阪神電車回数券カードの買い方・3種類の使い分けや乗り越しなどでのお得な使い方を鉄道マニアが解説

スポンサーリンク

こんにちは、普段から阪神電車を利用している西宮市民の山﨑謙(@kenfm)です。

確かに普段から阪神電車を使って移動することは多いのですが、同じ区間を定期券を買うほどまでには乗っていないので、回数券をよく使っています。

ここでは私が普段からよく使っている阪神電車の回数券の買い方、そしてお得な使い方を紹介しますね。

阪神電車の回数券の特徴

阪神電車の回数券の特徴は次の3つです。

  • 金額式なのでどの駅からでも利用できる
  • 有効期限は購入月から数えて3ヶ月目の月の末日まで
  • カード式なのでかさばらない

金額式なのでどの駅からでも利用できる

回数券には使える区間が決められている「区間式」と、使える金額だけが決まっている「金額式」の2種類があります。

区間式は全国のJRをはじめ、関東の私鉄に多く見られる方式で、券面表示された駅間でしか使えません。

▼区間式の回数券の例(JR西日本)

区間式の回数券

一方の金額式は東京メトロ・都営地下鉄・東急などの関東の私鉄と関西の私鉄に多く見られる方式で、使える区間の金額のみが表示されています。

改札機を通してはじめて乗った駅が印字されるので、どの駅からでも利用ができるのが特徴です。

▼金額式の回数券の例(南海電鉄)

金額式の回数券

阪神電車の回数券も金額式となっているので、どの駅からでも乗ることができますよ。

有効期限は購入月から数えて3ヶ月目の末日まで

回数券の有効期限はぴったり3ヶ月間としている鉄道会社が多い中で、阪神電車の回数券は購入月から数えて3ヶ月目の末日までが有効です。

たとえば10月7日に購入した回数券は、ぴったり3ヶ月の1月6日を通り越し1月31日までの利用可能日に使えますよ。

ということは月初に買えば、まるまる4ヶ月間使えるので、ムダなく使い切れそうですね。

カード式なのでかさばらない

阪神電車の回数券はカードで発行されるのでかさばりません。
そしてそのまま自動改札に通せばOKです。

もし複数人数で使う場合は、使用する当日に券売機できっぷタイプのものと引き換えができますよ。

ただし、引き換えたきっぷタイプの回数券は引き換えた当日にしか使えないので注意しましょう。

▼券売機で引き換えたきっぷタイプの回数券

券売機で引き換えたきっぷタイプの回数券

阪神電車の回数券には3つの種類がある

阪神電車の回数券の特徴をお伝えしたところで、次は種類について紹介しますね。

阪神電車の回数券には以下の3つの種類があります。
順に詳しく説明していきますね。

  • 普通回数券
  • 時差回数券
  • 土休日割引回数券

普通回数券

阪神電車の普通回数券

時間や曜日の制限を受けずに使用できる回数券です。

10回分の価格で11回、よく使う人用に20回分の価格で22回使える2種類が販売されていますよ。
割引率は9.1%です。

時差回数券

阪神電車の時差回数券

平日の10時〜16時までの入場と土休日ダイヤの終日に使える回数券です。

10回分の価格で12回、5回分の価格で6回使える2種類が販売されていますよ。
割引率は16.6%です。

土休日割引回数券

阪神電車の土休日割引回数券

土休日ダイヤの終日に使える回数券です。

10回分の価格で14回、5回分の価格で7回使える2種類が販売されていますよ。
割引率は28.5%です。

使う時間帯・曜日に応じて使い分けるといいですよ。
うまく使い切るポイントは買い方の後に紹介しますね。

阪神電車の回数券の買い方

阪神電車の回数券は青色の自動券売機で発売されています。
支払い方法は現金のみで、クレジットカードでの購入はできません

▼回数券が買える青色の券売機

回数券が買える青色の券売機

▼左側のメニューにある「回数券」を押す

阪神電車回数券の買い方1

▼買いたい回数券を選ぶ

阪神電車回数券の買い方2

▼買いたい区間を選ぶ

阪神電車回数券の買い方3

▼お金を入れる

阪神電車回数券の買い方4

▼発券される

阪神電車回数券の買い方5

うまく使い切るポイントは2つ

さて回数券の種類と買い方がわかったところですが、「普通」「時差」「土休日割引」と3つの種類の回数券があり、それを使い分けましょうと言われても「そんなに回数券ばかり買ってしまったら、余らせちゃうやん…」と思いますよね?

