100通貨単位で取引できるFX口座とメリット・デメリットまとめ

スポンサーリンク

FXの取引になると、1,000通貨単位や10,000通貨単位が基本になります。

例えば、1,000通貨単位だと1ドル100円で計算した場合にレバレッジ1倍にするためには10万円も必要です。

FXをやってみたいけど、まとまったお金で取引するのは不安も大きいのではないでしょうか。

そんなときに試してみたいのが、100通貨単位での取引です。

100通貨単位になると、1ドル100円の場合も1万円あればレバレッジ1倍になりますよ。

また、レバレッジをかけたとしても、そもそもの金額が小さいため、ヒヤヒヤするといったことも回避しやすくなると思います。

そこでこのページでは、100通貨単位で取引できるFXの業者をまとめて紹介していきますね。

100通貨単位で取引できるFX口座とメリット・デメリット

マネーパートナーズFXのnanoで取引する

100通貨単位で取引できるFXで代表的なところは、マネーパートナーズになります。

過去にFXで痛い目を見たときに、大きな金額で取引するのはやめようと思ったことがありました。

そのときによく使っていたのがマネーパートナーズですね。
100通貨単位だと「マネーパートナーズFX nano」と呼ばれています。

通常の10,000通貨単位から取引できるマネーパートナーズFXとは分かれているので、初めての場合でもわかりやすくなっていますよ。

また、100通貨単位であっても、スワップポイント(スワップ金利)はちゃんと付与されます。

スワップポイントも比較的高めになっているのもうれしいですね。

マネーパートナーズは、FXの口座にあるお金を外貨両替して空港で受け取ることもできるため、海外旅行することがある場合にもおすすめですよ。

また、海外移住を検討している場合にも、外貨を貯金する手段として使えます。

個人的には、100通貨単位で取引するならマネーパートナーズが一番おすすめです。

1,000通貨単位や10,000通貨単位だと、ちょっと無理してしまう感じがありますけど、100通貨単位だと無理がないのがいいですね。

参考:マネーパートナーズで100通貨単位の取引してみるにはこちらから

SBI FX

SBI FXも100通貨単位での取引ができるFX口座です。

SBI FXは1通貨単位から取引できて、積立にも対応しているのが特徴ですね。

毎日・毎月コツコツと積立していきたい場合にはSBI FXが適していますよ。

ただ、現時点では外貨への両替には対応していません。

OANDA Japan

OANDA Japanも100通貨単位での取引ができるFX口座になります。

こちらもSBI FXと同様に1通貨単位から取引できるのが特徴ですね。

また、スワップポイントが1日とかの単位ではなくリアルタイムで付与されるのもOANDA Japanならではです。

プラスのスワップポイントならOANDA Japanを使うと、どれぐらいもらえているのかを見るのが楽しくなりますよ。

100通貨単位でも無茶な取引はやめておこう

100通貨単位で取引できると、そこまで大きな金額にはならないため、その点の安心感はあると思います。

ただ、少ないお金しかないのにたくさん取引してしまうと、強制的にロスカットになってしまう可能性も高くなりますよね。

何事も無理せずほどほどに取引しておくのが一番です。

個人的には高くてもレバレッジ3倍以内におさえておくのがいいと思いますよ。

FXでは、取引のやり方を自分でコントロールできるのがメリットでもありデメリットでもあります。

慎重すぎるぐらい慎重にいくぐらいでちょうどいいのではないでしょうか。

さいごに

100通貨単位で取引できるFX口座は数こそ少ないですが、気軽に始めやすいメリットがあります。

私も100通貨単位でのFXは使いやすいため、たまに取引していますよ。

もし外貨も貯金していきたいと考えているのであれば、マネーパートナーズを使ってみるのがおすすめです。

参考:マネーパートナーズで100通貨単位の取引してみるにはこちらから

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。 詳細プロフィールは別ページにあります。お金に対する考え方・ポリシーはこちら。

執筆メンバの一覧を見る