バンドルカードのメリット・デメリット・お得な使い方について徹底解説

スポンサーリンク

クレジットカードのかわりとしてプリペイドカードを使いたいとき、バンドルカードを選択肢に加えてみるのもおすすめです。

事前にチャージして使うことができるカードなので、使いすぎを防ぐこともできますよ。

そんなバンドルカードですが、初めて使う場合はどんな仕組みのカードなのかわかりづらい部分もあると思います。

これからバンドルカードを使ってみようかなと思ったとき、サービスの特徴や使うメリットがわかっていれば、自分に合っているかどうか判断しやすくなりますよね。

このページでは、バンドルカードのメリットやデメリット、お得な使い方について詳しく紹介していきますね。

バンドルカードとは?

バンドルカード TOP

バンドルカードは、プリペイドカードの一種です。

あらかじめチャージしておくことで、クレジットカードと同じように支払いに使うことができますよ。

バンドルカードは全国にあるVISA加盟店で使えます。

ちなみに、カードの種類は以下の3通りから選べますよ。

  • バーチャルカード
  • リアルカード
  • リアル+(プラス)カード

バーチャルカードはインターネット専用カード、リアルカード・リアルプラスカードはお店で使えるカードになっています。

インターネットでしか使わない場合はバーチャルカード、お店でも使いたい場合はリアルカードなど、利用したいシーンによって使い分けることができますよ。

バンドルカードの申し込み方法について

これからバンドルカードを使ってみようと思ったとき、どうやって申し込めばいいのか気になりますよね。

まずは、バンドルカードのアプリをダウンロードしましょう!

アプリをダウンロードしてから、申し込みの手続きをしていく流れになります。

バンドルカードに申し込む手順は以下の通り。

  1. バンドルカードのアプリをダウンロードする
  2. 好きなカードに申し込む

バーチャルカードはアプリをインストールして、アカウントを登録するだけで発行できますよ。

リアルカード・リアルプラスカードは、アプリから発行手続きすることでカードが使えるようになります。

どちらにしても、カード発行にかかる時間は1分ちょっとです。
発行してすぐに支払いに使えるので便利ですね。

ちなみに、バーチャルカードは発行費無料ですが、プラスチックカードは発行手数料がかかります。

それぞれの発行手数料は以下の通り。

  • リアルカード:300円
  • リアルプラスカード:600円

バンドルカードを使うためにも、まずはアプリをダウンロードしてみましょう。

参考:iOS専用のバンドルカードアプリはこちらから
参考:Android専用のバンドルカードアプリはこちらから

バンドルカードを使うメリットについて

バンドルカードを使うことで、どんなメリットがあるのかも気になりますよね。

メリットやカードの特徴を知っておけば、いざ使いたいときに便利です。

主に、バンドルカードを使うメリットは以下の通り。

  • 入会費・年会費が無料
  • チャージ方法が10種類から選べる
  • 全国のVISA加盟店で使える
  • 未成年でも持てるプリペイドカード
  • カードの停止・再開も簡単

ここからは、それぞれのメリットについて詳しく説明していきますね。

入会費・年会費が無料

バンドルカードは、入会費・年会費が無料です!

カード発行の際に手数料はかかりますが、一度作ってしまえばあとは無料で使い続けられるのがうれしいですね。

チャージ手数料も、ほとんど無料で使えるものが多いです。

チャージ方法が10種類から選べる

バンドルカード チャージ方法

バンドルカードを使うためにも、まずはチャージする必要があります。

そんなバンドルカードですが、実はチャージ方法が10種類から選べますよ。

選べるチャージ方法は以下の通り。

  • ポチっとチャージ
  • ドコモ払い
  • セブン銀行ATM
  • コンビニ
  • クレジットカード
  • ソフトバンクまとめて支払い(現在は停止中)
  • ネット銀行
  • 銀行ATM(ペイジー)
  • ビットコイン
  • ギフトコード

自分に合った方法でチャージできるのが魅力的です。

ドコモ払い・ソフトバンクまとめて支払い・ポチっとチャージは手数料がかかるので、そのほかのチャージ方法がおすすめですね。

バンドルカードにチャージする方法については、こちらで詳しく紹介していますよ。

全国のVISA加盟店で使える

バンドルカードは、VISAブランドのプリペイドカードです。

つまり、VISA加盟店であればバンドルカードが使えますよ!
使えるお店はカードの種類によって多少違います。

カードごとに使えるお店は以下の通り。

カードごとに使えるお店について
カードの種類使えるお店
バーチャルカード国内・海外のVISA加盟店(オンラインのみ)
リアルカード国内のVISA加盟店(実店舗含む)・海外のVISA加盟店(オンラインのみ)
リアルプラスカード国内・海外のVISA加盟店(実店舗・オンライン)

