JALのクラスJ搭乗記をブログ記事でレポート。普通席との違いは?

松本 博樹の画像

こんにちは!
JALの上級会員を目指している、ノマド的節約術の松本です。

JALの国内線を利用するときの座席、どれを選んでいますか?

基本的には普通席になると思いますが、ちょっと奮発すれば「クラスJ」という座席を選ぶこともできます。

今回初めてクラスJを利用してみましたので、どんな感じだったのかを写真付きで詳しく紹介していきますね。

クラスJのメリットと特徴

JALの飛行機

JALのクラスJは、通常の料金に1,000円を加えるだけで利用できるサービスです。

飛行機の座席って、どうしても狭く感じてしまうと思うのですが、クラスJの座席の場合は、広々としています。

また、飛行機前方にある席なので、到着時にすぐ降りられるメリットもありますよ。

これだけで5〜10分ぐらいは時間短縮できるはず。

ちなみに、クラスJが設定されている飛行機でしか利用できません。
何も設定されていない飛行機ではクラスJを使いたくても使えないので注意してくださいね。

あと、何気にうれしいのがフライトマイル10%加算になること。

今後JALのマイルを使うことを考えると、実質的には1,000円よりも安く利用できるのと同じです。

さいごに、クラスJの特徴とメリットをまとめておきますね。

  • 1,000円追加で利用できる
  • 座席が広い・快適
  • レッグレストがある
  • マイル10%加算
  • JAL CAFÉ LINESなどのこだわりの飲みものがある

JAL クラスJ 機内

クラスJの予約方法

JALのクラスJに予約する方法はとても簡単です。

JALのホームページなどから予約するときに、クラスJの座席を選ぶだけ。

特に難しく考える必要はありませんよ。
私もクラスJの存在を今まで知らなかったですが、自然な流れで予約できました。

JALのクラスJ予約はこちらから

あとは、空港に行ってチェックインするだけ。
チェックインの端末で手続きを済ませると、クラスJのであることがわかる搭乗券が出てきました。

JAL クラスJの領収書と搭乗券

クラスJに乗ってみてわかったサービス内容と普通席との違い

ここからは、実際にクラスJを利用してみてわかったことを中心に、サービス内容について紹介しますね。

JAL クラスJ 機内

座席が広い

クラスJに乗ってみていいと思ったのは、普通席よりも座席が広いこと。

私は細身の体型なので、普通席でも狭いと感じることはないですが、やはり広いほうがうれしいです。

腕が横に座っている方に当たる心配をする必要もないのは精神的にかなりラクでしたよ。

JAL クラスJ 機内

下の写真のように、快適に仕事できましたよ〜!

JAL クラスJで仕事している様子

ドリンクサービスがある

離陸してシートベルト着用サインが消えたあとしばらくしたら、CAさんがまわってきてドリンクサービスがあります。

無理にもらう必要もないですけど、欲しい場合は自分の欲しいドリンクを選びましょう。

レッグレストがあります

クラスJに乗って地味にうれしかったのが、レッグレストがあること。

おかげで、足を伸ばしてゆっくり休むことができます。

私がクラスJを利用したときに横に座っていた方は、レッグレストを活用して快適そうに過ごしていましたよ。

JAL クラスJ レッグレスト

クラスJに乗った感想

今回利用したのは、伊丹空港から仙台空港への便。
普通の座席よりもシートが広く、座っていて快適でした。

私はフライト中にも仕事をしているので、おかげでかなりはかどりましたよ。

わずか1,000円プラスするだけでこの快適さを得られるのなら、今後もクラスJが設定されている便では使ってみようと思いました。

おまけ:関連する記事

この記事を書いた人

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。会社を辞めて子どもが産まれるタイミングで家を買いました。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。そもそも論から考えるミニマリスト的な節約術、クレジットカード、ポイントやマイル、株主優待、投資信託、移動を安くする方法に詳しいです。

松本 博樹のプロフィール