スキマ時間はゼロにしよう!細切れ時間を有効活用している実例まとめ

スポンサーリンク

こんにちは!
ノマド的節約術の松本(@peter0906)です。

時間は誰でも平等にあるもので、だからこそ大切にしたいと思っています。

最近気付いたんですが、自分は割と細切れ時間をうまく使えているほうではないかと思いまして、実際どう活用しているのかをこの機会にまとめてみました。

仕事に集中できる時間を最大限まで伸ばす

電車で仕事してるときも到着までの時間を計算しておく

奥さんと一緒に出かけていて、電車で移動していたときにひたすら仕事していたんですが、停車して扉が開く直前まで仕事をしていたことに驚かれました。

これ、自分の中では普通のことだったんですが、自分以外の人から見たら普通ではないんですよね。

電車で仕事してて、目的地に着きそうになると片付けをし始めると思います。

その片付けの時間もなるべく短くしようと意識しておくと、ムダな時間を過ごすことなく、最大限時間を有効活用できますよ。

飛行機の到着から歩けるようになるまでの時間を有効活用

個人的に旅することがとても多くて、飛行機利用も毎月のようにあります。

飛行機って、到着してから人が歩けるようになるまで結構な時間があるんですよね。

その時間ただボーっとしているのがもったいないと思っています。

ムダにしないためにも、その時間もひたすら仕事するようにしていて、人が流れ始めてから自分も動くようにしていますね。

仮に通路側などにいて、動かざるを得なかったときにも、スマホを使ってできることをあらかじめ用意しておくと、ムダに思えることが減りますよ。

どんな状況であっても自分の時間を自分でコントロールできる状態にしておけば、イライラすることがなくなるし、心に余裕が持てます。

仕事以外でも時間の有効活用はできる

何も仕事だけで使う必要はなくて、仕事以外の場面でも1つ1つの選択によって時間の有効活用ができます。

よくあるのがエスカレーターと階段どちらを使うのかですね。

個人的にはほぼ100%階段を使っていて、その理由は自分の足のほうが早いのと、自分で時間をコントロールできるからというのがあります。

詳しくは以下で記事にしていますよ。

さいごに

おそらく他にも知らず知らずのうちに実践している細切れ時間活用術があるのかもしれません。

また気付いたことがあればこのページに追記していこうと思います。

1回あたり1分だったとしても、それを何回も積み重ねると大きな時間になって差が出てきますよね。

そういったところをいかに大事にしていくかを意識しておくだけで普段の動き方も変わってくるかと思います。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。 詳細プロフィールは別ページにあります。お金に対する考え方・ポリシーはこちら。

執筆メンバの一覧を見る