月10,000円から出来る、ローリスクのFXでの積み立て投資術

松本 博樹の画像

去年の急激な円高、今年(2012年のこと)に入り円安傾向ということで、FXがずっと注目されていますね。

FXは基本的にギャンブル

FXの経験がある方ならわかるかと思いますが、FXそのものは基本的にギャンブルです。

私も痛い目を見た経験があります。
上がるか下がるかを予測するだけの2択ですが、それが思ったようにいかないのが不思議なところです。

FXはレバレッジをかけて入金した金額以上のお金を動かすことができます。
それが醍醐味であり、恐ろしいところでもあります。

レバレッジのコントロールは自分ですることができます。
逆にその自由度を自分のものにしてしまえば、いろいろな使い方が出来ます。

FXで積み立て投資

いろいろな使い方の一つとして今回紹介するのが、「積み立て投資」です。

FXには低金利通貨で高金利通貨を買うとその差額が利息として毎日もらえます。
これをスワップ金利といいます。

このスワップ金利をもらい続ければ得だよね!と思いますよね。
確かにそうです。そうですが、日本円でない通貨でお金を持つことになりますので、為替の変動というリスクが発生します。

基本的には日本円を外貨に変えると思うので、円高がリスクになります。

じゃああんまり得でもないよね。となりますが、そこで登場するのが積み立て投資です。

いっぺんに外貨を大量に買うのではなく、毎月一定額ずつ積み立てていくのです。
毎月一定額にすることで、為替リスクを少なくすることができます。
いろんなレートの時期に一定額積み立てていくので、長期になればなるほど、現在の為替レートと購入額の平均レートの差異が小さくなります。

72の法則をご存知でしょうか?

Wikipediaのページにも書かれているのですが、
資産運用(複利)で元本が2倍になるのに必要な年数がわかる法則です。

例えば金利が4%なら18年、6%なら12年といった具合です。

これを知っていると資産運用に非常に役立ちますよ。

FXの積み立て投資におすすめな通貨と業者

さて、実際にFXの積み立て投資をする場合の話にうつりましょう。

当然FXの口座を持たないといけないのですが、たいていの業者は少なくとも1,000通貨単位からの買い付けになります。

1,000通貨だと1ドル=80円で計算しても80,000円必要な計算になります。
さすがに1ヶ月80,000円も外貨に投資するのは大変です。

そこで登場するのが、100通貨単位から買い付けできるマネーパートナーズになります。

マネーパートナーズを利用すると上記の10分の1の値段で外貨を買うことができるので、だいぶお手軽になりました。

上の例で月に10,000円積み立てるとレバレッジ1倍以内におさまりますので、非常に安全になります。

さて、積み立てる通貨ですが、私は豪ドルをおすすめします。
単純に金利だけなら南アフリカランドの方が高いですが、いつまでもこの高金利が続くかわからないし、政治的に不安定になる可能性もあります。

そのリスクが低い豪ドルなら、そこそこ安定して積み立てを続けることができます。

積み立てシミュレーション

年利4%で豪ドル(1ドル=80円)を毎月100ドルずつ買うと仮定します。

10年積み立てると・・・
元本:960,000
元利合計:1,198,690(利息:238,690)

20年積み立てると・・・
元本:1,920,000
元利合計:2,973,043(利息:1,053,043)

30年積み立てると・・・
元本:2,880,000
元利合計:5,599,520(利息:2,719,520)

積み立ては長く続ければ続けるほど二次関数のような伸びを見せて劇的に資産を増やすことができます。

毎月のわずかな積み立てが老後の人生を左右するといっても過言ではないと思います。

私もなけなしのお金をマネーパートナーズで少しずつ積み立てています。
続ければ続けるほど効果があるので、今後が楽しみです。

マネーパートナーズの口座開設はこちらから

言わずもがな、投資は自己責任でお願いします。

マネーパートナーズは、手数料が激安の外貨両替としても使えます。

この記事を書いた人

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。会社を辞めて子どもが産まれるタイミングで家を買いました。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。そもそも論から考えるミニマリスト的な節約術、クレジットカード、ポイントやマイル、株主優待、投資信託、移動を安くする方法に詳しいです。

松本 博樹のプロフィール