価格差は20倍!リサイクルショップとメルカリを比較してどちらがお得に売れるのかを検証してみた

スポンサーリンク

こんにちは!
「断捨離マン」こと、フリーライターの石川優太(@yutaishikawa_
)です。

断捨離をするために物を捨てるのはもったいない!と思いませんか?
洋服が好きな僕は、学生時代、用途にこだわらず衝動買いを続けていました。

結果、部屋の半分以上は洋服で埋もれてしまうことに・・・。

着ない服は多いのですが、断捨離のためにいざ手放そうと決心しても、なかなか行動できないんです。

ブランド物の洋服は特に、買値が高い分、タダで手放すことに抵抗があります。
そこで今回は断捨離だからといって捨てるのではなく、売ることにしました!

選択肢に挙がるのは、ネットでの販売と、リサイクルショップでの販売。
どちらがお得に売ることができるのか気になって、実際に検証してみました!

ノマド的節約術 リサイクルショップとメルカリのどちらがお得に売れるか比較してみた

リサイクルショップとメルカリで販売してみた

まずは、リサイクルショップで査定を依頼しました!

今回査定の検証をおこなったのは、「セカンドストリート/ジャンブルストア 渋谷本店」です。

ジャンブルストアといえば、全国に500店舗以上(2016年9月現在)を展開する超大型リサイクルショップですね。

洋服だけではなく、家具や家電も販売・買取をしています。
そして、査定した衣類はこちら。

左から、FRAPBOISのカーディガン、New balanceのスニーカーです。

メルカリの出品|洋服と靴

どちらも買値は1万円オーバーで、衝動買いシリーズ。

心の底から「欲しい!絶対欲しい!」と思わなかったからか、あまり着ることもなく、タンスに眠っていた洋服たちです。

実際に査定してみた!

石川「査定をお願いします!」

店員さん「はい、メンズの衣類2点ですね。10分ほどお待ちください。」

〜 リサイクルショップでの買取フロー 〜

  1. まずは査定
  2. プロの査定により、見積もりを出してもらう
  3. 売り手の納得で買取成立(ここで取り下げることも可能)
  4. 本人確認書類(身分証明書等)を提出して現金化

買取受付の流れはとてもスムーズでした!

そして買取金額を店員さんに教えてもらったのですが・・・。

店員さん「お待たせしました。2点の買取価格は250円です。

石川「え・・・? はい・・・。

口頭で告げられたその金額に、驚きを隠せませんでした(笑)。
迷うことなく「やっぱり売るのをやめます!」と伝え、お店を後にしました。

ちなみにカーディガンが100円、スニーカーが150円だったようです。

メルカリでは、20倍の金額で出品してみた

リサイクルショップで査定を終えた僕は、やるせない気持ちで帰宅。

さっそく、ライターの小松崎さんが書いた記事を参考に、価格は定価の約3割で設定し、商品詳細を丁寧に記載してメルカリで出品してみました。

メルカリに出品したニューバランス

メルカリに出品した洋服

写真は、誰が見ても分かりやすいよう、4パターン分追加しました。

ニューバランスの商品画像

偽物が出回るこのご時世、靴やバッグなどはブランド名が記載した箱(入れ物)があると、本物だという信頼感が増しますね。

洋服であればタグやショッピングバッグが有効でしょう。

▼New balance のスニーカーの商品情報

(New balance のスニーカーの商品情報)

  • 商品の状態:目立った傷や汚れなし
  • 配送料の負担:着払い(購入者負担)
  • 発送の方法:クロネコヤマト
  • 発送までの日数:2〜3日

▼FRAPBOISのカーディガンの商品画像。
カーディガンはショッピングバッグやタグを捨ててしまったので、詳細に製品名を記載しました。

FRAPBOISのカーディガンの商品画像

  • 商品の状態:やや傷や汚れあり
  • 配送料の負担:着払い(購入者負担)
  • 発送の方法:クロネコヤマト
  • 発送までの日数:2〜3日

最も大変なのは、発送後の返品・返金です。
手を抜いて、傷や汚れの部分を記載していないと、後々クレームが発生する可能性があります。

手間もかかればお金もかかってしまうので、商品状態は正直に、丁寧に書いておく必要がありますね。

▼余すことなく、丁寧な詳細文を心がけましょう。

FRAPBOISのカーディガンの商品情報

▼そして、「どんどん出品しよう!」とした瞬間の出来事・・・まさかの通知が!

メルカリに出品したニューバランス

30秒で売れた!!!

しかも、リサイクルショップでの買取金額の20倍の金額です。

必ず売るためのポイント

メルカリ出品の記事でも紹介しているように、「定価の3割程度」の価格設定が即売れするポイントではないでしょうか。

しかし、FRAPBOISのカーディガンは「いいね!」はつくものの、なかなか購入してもらえませんでした。

こうした場合はユーザーが様子見をしている可能性もあるため、すぐに欲しい人を気長に待つか、値下げしてみましょう!

メルカリは一度価格を設定した商品でも、「商品の編集」タブから簡単に価格変更できるのが魅力ですよ。

ちなみに、商品情報を更新する度に、「いいね!」を押したユーザーアカウントに「〇〇さんの〇〇が値下げされました」と通知される仕様になっています。

さいごに

断捨離として物を捨てるよりも売るほうが、売り手も買い手も、どちらもお得でハッピーになれる!

というのが、実際に販売してみた感想です!

今回の検証では、リサイクルショップで売るより、メルカリで売ったほうが20倍の価格で売れることが分かりました。

  • リサイクルショップの売値:150円
  • メルカリの売値:3,000円(売値の10%は手数料)

さいごに、メルカリとリサイクルショップの両者を利用して感じた、それぞれを利用するメリットとデメリットを書いて終わりたいと思います。

メルカリのメリット

  • スマホ上でやり取りが完結するため、誰でも簡単に使用できる
  • リサイクルショップよりも、高値で販売することができた

メルカリのデメリット

  • 実物を見せているわけではないので、クレーム等のトラブルが発生すると大変
  • すぐに商品が売れるとは限らない

リサイクルショップのメリット

  • プロの査定による買取のため、トラブルが発生することがない
  • 宅配買取等のサービスも用意されているので、電話一本で買取してもらえる

リサイクルショップのデメリット

  • 買取価格はメルカリに比べると低かった
  • 店頭買取の場合、持ち運びに一苦労してしまう

スポンサーリンク

このページをシェアする!

この記事を書いた人

石川優太(yutaishikawa)

ライター/編集者。オウンドメディア『LIFE,(ライフ)』編集長。博報堂ケトル出版『VVmagazine』ライター。他にも様々な媒体で編集、執筆、デザイン、撮影などのお仕事で生活しています。

執筆メンバの一覧を見る