シンプルスキンケアで美容代を年間1万円に節約できた方法。ミニマリスト的な朝夜のスキンケア方法も

スポンサーリンク

わたしがどんなスキンケアをしているのかを話すと、たいていドン引きされます。
引かないどころか褒めてさえもらえることがあるのは、皮膚科に行ったときぐらいです。

スキンケアにかかるお金は基本的に1か月1,000円足らず。
月に2万も3万も基礎化粧品にかけている女性からすれば、もはや非常識レベルではないでしょうか?

でも、わたしの肌が汚いかといえばそんなことはありません。
人にスキンケアの話をする機会がたびたびあるぐらいですから、肌はキレイな方です。

キレイだからこそ、「どんなスキンケアしてるの?」と聞かれます。

シンプルスキンケアで美肌に

肌が弱い人にこそおすすめしたいシンプル美容

実は、そんなわたしですが、肌は弱い方です。
赤ちゃんのころは小児アトピーでしたし、大人になってからも部分的にアトピーは再発します。

尋常じゃないレベルのストレスや疲労が溜まると、どうしても肌に出ちゃうんですよね。

若いころはわたしもコスメが大好きで、基礎化粧品も1本3,000~4,000円ぐらいのものを使っていました。美容液も、アイクリームも、美容オイルも、あれこれ肌に塗りたくっていましたほど。

シンプルスキンケアを始めたきっかけは、子供が生まれたこと。

乳児がいる生活はとても過酷ですよね。

「入浴後は30秒以内に保湿!」なんてやっていられません。
まずは子供の体を拭いて服を着せる。それから自分の体を拭いて、服を着る。

やっとスキンケア……と思っても子供が泣いたりすればそれどころではなくなります。

そんな忙しい生活の中で、スキンケアを忘れてしまったり、「もういいや」とサボったりしてしまうことが増えていきましたが、わたしの肌はむしろキレイになっていったのです。

お風呂あがりにはつっぱり気味になっている肌も、入浴後30分も経てば皮脂で潤ってきます。

スキンケアをサボっているうちに、お風呂あがりのつっぱり感もなくなり、肌のコンディションはすこぶる良くなったんですね。

その後もいろいろ試した結果、ベストとも言えるシンプルスキンケアに落ち着くことができました。

シンプルスキンケアを始めてから10年。
肌はきれいになるのに、お金はどんどんかからなくなりました。

今回は、そんなわたしの、シンプルスキンケアを紹介いたします!

朝のスキンケア

一般的な朝のスキンケアはこんな感じですよね。

  • 洗顔する
  • 化粧水、乳液をつける
  • 日焼け止め、化粧下地をつける
  • メイク開始

一方、わたしの朝はこんな感じです。

  • 基本、何もしない

以上です。

さすがに、長時間外に出る日は日焼け止めを塗ります。

洗顔すると肌が乾燥する

本当は、朝も洗顔はした方がいいそうです。
ただし、水だけで。皮脂も酸化するので、1日2回は顔を洗っておいた方がいいのだとか。

ただ、わたしの場合朝も顔を洗ってしまうと乾燥がひどくなってしまうので、朝は一切洗顔しません。
目やにが付いていたら濡らした麺棒でぬぐう程度です。

結果:水道代・洗顔フォーム代がかかりません。

基礎化粧品を付けません

昔は「朝用」の基礎化粧品も揃えておりましたが、今は何もつけません。
だって、顔を洗わないんですもの。

結果:基礎化粧品代がかかりません。

日焼け止め・化粧下地は使うこともある

デスクワークですので、基本的に外にいる時間が短いです。
紫外線対策は必要ですが、日焼け止め自体も肌への刺激となるため、少しの外出程度なら帽子やサングラスでガードしていますよ。

日中に出歩く日だけ、日焼け止めを塗ります。

化粧下地を使うことは無いです。毎日フルメイクをする必要が無いから。
フルメイクが必要な方なら、日焼け止め兼化粧下地として1本で済むものをおすすめします。

結果:日焼け止め代は1本2,000円程度、1本で1シーズンもちます。

日焼け止め

今使っているのは、資生堂のノンケミカル日焼け止め、サンメディックです。

似たようなタイプの「資生堂2e(ドゥーエ)」もおすすめ。
ドゥーエの方がちょっと安いですよ。

スポンサーリンク

夜のスキンケア

一般的な夜のスキンケアってこんな感じですよね。

  • クレンジング、洗顔
  • 化粧水、(美容液)、乳液(orクリーム)
  • 人によってはパックをしたり?

一方、わたしの夜はこんな感じです。

  • 基本、何もしない

もちろん、これはメイクをしていなくて、なおかつ肌のコンディションに問題が無いとき。

メイクをしている日は、以下のことをしています。

  • お湯でメイクを洗い流す
  • ポイントメイクはオイルと綿棒で落とす

肌の乾燥が気になる日は、以下の通り。

  • お風呂上りに少しのワセリンをつける

クレンジング剤を使わない

以前は、クレンジングオイルでがっつり落とす派でした。
中途半端にミルククレンジングとかで肌に優しくしても、ファンデーションが肌に残っていたら意味がないのでオイル派なのです。

