【銀行口座の名義変更】結婚・離婚での必要書類や手続きのやり方・かかる日数・引き落としについて徹底解説

スポンサーリンク

結婚や離婚で氏名が変わったら、やらなければならない手続きがたくさんありますよね。
銀行口座の名義変更もそのひとつ。

私は最近離婚して名字が変わったので、銀行口座の名義変更をすべて済ませました。
思っていたより手間と時間がかかるため、早めに準備するのがおすすめですよ。

この記事では、銀行口座の名義変更のやり方と必要書類、かかる日数などについてくわしく解説します。
実店舗のある銀行とネット銀行では名義変更のしかたが異なりますので、それぞれのやり方を紹介しますね。

手続きする際の参考にしてみてください。

【銀行口座の名義変更】結婚・離婚での必要書類・かかる日数などを徹底解説

銀行口座の名義変更方法(都市銀行・地方銀行・ゆうちょの場合)

実店舗のある都市銀行(みずほ・UFJ・三井住友・りそななど)や地方銀行、ゆうちょ銀行の名義変更は、最寄りの支店に出向いて手続きをします。

引っ越しで口座を開設した支店が遠くなった場合は、別の支店でもできますよ
ただし口座のある支店のほうが手続きが早く完了します。

名義変更に必要なもの

銀行口座の名義変更 持っていく物

名義変更に必要なもの(必要書類)は以下の通りです。

  • 通帳・証書
  • キャッシュカード
  • 届出印
  • 新しい印鑑(届出印を変更する場合)
  • 新氏名が書かれた本人確認書類

通帳・証書

通帳は、複数口座を持っている場合はすべて持参します。

また、預金の証書がある場合は持っていきましょう。
ふつうは通帳のみで大丈夫です。

キャッシュカード

こちらも複数口座を持っている場合はすべて持参します。

届出印

口座開設の際につかった届出印を持参します。

届出印が分からなくなったら、通帳に押されている印影を見れば分かりますよ。

最近は防犯対策のため、通帳に届出印を押さない場合もありますよね。
その場合は可能性のある印鑑をすべて持っていけば、銀行の方が確認してくれます。

新しい印鑑

変更前の姓が届出印になっている場合は、届出印を変更する必要があります。
旧姓のままでOKな銀行もありますが、手続きのたびに事情を聞かれるそうなので、変えておくほうが良いでしょう。

つまり、口座の名義変更をする前に、新しい印鑑を作っておかなければなりません

印鑑作成には意外と時間がかかるため、結婚または離婚が決まったら早めに準備しておくことをおすすめします。

ちなみに私はまた苗字が変わってもいいように、苗字ではなく下の名前の銀行印を新しく作りました。
印鑑は通販で注文すれば、取りに行く手間が省けてラクですよ。

通販で印鑑を探すにはこちら【楽天市場】

新氏名が書かれた本人確認書類

手続きには新しい氏名が書かれた身分証明書が必要です。
以下のいずれかを持参しましょう。

氏名が変わってすぐに用意しやすいのは、住民票や運転免許証でしょうか。

婚姻届(または離婚届)を提出するとすぐに新氏名の住民票を発行してもらえますので、住民票は取っておくと便利です。

名義変更の流れ

名義変更のおおまかな流れは以下の通りです。

  1. 銀行の最寄りの支店へ出向く
  2. 必要な書類を記入する
  3. 通帳をその場で受け取る
  4. 後日、新しいキャッシュカードが郵送で届く

銀行の混み具合にもよりますが、手続き自体は30分ほどで終わりますよ。

通帳は古いものに訂正印が押されて新氏名が書かれるだけなので、その場で受け取れました。
新しいキャッシュカードは後日、郵送で自宅に届きます。

銀行口座の名義変更 埼玉りそな通帳

名義変更完了までにかかる日数

通帳はすぐ手元に来ましたが、この時点で口座の名義はまだ変わっていません。
銀行内部での処理があるため、5日〜1週間程度、別の支店で行う場合にはもう少し長くかかります。

私が埼玉りそな銀行で名義変更をした際は「5日後に名義変更が完了します」と教えてくれましたよ。
クレジットカードの引き落としなどを新しい氏名で申し込みたい場合は、少し待つことになりますね。

スポンサーリンク

銀行口座の名義変更方法(ネット銀行の場合)

