります。

1. 設定除外日がある

GW、お盆、年末年始には設定除外日があります。

2020年度までは年会費1,100円かかる「エクスプレス予約」のほうが設定除外日が少なくなっていたんですが、2021年度以降は「エクスプレス予約」「スマートEX」ともに設定除外日が統一されています。

2022年度の設定除外日は以下のとおりです。

GW4月27日(水)~5月6日(金)
お盆8月10日(水)~19日(金)
年末年始12月28日(水)〜1月6日(金)

2. 設定区間以外では使えない

京都ー博多や新大阪ー博多など設定以外の区間では使えません。

設定のない区間には「EX早特」など別の早特商品があるので、そちらを使いましょう。

3. 在来線区間は別料金・在来線特急との乗継割引もなし

新宿ー東京や新大阪ー大阪など新幹線以外の在来線区間は「EX早特21ワイド」の料金には含まれません。

「EX早特21ワイド」が安いので新幹線駅からよっぽど離れた駅でない限り、高くなることはないですが、別途運賃が必要になるので気をつけましょう。

また通常のきっぷでは適用される在来線特急との乗継割引は適用されません。

4. 乗り遅れた場合は買いなおし

万が一、指定の列車に乗り遅れた場合は自由席を含めて他の列車の利用はできません。

あらためて買いなおす必要があるので、買ったものが完全にムダになってしまいます。

「EX早特21ワイド」で予約をしていて乗り遅れてしまいそうな場合は、必ず乗る前に変更しましょう。

「EX早特21ワイド」はとにかく早く予約する

東海道・山陽新幹線ののぞみにお得に乗れる「EX早特21ワイド」を紹介しました。

東京ー新大阪が2時間30分で行けて「EX早特21ワイド」は12,370円なので、ここでも紹介したとおり、21日前の列車はとれないことがほとんどです。

チケットの争奪戦になること確実なので、予定が決まったら早めに予約しましょう!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

兵庫県西宮市在住。「豊かな移動」を突き詰める移動自体を楽しむ人。小学生のときにゆうちょの定額貯金の存在に気づいたわりには、その後お金の使い方に苦労。今はさまざまなクレジットカードや予約サービスを活用し、移動費の節約や料金をかけずにゆったり移動する「豊かな移動」を志向。