一括0円・実質0円とは?MNPに重要な一括0円と実質0円との違いとメリット・デメリット

スポンサーリンク

使ってた携帯の更新月が来たことで、新しい携帯を買おうかどうか検討すると思います。

その時によく目にする「一括0円」と「実質0円」この2つの違いがイマイチよく分からないと思います。私自身も以前までは全く知らないことでした。

この2つの言葉、似てるようで実は全く違います。

一括0円と実質0円の違い

どちらがお得なのか、結論から言うと「一括0円」です。

一括0円とは、本体代金が無料、0円になります。
一括0円という一見ピンと来ない文字ですが、分かりやすくいうと「本体代(端末代)が無料」ということなんですよね。

普通、DoCoMo・au・Softbankのキャリアで携帯を買う時は、本体代金を2年間掛けて払っていくと思います。

一括0円だと、それすらないので、めちゃくちゃ安いのが分かりますよね。

実質0円というのは、本体代金を2年間掛けて24分割で払っていくお金の分が、月々サポートという名目で割引になるからです。

仮に毎月本体の分割支払金が3,000円だとすると、月々サポート額も-3,000円で相殺されて0円になります。これが実質0円の仕掛けです。

一括0円で契約した場合も、月々サポートで割引になる分は残りますので、本体代金を払わないでいい分に加えてさらに安くなります。

ガラケーとスマホ

一括0円での運用イメージ

すごくざっくりではありますが、一括0円にした時の一般的な毎月の料金を試算してみました。

  • パケット定額:5,000円
  • 通話料:1,000円
  • 基本料金:1,000円
  • 月々サポート:-3,000円
  • 合計:毎月4,000円

実質0円での運用イメージ

一括0円と全く同じ電話の使い方をした時の実質0円での料金をイメージした結果がこちらです。

  • パケット定額:5,000円
  • 通話料:1,000円
  • 基本料金:1,000円
  • 本体の分割支払金:3,000円
  • 月々サポート:-3,000円
  • 合計:毎月7,000円

実質0円の方が高いですよね。

実質0円は値引きではない

これを見ての通り、実質0円というのは、言葉のマジックだというのが分かります。2年間使い続けて、本体代金が0円になるので、実質という言葉の意味は間違ってないです。

でも、一括0円という仕組みが存在する以上、実質0円で契約する意味は全く無いですよね。

より詳しく知りたい方は、以下のページで紹介してる本が分かりやすかったです。

私がiPhone5Sを一括0円で契約した時(2014年2月)の話は、以下のページでまとめています。

ソフトバンクに一括0円で加入するなら、おとくケータイ.netがおすすめ

もし今後、ソフトバンクに一括0円で加入しようと思っているのであれば、おとくケータイ.netを使うのがおすすめです。

ネットから手続きできる上に、数万円のキャッシュバックまでありますので、相当お得になりますよ!

格安SIMと格安スマホの組み合わせが最強

一括0円を使うのもいいとは思いますが、何よりも2年縛りが面倒ですよね。

その点、格安SIMにすれば、余計な縛りがほとんどなくなりますので、気軽にスマートフォンを買えるようになります。

通信費をとことんまで下げていくなら、格安SIMと格安スマホの組み合わせを利用しましょう!

iPhone6sについては以下のページで。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。 詳細プロフィールは別ページにあります。お金に対する考え方・ポリシーはこちら。

執筆メンバの一覧を見る