実店舗を持たないネット銀行(楽天ジャパンネット住信SBIなど)は、書類を提出することで名義変更が完了します。

今回は住信SBIネット銀行を例にとって説明しますね。

名義変更に必要なもの

  • 新氏名が書かれた本人確認書類

本人確認書類についてはのちほど詳しく紹介します。

名義変更の流れ

  1. オンラインから申し込み、氏名変更届を取り寄せる
  2. 氏名変更届が自宅に届く
  3. 必要事項を記入、本人確認書類を同封して返送する
  4. 後日、新しいキャッシュカードが自宅に届く

ネット銀行の名義変更は、まず口座のマイページにログインして、氏名変更届の書類を取り寄せるところから始まります。

住所はオンライン上で変更できるので、引っ越しで住所が変わっている場合は必ず住所変更をしてから書類を取り寄せましょう。

今回、書類が自宅に届くまでに6日ほどかかりました。

▼届いたものがこちら。「氏名変更届 ・返信用封筒・本人確認書類についての説明書き」の3つが入っていましたよ。

銀行口座の名義変更 SBI書類1

▼氏名変更届はあらかじめ印字されている部分がほとんどなので、記入日と名前を書くだけで済みました。

銀行口座の名義変更 SBI書類3

▼必要な本人確認書類が、都市銀行などとは少し違っています。
新旧両方の氏名を確認できる書類が必要になりますよ。

銀行口座の名義変更 SBI書類2

表に旧氏名、裏書きに新氏名が記載された免許証コピーや、旧氏名が印字された住民票などは、1点同封すればOKです。
(ただし免許証は裏表コピーするので実質2枚になります)

新氏名しか書かれていない保険証などの場合は、旧氏名がわかる戸籍抄本または戸籍謄本をあわせて同封する必要があります。

この点が、ネット銀行の名義変更で少し面倒なところでしょうか。

私は免許証の名義変更が済んでいたので、免許証の表裏をコンビニでコピーして同封しました。
かかった費用はコピー2枚で40円。戸籍抄本を取ったりするよりはかなり安く済みましたよ。

返信用封筒(切手不要)に氏名変更届と本人確認書類を入れて返送すれば、名義変更の手続きは終了です。

名義変更完了までにかかる日数

ネット銀行の名義変更が完了するまでの日数は、変更届が銀行側に届いたのち「1週間から10日程度」です。

今回は返信用封筒をポストに入れてから8日後にログインすると、新しい氏名になっていました。
その際とくにお知らせメールなどは来ませんでしたよ。

さらに3日ほどして、新しいキャッシュカードが自宅に届きました。

書類の取り寄せから数えると、2週間〜20日程度かかることになりますね。

スポンサーリンク

名義変更をすると口座番号は変わる?

銀行口座の名義変更をしても口座番号は変わりません
都市銀行・ネット銀行ともに以前の口座番号がそのまま引き継がれますよ。

名義変更をすると引き落としはどうなる?

クレジットカードや電気・ガス・水道など、口座引き落としを設定している場合もあるかと思います。

口座の名義を変更すると、それらが引き落とされないのではと心配ですよね。
すぐにすべての名義変更をできればいいのですが、どうしてもタイムラグが出てしまうもの。

実際に試してみたところ、銀行口座が新氏名、クレジットカードや光熱費の名義が旧氏名でもちゃんと引き落とされていました
口座番号が変わらないので、引き落としはそのまま行われるようです。

もちろんいずれはすべて名義変更をしなければいけませんが、そこまで焦る必要はありませんよ。

さいごに

銀行口座の名義変更は、実店舗のある銀行で1週間〜10日ほど、ネット銀行では2週間〜20日ほどかかります。
新しい銀行印が必要となる場合もあるので、早めに準備しておきましょう。

銀行口座の名義変更が済んだら、次はクレジットカードの名義変更もお忘れなく。
クレジットカードの名義変更については、こちらの記事で詳しく解説しています。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

この記事を書いた人

さくら

1983年群馬県生まれ、埼玉県在住のフリーライター。調理学校卒、飲食店で働いていましたが、おいしいもの好きが高じてライターに転職しました。 飲食店のおトク情報や暮らしに役立つ節約術を紹介していきます。

執筆メンバの一覧を見る