徹底比較!無印良品の人気レトルトカレーを12種類食べ比べた感想をまとめました

スポンサーリンク

こんにちは、ミラクリを運営している小林敏徳(@enrique5581)です。

無印良品の店舗を見ていたとき、オリジナルのレトルトカレーがズラッと並んでいるのを見かけました。

パッケージはかなりシンプルですが、なぜか直感的に「おいしそう!」と感じて買ってみることに。

せっかくなので12種類を購入し、食べ比べてみました。

案の定、また買いたいと思うくらい美味しかったですよ。

このページでは、無印良品のレトルトカレーを食べた感想を紹介しますね。

無印良品のレトルトカレーを食べ比べた感想

無印良品のレトルトカレーを見つけた

無印良品のレトルトカレー

無印良品のレトルトカレーは、シンプルなパッケージデザインが逆にそそりました。

かるく10種類以上ありましたので、とりあえず美味しそうなものを全て買ってみることに。

個人的にカレーが大好きなので、ワクワクしながら帰路につきました。

パッケージをチェックしてみると、原材料にもすごくこだわっているみたいなんです。

原材料へのこだわり・化学調味料・合成着色料・香料不使用

無印良品のレトルトカレー

「さすがは無印」と言うべきか、原材料にもこだわりがあるようです。

化学調味料や着色料、香料を使っていないので、食材に気を使っている方でも安心だと思います。

「子供にも安心して食べさせられる」と言いたいところですが、さすがに辛さは心配ですね。

種類や価格はどんな感じなのでしょうか?

味は10種類以上・価格は150〜500円

無印良品のレトルトカレー

10種類以上のテイストがあり、価格は150〜500円の範囲で販売されていました。

オーソドックスなビーフカレー、ちょっと変わったインドカレー、個性的なタイカレーなど、どれも美味しそうでしたよ。

加熱するだけで食べられるところも良いですね。

調理が簡単・お湯で5分間 or レンジで加温するだけ

無印良品のレトルトカレー

調理方法はとても簡単ですよ。

レトルトパックのままお湯で5分程度温める、もしくはお皿にうつしてレンジで加熱するだけで、簡単に食べられます。

忙しいときや、ランチの準備が面倒なときでもすぐに用意できちゃいますね。

それでは、実際に食べてみた感想を紹介します。

スポンサーリンク

無印良品のレトルトカレーを食べてみた感想

さて、無印良品のレトルトカレーをさっそく食べてみました。

結論から言うと、かなり美味しかったです!

それぞれのテイストごとに、感想をまとめていきます。

素材を生かしたカレー・バターチキン180g(380円)

無印良品のレトルトカレー

まずは「バターチキン」から。
このカレーは、ルーがかなり赤いので、「もしかして激辛なのでは?」と思ってしまいますが、実はそれほど辛くはありません。

カシューナッツとトマトが入っているので、かなりマイルドな味わいですよ。

クセがなく、とても食べやすかったです。

Cafe&MealMUJI・ごろり牛肉のスパイシーカレー200g(500円)

無印良品のレトルトカレー

「ごろり牛肉のスパイシーカレー」が一番びっくりしました。

今までに見たことがないくらい大きな牛肉が入っていたんです!

このお肉だけでも食べごたえはありますが、ドロッとしたカレールーも濃厚で美味しかったです。

隠し味に味噌やコーヒー、ココナッツオイル等を使用しているためか、「優しい辛さ」という感覚でした。

カレー・キーマ180g(300円)

無印良品のレトルトカレー

トロッとした「カレー・キーマ」もイケます!
鶏のひき肉が大量に入っているので、見た目よりもボリュームがありました。

今回はご飯にかけて食べましたが、ナンやパンにつけて食べても美味しいと思います。

アメ色玉ねぎの野菜カレー180g(300円)

無印良品のカレー

「アメ色玉ねぎの野菜カレー」は、野菜の大きさにびっくりしました。

パッケージに映っていた野菜たちを見て「さすがにここまでは大きくないでしょ?」と思っていましたが、無印良品さんに謝りたいです・・・。

大きなじゃがいもやニンジンが本当に入っていました!

玉ねぎの甘みが効いているので、子供でも食べられると思いますよ。

グリーン180g(350円)

無印良品のカレー

「グリーン」は無印良品のカレーシリーズの中でも、最高レベルの辛さです。

ココナッツミルクや香草がガツンときたあと、スパイシーな味わいが広がってきます。

後からじわじわくる辛さですが、ココナッツミルクのお陰でマイルドに仕上がっていますよ。

ぼくはかなり好きでした!

