25kgも入る!IKEAの青い袋「フラクタ(FRAKTA)」は収納や荷物の整理に役立ちます

スポンサーリンク

こんにちは!
小林敏徳(@enrique5581)です。

スウェーデン生まれの「IKEA」には、オシャレで便利な家具がたくさんありますよね。

こだわりの雑貨も販売されているので、店舗に行くとつい長居してしまいます。

そんなIKEAの意外に便利な商品「フラクタ(FRAKTA)」をご存知ですか?

フラクタとは、IKEAでよく見かける青い袋のこと。
この大きな大きな袋が、実は便利なんです!

IKEAの青い袋 フラクタ

IKEAの青い袋「フラクタ(FRAKTA)」が便利

IKEAのFRAKTA(フラクタ)表面

IKEAの青い袋「フラクタ(FRAKTA)」は、店舗に行ったときによく見かけていました。

おそらくですが、常連さんたちが買った物を持ち帰るために活用していたのだと思います。

今まではあまり気にしていなかったのですが、どうやらIKEAの青い袋は買えるらしく、店舗で探してみました。

ボストンバッグよりも経済的・1袋99円

ikeafrakta01

フラクタは、なんと1袋99円です。
もっと高いイメージでしたが、こんなに安く買えちゃうんですね。

フラクタを愛用している友人を見て、「便利そうだな・・・」とは思っていましたが、値段は聞いたことがなかったので驚きました。

旅行用のボストンバッグを買うよりも、経済的ですよね。

耐荷重25kgの丈夫な袋・水洗い可能

IKEAのFRAKTA(フラクタ)中身

今回購入して初めて分かったのですが、フラクタの耐荷重は25kgだそうです!

薄い素材の袋が、これほど頑丈だとは思いもしませんでした。

ちなみにフラクタを愛用している友人たちは、以下のようなときに活用していました。

耐久性があり、水洗いが可能。
この条件が揃っていれば、あまり気を使わずにガンガン使えるんでしょうね。

サイズが大きい・女性でも安心して使える軽さ

IKEAのFRAKTA(フラクタ)は女性でも持てる

フラクタは「長さ55cm × 奥行き35cm × 高さ37cm」のとても大きなサイズです。

ただ、取っ手の部分が長く、肩にかけやすいので、女性でも簡単に持ち運びができます。

大容量ではあるものの、袋自体は軽いですよ。

IKEAの帰りに早速活用できます

IKEAのFRAKTA(フラクタ)の使用例

IKEAに買い物に行った当日、フラクタを早速活用しました!

食器や雑貨などをたくさん購入したので、「駐車場までどうしよう・・・?」と心配していたんですよ。小さな子どもたちもいますし。

そこで「そうか、フラクタを活用すれば良いのか!」と気づいて、買ったものを収納してみました。

お陰で駐車場まで往復せずに、一気に持ち運びできました。

フラクタの活用事例:帰省の荷物を収納してみました

ここでフラクタの活用事例を紹介します。

帰省用の荷物がどれくらい収納できるのかを実験してみました。

洋服・子供服・小物・雑貨がたくさん

IKEAのFRAKTA(フラクタ)に収納する荷物

実家に帰省するときは、荷物が大量になりますよね。

上の写真のように、通常であればボストンバッグが必要なくらいのボリュームです。

フラクタに全て収納できました

IKEAのFRAKTA(フラクタ)に収納した様子

「さすがに多すぎるかなぁ」と心配しながらフラクタに収納していきましたが、なんと全部入ってしまいました。

バッグと違い、上がオープンになっているので、必要な物を取り出しやすいのも良いですね。

25kgの重さまで耐えられるので、洋服や雑貨類をどれだけ詰めても問題はありません。

今回は衣類が中心だったので、妻でも持ち運びできる重さでしたが、あまりにも重い物を入れるときはうまく調節してくださいね。

女性の方は、肩にかけると楽ですよ。

さいごに

今までなんとなく目にしていたIKEAの「フラクタ(FRAKTA)」が購入できるとは知りませんでした。

しかもこれだけ頑丈で、大きくて、水洗いもできちゃうのは素晴らしいですね。

わが家には小さな子供たちがおり、まだまだ荷物が多くなりがちなので、今後もフラクタを活用していきます。

買いに行くときは、IKEAで安くできる方法も知っておきましょう。

参考:IKEAに関連した記事の一覧

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

小林 敏徳

小林敏徳(こばやし としのり)です。1980年生。大阪府在住。文章を書いたり、化粧品の企画をしたり、写真を撮ったりしています。 詳しいプロフィールはこちらインタビューされた記事対談記事もどうぞ。

執筆メンバの一覧を見る