ただ、今はお湯で洗い流せるタイプの化粧品を選ぶようにしたため、クレンジング専用のものは必要なくなりました。

アイラインやマスカラなどポイントメイクをした日には、オリーブオイルで落としています。

クレンジングオイルと違って界面活性剤が入っていませんから、オイルを流すのには時間がかかりますがお金はかかりません。

エクストラバージンオリーブオイルは、1本300~400円です。

エクストラバージンオリーブオイル

洗顔もしない

お風呂に入れば当然顔にもお湯がかかります。
普段はそれだけで「洗顔」とみなして終了です。

洗顔料は10年前には卒業しました。
その後はたまに石鹸を使って洗いますが、これも滅多にしません。

コスト:たまに純石鹸(石ケン素地100%のもの)で顔を洗うだけ、1個100円程度。

基礎化粧品はワセリン

化粧水に、美容液に、乳液に……と一生懸命スキンケアに取り組むのも好きでしたが、結局何をつけても肌が良くなる気がしない(モノによってはかえって肌荒れする)のでやめました。

乾燥が気になるときだけ、ほんの少しのワセリンを手に取って顔にプレスするようにしてつけていきます。

顔が濡れている状態でワセリンを伸ばすとつけやすいですよ。

コスト:白色ワセリンは1個400円ぐらい、精製度の高いワセリン(サンホワイト)で1本1,200円程度。

白色ワセリン

ワセリンは全身に使えます。
顔だけに使う場合は何年もワセリンがなくならないので、劣化しにくいサンホワイトがおすすめ。

全身に使うなら白色ワセリンで十分です。

スポンサーリンク

スキンケア代が年間1万円以下になります

今使っているスキンケアコスメは以下の通り。

  • 日焼け止め:1本2,000円程度で3か月もつ
  • 白色ワセリン:1個400円程度で4か月もつ
  • オリーブオイル:1本400円程度(食費に含む)
  • 純石鹸:1個100円程度(日用品代に含む)

オリーブオイルは食用で普通に料理に使っているものなので、スキンケア代には計上していません。計上するとしても1か月あたり10円程度です。

純石鹸は家族全員が体や顔を洗うのに使っているので日用品代に含まれています。
一応スキンケア分として計上しようと計算してみましたが、こちらもせいぜい5円程度かと思われます。

これを年換算してみるとこうなります。

  • 日焼け止め:年間8,000円程度
  • 白色ワセリン:年間1,200円程度
  • オリーブオイル:年間120円程度
  • 純石鹸:年間60円程度

これを計算してみたら、合計9,380円です!

1万円もいきませんでした。
1か月あたりのスキンケア代は781円です。

もともと美容好きでピークだったハタチぐらいの頃には、月に2万ほど使っていました。年間にすると24万円ですね。

今思えば、20歳の肌に年間24万はどう考えてもかけすぎですね……。

当時と比較すれば、今は年間9,380円なのでスキンケア代を96%節約できたことになります。
住居費にしても食費にしても、96%もカットすることは普通できません。

美容代をかけている人ほど、シンプルスキンケアに変えることによる節約効果は大きくなるでしょう。

化粧品は100均のものでも使えるのが多いですよ。

すでに始めている人も多い「シンプルスキンケア」

友人・知人から「どんなスキンケアしてるの?」と聞かれたとき、わたしは自信満々に自己流のスキンケアを紹介してきました。

でも、たいていの人はドン引きして、試そうともしてくれません。

素直に試してくれた友人も、「ニキビができまくったからやめた」とか「肌がゴワゴワになった」とか言って、続けてくれません。

しかし、シンプルなスキンケアというのはこんなふうに、書籍にもなっているんです。

肌の悩みがすべて消えるたった1つの方法

「肌」の悩みがすべて消えるたった1つの方法という本です。

これは、宇津木龍一先生という美容皮膚科・形成外科の医師が書かれたもの。これを読んだおかげで、「やっぱりわたしのやり方は間違ってなかったんだ!」と自信が持てるようになりました。

この本によると、たしかにシンプルなスキンケアを始めたころには、一時的に肌のコンディションが悪くなるということも書かれています。

わたしが熱弁を振るうより、これからはこの本を紹介した方がいいかなぁと思っている次第です。

この本は1,440円。中古ならもうちょっと安くなります。
同じく宇津木先生の「化粧品を使わず美肌になる!」もおすすめです。

たとえこの本を2冊とも買ったとしても2,800円程度。

年間のスキンケア代が何万円も(人によっては何十万円も!?)、安くなるなら十分に元が取れますよね。

さいごに:シンプルスキンケアをお試しあれ

もちろん、この記事を読んだだけでわたしのやり方を真似するのが一番安上がりな方法ではありますが、「本当に肌がキレイになるの?」と不安な方や、どうしてシンプルなケアにするのが良いのかを医学的に知りたい方は、書籍も参考にされてみてください。

これだけの節約ができる費目はそうそうありません。
ぜひ、シンプルスキンケアで美容代を節約しつつ美肌を目指しましょう!

メイクもできる限り少なくすることで、お財布にも肌にもやさしいですよ。

お風呂の中もシンプルにすれば、お金の節約にもつながります。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

この記事を書いた人

なつみと

節約はするけど好きなことにお金を使うのが大好きなWebライター・webライティング講師。節約に関する知識が豊富な反面、必要なものにはどんどんお金を使っていく性格のため「メリハリあるお金の使い方」を発信していきます!

執筆メンバの一覧を見る