EXグリーン早特の使い方・割引きっぷの買い方・ひかり利用がおすすめな理由まとめ

スポンサーリンク

こんにちは、新幹線での旅が大好きな山﨑謙(@kenfm)です。

東海道・山陽新幹線のネット予約サービス「エクスプレス予約」と「スマートEX」は使っていますか?

ネットで予約ができて、手数料なしで何度も変更ができて、きっぷを発券することなく、新幹線を利用できるのでとても便利ですよね。

その「エクスプレス予約」「スマートEX」には乗車3日前までの購入で、東京・品川・新横浜から名古屋・京都・新大阪・新神戸の間で、朝6時台に出発する「のぞみ」と終日の「ひかり」グリーン車指定席がお得になる「EXグリーン早特」という商品があります。

EXグリーン早特を使うと、首都圏と中京圏、近畿圏の移動を普通車指定席並みの料金でグリーン車に乗れますよ!

このページでは、そんな「EXグリーン早特」をどうやって使えばいいのかや、どれぐらいお得になるのかについて紹介していきますね。

「EXグリーン早特」とは?

「EXグリーン早特」は乗車3日前までに購入すれば、東海道新幹線の6時台に出発する「のぞみ」と終日の「ひかり」グリーン車指定席に割安な料金で乗れる商品です。

以下の区間で設定されていますよ。

EXグリーン早特の割引金額
設定区間グリーン車指定席用
所定運賃・料金EXグリーン早特お得額
東京・品川⇔名古屋17,340円14,400円▲2,940円
東京・品川⇔京都19,080円15,900円▲3,180円
東京・品川⇔新大阪22,310円17,400円▲4,910円
東京・品川⇔新神戸22,950円17,400円▲5,550円
新横浜⇔名古屋17,010円14,400円▲2,610円
新横浜⇔京都18,760円15,900円▲2,860円
新横浜⇔新大阪21,780円17,400円▲4,380円
新横浜⇔新神戸22,630円17,400円▲5,230円

1名〜6名で利用でき、おとな用のみの設定です。

「EXグリーン早特」の買い方

では「EXグリーン早特」はどのようにして買うのか、順を追って説明していきますね。

ここではエクスプレス予約のWeb予約画面で説明しますが、スマートEXでも操作方法は同じです。

▼1.エクスプレス予約もしくはスマートEXの予約ページに行きログインする。

EX予約ログイン画面

▼2.予約をタップ。

EX予約トップメニュー

▼3.日付と時間、乗車駅、降車駅、予約する人数(1名〜6名)を設定して「OK 予約を続ける」をタップ。

EXグリーン早特予約日時設定
なおこの時、あらかじめ「ひかり」に乗る予定であれば「ひかり・さくら・こだまのみ検索」をチェックすれば探しやすくなります。

▼4.列車を選択する(対象となる列車には「割引設定あり」のアイコンがつきます)。

EXグリーン早特予約列車選択

▼5.一覧から「EXグリーン早特」を選んで、シートマップを見て座席を決めたい場合は「座席表を見る」、指定しない、A〜Eのいずれかを選択するなら「座席位置」で選んで「OK 予約を続ける」をタップ。

EXグリーン早特予約商品選択
EXグリーン早特予約商品指定

▼5-1.「座席表を見る」を指定した場合はシートマップが表示されるので、予約したい座席をタップし「OK 予約を続ける」をタップ。

EXグリーン早特予約座席選択
EXグリーン早特予約座席指定

▼6.列車の時間と座席番号を確認し、OKなら「OK 予約する(購入)」をタップ。

EXグリーン早特予約最終確認

以上の手順で予約が完了しますよ。

EXグリーン早特の予約を変更する方法

EXグリーン早特で予約したはいいけど、やっぱり予約を変更したいときもあると思います。

そのときのやり方も紹介しますね。

▼1.予約を変更する時はログイン後「予約変更/変更/払戻」をタップ。

EX予約トップメニュー

▼2.変更する列車の「変更」をタップ。

EXグリーン早特予約変更

あとは、買い方で紹介した3から6と同様の手順でOKです。

きっぷを発券しない限り、手数料はかかりませんが、変更する列車の乗車日が3日前に満たない場合は「EXグリーン早特」の設定が外れ、通常料金となるので注意しましょう。

EXグリーン早特で新幹線に乗車する方法

「EXグリーン早特」は1名ならICカードで乗車、2名以上なら駅の券売機できっぷに引き換えて乗車します。

ICカードの場合

EX-ICカード

「エクスプレス予約」ならEX-ICカード、「スマートEX」の場合はあらかじめ紐づけた交通系ICカードを改札にタッチすれば、改札から乗車区間と座席番号が書かれた「EXご利用票」が出ます。

