オレンジカードを買取して換金する方法は金券ショップ・ヤフオク・メルカリどれがいい?

スポンサーリンク

オレンジカードは2013年3月31日まで販売されていましたが、今はもう買うことができません。

そうなると、まだ手元に残っているオレンジカードをどうするかが迷いどころではないでしょうか。

販売こそ終了しましたが、今もまだオレンジカードが使えます。
とはいえそれでも使いどころがなく困っているという場合は、買い取ってもらうことを検討してみてはいかがでしょうか?

そこでこのページでは、オレンジカードを買取するときにどうすればいいのかについて詳しく紹介してきますね。

また、オレンジカードの使い方は、以下のページが詳しいですよ。

金券ショップが手っ取り早く買い取りできます

オレンジカードを手っ取り早く買い取ってもらいたい場合は、金券ショップが一番です。

身近なところにあると思いますし、手元にあるオレンジカードを持っていけばすぐに買い取ってもらえますよ。

ただ、金券ショップになるため、店員さんの人件費などを考えると買取価格はそこまで期待できないと思っておいたほうがストレスもないかと思います。

金券ショップ 甲南チケット

ヤフオクなどのオークションサイトで売るのも1つ

オレンジカードは、ヤフオクでも出品されていることがあります。

オークファンで相場を参考にすれば、どれぐらいで売れるのかが見えやすいので、売りやすいですよ。

面倒にはなりますが、金券ショップよりは高く買い取ってもらえやすいかと思います。

プレミア物の場合は、額面より高くなる可能性も!

メルカリ・ラクマでも売られています

ヤフオクでもありますので、もちろんフリマアプリのメルカリやラクマでも出品されています。

それぞれ即購入できるため、欲しい人がいればすぐに買い取ってもらえるのがいいですね。

相場を見たところ、額面に近い金額で出品されているとほとんど売り切れていましたので、出す値段次第ではすぐに買い取ってもらえると思います。

プレミア物のオレンジカードの場合は買取価格が高くなる

オレンジカードはもう販売されていないため、年々過去のオレンジカードがレア物になっていきます。

オレンジカードの絵柄次第では、今もプレミア価格になっているものが多いです。

今はそこまで値段がつかないオレンジカードも、ずっと持ち続けていると数年後には価値が上がっている可能性もありますよ。

どうなるかはわかりませんが、すぐに買い取ってもらう必要性がないのであれば、そのまま持ち続けておくのも1つの方法です。

さいごに

オレンジカードを使うことがない場合は買い取りという選択肢があるのを知っておくと、プレミア価格で思いがけず得する可能性があります。

普通に電車代として使う予定がなかった場合は、買い取りしてもらうことを考えてみましょう。

オレンジカードに限らず、交通費を節約する方法はたくさんありますよ。
使う機会に知っておくことで節約につながります。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。 詳細プロフィールは別ページにあります。お金に対する考え方・ポリシーはこちら。

執筆メンバの一覧を見る