関西国際空港のコート預かりサービスを使う流れを経験者が解説!料金をお得にする方法やマイルの貯め方も紹介

スポンサーリンク

冬に関西国際空港(関空)から夏の国に旅行するときは、空港までは寒いけど、そこからは暖かいところにいるので、コートなどを着ている場合は不要になりますよね。

コートを持ち歩くのも荷物になってしまうため、現地でお土産を買いにくくなってしまうし、いろいろと制限がかかってしまいます。

そうならないために利用したいのがコート預かりサービスです。

関空では、4階と1階にJAL ABCのカウンターがあり、そこでコートを預かってもらえますよ。

実際に海外旅行するときに利用してみましたので、どのような流れで使えばいいのかをこのページで詳しく紹介していきますね。

関空でコート預かりする一連の流れ

まずは、実際にどんな流れで関空でコート預かりを使えばいいのかを紹介します。

  1. JAL ABCのカウンターに行く
  2. コート預かりしたいことを伝える
  3. 預けたい日数を伝える
  4. 帰りの便が何日の何時に到着するかを伝える
  5. 料金の支払い
  6. コート類を預ける
  7. 日本を出発
  8. 日本へ帰国
  9. コートを受け取る

細かく流れをわけて説明しましたが、実際はそこまで難しくはないですよ。

JAL ABCのカウンター行ってコートを預かってほしいことを伝えると、あとは流れのままに進めていけば手続きが完了します。

予約しなくても使えるのも便利なところです。

コート預かりしてもらったら、控えをもらうので、それだけはなくさないようにしてくださいね。

コート受け取りのときにその控えを提示する必要があるからです。

関西国際空港でコート預かりしてもらったときの控えとレシート

ちなみに私が利用したときはコートと一緒にマフラーも預かってもらえましたよ。

コートの料金だけで預かってもらえたので、なんだか得した気分になりました。

関空のコート預かり料金

関空でコートを預ける流れがわかったところで、実際の料金がどれぐらいになるのかが気になるところではないでしょうか。

関空でコート預かりするときの料金は以下の通りになっています。

  • 1〜4日以内:1着1,030円
  • 5日以上:1日1着210円追加

今回は11日預けることになったので、合計で2,500円でした。

ただ、おそらくJALカードの割引で支払額は2,120円で済みました。380円も割引になっていますね。

関西国際空港でコート預かりしてもらったときの控えとレシート

JALマイルが貯まる

関空のJAL ABCでコート預かりしてもらうときにJALマイレージバンクのカードを提示すると、JALマイルも合わせて貯まります。

1回利用ごとに50マイルも貯まりますので、またそれを特典航空券に交換するときに使えばお得になりますよね。

JALカードを持っているのであれば、支払い時にそれを使えばさらにJALマイルが貯まります。

私も手持ちのJALカードで支払いました。

もう1ヶ所「関西エアポートバゲージサービス」もあります

関空には、コート預かりできる場所がもう1つあります。

名称は「関西エアポートバゲージサービス」というところで、こちらも4階と1階にありますよ。

コート預かりの料金はJAL ABCとまったく同じになっているため、JALマイルが貯まる分だけJAL ABCを使うほうがお得ですね。

さいごに

今回、実際にコート預かりサービスを使ってみて、その便利さを実感できました。

コートを預けて身軽になった瞬間、とても気持ちが軽くなって、自由な気持ちになりましたよ。

コート預かりしてもらうのはお金が必要になりますが、その分だけ身軽に旅行を楽しめると思えば悪くなかったです。

コート預かりにも割引方法やマイルを貯める方法がありますので、それを活用することで節約もできますよ。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。 詳細プロフィールは別ページにあります。お金に対する考え方・ポリシーはこちら。

執筆メンバの一覧を見る