でもうまく使い切れるコツがあるので、私こんだけ回数券持ってます…。

阪神電車の回数券カード5枚

使い分けすぎてどんだけ持ってんねん状態ですが、これでもムダなく使い切れているんです。

そのムダなく使い切るポイントとなるのが、「ハーフ時差回数券」「ハーフ土休日割引回数券」の存在と「阪急阪神回数券引き換えサービス」です。

これも順番に説明していきますね。

「ハーフ時差回数券」と「ハーフ土休日割引回数券」

回数券の種類の説明部分で「時差回数券」は10回分で12回、「土休日割引回数券」は10回分で14回と紹介した後に、「5回分で6回」「5回分で7回」でも発売されていることも紹介しました。

この「5回分」で売っている回数券が「ハーフ時差回数券」「ハーフ土休日割引回数券」です。

▼「ハーフ時差回数券」と「ハーフ土休日割引回数券」

ハーフ回数券

有効期限が最大4ヶ月あって、6回・7回乗車だと1月に1往復すれば使い切れる回数。

なので私も普通回数券をベースにしつつ、ハーフの時差回数券・土日割引回数券を買っています。

阪急阪神回数券引き換えサービス

それでも使い切る自信がないという場合は、阪急電車と阪神電車の同じ金額の区間であれば、双方の回数券として引き換えができる「阪急阪神回数券引き換えサービス」がオススメです。

▼阪急阪神回数券引き換えサービスに対応する券売機の表示

阪急阪神回数券引き換えサービス

阪急電車と同じ金額の190円・270円・280円・320円・380円・400円の6区間で回数券を使おうとする場合、阪神電車の回数券を阪急電車の回数券に引き換えられますよ

たとえば、阪神電車で甲子園から大阪梅田までが270円。
大阪梅田から阪急電車で茨木市までも270円。

この場合、阪神電車の回数券を阪急大阪梅田駅の券売機に入れれば、阪急電車の270円区間の回数券が出てきますよ。

▼阪神電車の回数券は阪急電車の回数券に交換できます。

引き換えた回数券

往復なら1日で4回分。
使い切れない可能性はだいぶなくなりますよね。

おまけ:乗り越しと乗り捨て

それでも使い切れない場合は乗り越しもしくは乗り捨てしましょう。

阪神電車の回数券は表示されている金額の区間を超えて使っても、実際に乗った金額との差額を乗り越し精算機で払えばいいシステムになっています。

たとえば、270円の回数券で大阪梅田から320円の神戸三宮まで乗り通した場合、320円から270円を引いた50円を乗り越し精算機で精算すればOKです。

また表示区間より短い区間の駅で降り(乗り捨て)ても改札機のゲートは閉じません。
さいごの1回分をどうしても余らせてしまうようであれば、もったいないので区間が短くても使ってしまいましょう。

さいごに

阪神電車の回数券の買い方とお得な使い方を紹介しました。

「普通」「時差」「土休日割引」と種類が多いですが、ハーフ時差回数券・ハーフ土休日割引回数券をうまく使うことで上手に交通費の節約ができますよ。

ぜひ活用してみてください!

おまけ:交通費節約にオススメの記事

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

山﨑 謙

兵庫県西宮市在住。「豊かな移動」を突き詰める移動自体を楽しむ人。喋ることが好きでイベントの司会をしたり、鉄道が好きで北海道の出張に寝台列車を使ったほど。最近は飛行機にもハマる。ここでは主に交通系の記事を執筆します。個人ブログ→ken.fm

執筆メンバの一覧を見る