パラックパニール(ほうれん草チーズカレー)180g(500円)

無印良品のカレー

「パラックパニール」は、ちょっとクセのある味。

インドの「チーズパニール」という定番料理と大きな鶏肉を、ほうれん草がたっぷり含まれたカレールーで煮込んでいます。

チーズパニールは初めて食べましたが、木綿豆腐のような食感なので、とくに違和感なく食べられると思います。

ほうれん草の味が濃厚で、中辛とは思えないほどマイルドでした。

国産りんごと野菜のカレー180g(300円)

無印良品のカレー

「国産りんごと野菜のカレー」は、子供でも食べられるレベルの甘口カレーです。

これは本当に「大甘」と言っていいほどなので、辛いものが苦手な方でも安心ですよ。

りんご、かぼちゃ、玉ねぎなどの野菜がたっぷり入っており、妻はこれが好みだったようです。

マッサマン180g(350円)

無印良品のレトルトカレー(マッサマン)

「マッサマン」は、スパイシーなタイカレーです。

画像のように、大きな鶏肉がたくさん入っており、食べごたえ抜群。

タイカレーは「辛い」というイメージですが、辛さが控えめなので食べやすいと思います。

ローストピーナッツが後味に効いていました。

ダール(豆のカレー)180g(300円)

無印良品のレトルトカレー(ダール)

「ダール(豆のカレー)」は、トゥールダルとひよこ豆の2種類の豆を使用したマイルドなカレーです。

ぼく自身、野菜やお肉がない豆のカレーを食べたのは初めてでしたが、意外に美味しいんですね。

いわゆる「高タンパク・低脂質」のカレーなので、ダイエット中にも良いと思いました。

イエロー180g(350円)

無印良品のレトルトカレー(イエロー)

「イエロー」は、ココナッツミルクが効いたタイカレーです。

無印良品のカレーの中で最もココナッツミルクが効いているので、苦手な方にはちょっと辛いかもしれません。

日本風のカレーとは違う、アジアンテイストなカレーです。

イエローはちょっと志向を変えて、サラダにかけて食べてみました。

香草やココナッツミルクの味がうまく中和されて、美味しく食べられましたよ。

欧風チーズカレー180g(300円)

無印良品のレトルトカレー(欧風チーズカレー)

「欧風チーズカレー」は、コクのあるビーフカレーにチーズを混ぜたカレーです。

大きな牛バラ肉がたくさん入っているせいか、すごいボリューム感でした。

カレーにチーズをトッピングしたことはありますが、ルーそのものに混ぜ込んだものは初めて。

コクがあって、辛さも程よくて、香りもいい。

個人的には、とくにお気に入りです。

プラウンマサラ(海老のクリーミーカレー)180g(380円)

無印良品のレトルトカレー(ブラウンマサラ)

「プラウンマサラ(海老のクリーミーカレー)」は、シーフードインドカレーです。

正直言って、シーフードカレーは好きじゃないのですが、これはめちゃくちゃ美味しかったです。

カレールーに海老のペーストを混ぜているせいか、不思議なコクと甘みが。

今回はご飯で食べましたが、サラダにかけたり、パンにつけても美味しそうですね。

以上が無印良品のレトルトカレーを食べた感想でした。

スポンサーリンク

カレー屋さんレベルの美味しさだった

無印良品のカレーは、カレー屋さんで食べるくらい本格的でした。

大げさかもしれませんが、「わざわざ外食しなくてもいいかも・・・」と思うくらい美味しかったです。

一般的なレトルトカレーのクオリティーもどんどん向上してはいますが、ここまで本格的なものはなかなか少ないと思います。

外食に比べて、コスパも抜群ですよ。

外食&スーパーの本格派レトルトカレーよりも安い

無印良品のレトルトカレー

いま、スーパーで「本格派レトルトカレー」が増えているのをご存知でしょうか?

  • 「元祖◯◯屋」のビーフカレー
  • ◯◯牛のビーフカレー
  • ◯◯県産地鶏のチキンカレー

近所のスーパーでは、レトルトカレーコーナーがどんどん拡大されています。

本格派レトルトカレーは1袋500〜800円と高額にも関わらず、これだけ売り場が広がるのですから、おそらく売れているのでしょう。

それでもカレー屋さんに行くよりはリーズナブルですが、無印良品のカレーはもっと安いですよね。

無印良品のレトルトカレーは、美味しいカレーを安く食べたいときに大活躍すると思います。

無印良品のカレーはMUJIカードの期間限定ポイントで買うのがおすすめ

クレジットカードのMUJIカードを持っていると、毎年5月と12月に1ヶ月だけ有効の期間限定ポイント500円分がもらえます。

それぞれ、有効期限が来るまでに無印良品のレトルトカレーを買うようにすれば、無料で手に入れることもできますよ。

単純に食費節約につながりますので、徹底的に節約したいのであれば、無印良品のカレーを買ってポイント消化しましょう。

さいごに

正直言って、レトルトカレーでここまで感動するとは思っていませんでした。

パッケージはシンプルですが、中身はかなり本格的でしたよ。

無印良品のレトルトカレーは、外食費の節約にもつながりそうです!

10%OFFになる無印良品週間で買いだめしておき、料理するのが面倒なときにカレーにしましょう。

また、MUJIカードを持っているともらえるポイントの消化でカレーを買うのもおすすめです!

無印良品で買い物するならこちらもチェック

無印良品を利用するなら、以下のページも合わせてチェックするのをおすすめします。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

この記事を書いた人

小林 敏徳

Toshinori Kobayashi/Japan/Osaka/Twitter:@enrique5581 プロフィールはこちらインタビューされた記事対談記事もどうぞ。

執筆メンバの一覧を見る