EXご利用票

降車の際も降車駅の改札にEX-ICカードまたは交通系ICカードをタッチすればOKです。

きっぷの場合

EX予約受取機

駅の券売機に購入の際に使用したクレジットカード(エクスプレス予約の場合はEX-ICカードでもOK)を入れ、ログインする際に使用する暗証番号を入力してきっぷに引き換えます。

引き換えたきっぷを改札に通してください。

「EXグリーン早特」の注意点

「EXグリーン早特」にはいくつかの注意点があります。

1. 設定除外日がある

GWお盆年末年始には設定除外日があります。

年会費税抜1,000円かかる「エクスプレス予約」のほうが設定除外日が少なくなっており、2019年度の設定除外日は以下のとおりです。

  • 「エクスプレス予約」の2019年度早特商品設定除外日
    4月27日(土)・4月28日(日)・5月5日(日)・5月6日(月)、8月10日(土)~8月12日(月)、12月28日(土)~12月31日(火)、1月3日(金)~1月5日(日)
  • 「スマートEX」の2019年度早特商品設定除外日
    4月27日(土)~5月6日(月)、8月10日(土)~8月19日(月)、12月28日(土)~1月6日(月)

2. 設定区間以外では使えない

静岡ー新大阪や新大阪ー広島など設定以外の区間では使えません。

設定のない区間には、別の早特商品やお得な商品があるので、そちらを使いましょう。

3. 在来線区間は別料金・在来線特急との乗継割引もなし

新宿ー東京や新大阪ー大阪など新幹線以外の在来線区間は、「EXグリーン早特」の料金には含まれません。

別途運賃が必要になるので気をつけましょう。

また通常のきっぷでは、適用される在来線特急との乗継割引は適用されません。

4.乗り遅れた場合は買いなおし

万が一、指定の列車に乗り遅れた場合は、自由席を含めて他の列車の利用はできません。

あらためて買いなおす必要があるので、買ったものが完全にムダになってしまいます。
必ず乗る前に変更しましょう。

朝6時台以外は「ひかり」のみだが全然使える

安いのはいいのですが、朝6時台に出発する列車を除き「ひかり」しか使えません。

でも私はエクスプレス予約の早特商品の中では一番よく使っています。
その理由を考えてみたところ、2つありました。

1.東京ー新大阪は「のぞみ」と30分しか変わらない

東京ー新大阪の所要時間は早朝深夜最速の「のぞみ」で2時間22分。日中は2時間25分〜2時間33分です。

一方の「ひかり」は夜の最速で2時間42分。日中は2時間54分〜2時間57分。
30分しか変わりません。

少しでも速く…という時には使えませんが、私は「グリーン車の快適空間に30分も余計に居られるとかめっちゃいいやん!」と思う人なので、まったく問題ありません(笑)。

2.グリーン車全席コンセント付きのN700系率100%

「のぞみ」がコンセントつきのN700系に統一された後も「ひかり」にはコンセントがない700系が使われていました。

▼コンセントがない700系。

コンセントがない700系

しかし2017年3月のダイヤ改正から東海道新幹線区間を走る「ひかり」については、すべてグリーン車全席にコンセントがついたN700系に統一されています。

▼コンセントがあるN700系。

コンセントがあるN700系

※2020年春のダイヤ改正では東海道新幹線を走るすべての列車がN700系タイプの車両に統一されます。

一番のネックは「ひかり」は1時間に2本しかないこと

一番のネックは東京ー新大阪の「ひかり」が1時間に2本しかないこと。

▼新大阪駅の発車標。「のぞみ」が40分の間に5本あるのに対して、「ひかり」は60分の間に3本しかないんです。

列車案内

「のぞみ」が1時間に5本から10本走っていることを考えると少ないですよね。
(新神戸の場合は「ひかり」は1時間に1本、「のぞみ」は1時間に3本から5本となります)

所要時間30分増しと合わせて、「EXグリーン早特」を使うか使わないかを判断するといいですね。

ちなみに私は行きに6時台の「のぞみ」に乗車、帰りは「ひかり」でゆっくり帰るというのをよくやっています。

上手に使えば快適に移動できる

東京ー新神戸間の設定区間にお得に乗れる「EXグリーン早特」を紹介しました。

すごく急いでいる時は使えませんが、タイミングと時間の余裕があれば、普通車指定席とほぼ同額で移動ができます。

旅行にも仕事にも使えるのでぜひ活用してみてくださいね!

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

山﨑 謙

兵庫県西宮市在住。某国内メーカースマートフォンのフィールドトレーナーとして関西を中心に全国で活動。喋ることが好きでイベントの司会をしたり、鉄道が好きで北海道の出張に寝台列車を使うほど。ここでは主に交通系の記事を執筆します。個人ブログ→ken.fm

執筆メンバの一覧を見る