使いたいお店がオンラインだけのときはバーチャルカード、実店舗でも使いたい場合はリアルカード・リアルプラスカードと使い分けることができますよ。

ただ、以下のようなサービスには利用できないことが多いです。

  • ガソリンスタンド
  • 宿泊施設
  • 公共料金
  • 定期支払い・定期購読
  • 保険料の支払い
  • 高速道路料金
  • 機内販売
  • 特急券
  • 本人認証(3Dセキュア)が必要な加盟店
  • プリペイドカード・電子マネー
  • ID読み取りの端末

未成年でも持てるプリペイドカード

バンドルカードは、年齢制限なく使えるカードなので未成年でも申し込めます。

カードを発行する際、特に審査もないので申し込みやすいですよ。

ただ、未成年の場合は発行するときに保護者の同意が必要です。

クレジットカードを持てない未成年でも、バンドルカードなら作れるので支払いの選択肢も増えますね。

カードの停止・再開も簡単

便利なバンドルカードですが、うっかり落としてしまうこともあるかもしれません。

万が一、カードを落としてしまっても、アプリやWebからカードを停止できるので安心ですよ。
アプリで「一時停止」ボタンを押すだけでOKです。

また、利用を再開したいときもアプリやWeb上で操作できます。
自分で管理しやすいのがうれしいですね。

バンドルカードのデメリットについて

メリットも多いバンドルカードですが、場合によってはデメリットに感じる部分もあります。

デメリットになりそうなところは以下の通り。

  • チャージ方法によっては手数料がかかる
  • VISA加盟店以外では使えない

バンドルカードは、ドコモ払い・ソフトバンクまとめて支払い・ポチっとチャージといったチャージ方法を利用する場合、手数料がかかります。

とはいえ、ほかにもいろいろチャージ方法が選べるので、手数料がかからないものを選べばOKですよ。
そこまでデメリットには感じません。

また、バンドルカードはVISA加盟店でのみ使えるプリペイドカードです。
JCB・MasterCardなどほかの加盟店では使えません。

ただ、VISA加盟店は国内・海外ともに多いので、そんなに困ることもないと思います。

バンドルカードの限度額は?

バンドルカードはプリペイドカードなので、限度額があります。

いくらからいくらまで使えるのかも気になるところですよね。
無限に使えるわけではないので注意しましょう。

ちなみに、バンドルカードの限度額は以下の通り。

バンドルカード別の限度額について
バーチャル・リアルカードリアルプラスカード
月間チャージ上限額12万円200万円
全累計チャージ上限額100万円-円
1回のチャージ上限額3万円10万円
チャージ待機額-円-円
残高上限額10万円100万円

カードの種類や利用するお店によっても限度額は異なります。
限度額を超えての利用・チャージはできません。

PayPayの支払い方法としてもおすすめ

PayPayアプリを開いたときの画面

PayPayでは、銀行口座・Yahoo!マネー・クレジットカードのいずれかを登録する必要があります。

Yahoo!サービスを使っていなかったり、未成年でクレジットカードが持てなかったりする場合は、少しハードルが高いですよね。

実は、そんなPayPayにもバンドルカードが登録できますよ!

事情があってクレジットカードが持てない場合は、バンドルカードを発行してPayPayに登録してみましょう。

PayPayでは20%還元キャンペーンを行っていることがあるので、PayPayに紐付けることでお得にバンドルカードが使えますよ。

バンドルカードを退会・解約したい場合

バンドルカードを使わなくなって、アカウントを削除したくなることもあるかもしれません。

退会方法はいたって簡単!

アプリ内のお問い合わせフォームで「カードの退会をしたい」を選び、必要事項を入力して連絡すればOKです。

ただ、残高が残っている状態で退会してしまうと返金できません。
退会するなら、残高を使い切ってから手続きすることをおすすめしますよ。

また、一度退会すると最大90日間は同じ電話番号で登録できなくなります。

再登録はできますが、同じ電話番号を使いたい場合は、90日間を過ぎてから申し込みましょう。

ちなみに、お問い合わせの営業時間は平日9:30~17:00までです。

さいごに

バンドルカードのメリット・デメリットについてまとめてみました。

  • 入会費・年会費は無料で始められる
  • 国内・海外のVISA加盟店で使える
  • チャージ方法は10種類から選べる
  • 審査なし・未成年でも発行できる

VISA加盟店は国内だけでなく、海外にも多いので使い勝手のいいプリペイドカードですね。

チャージして使えるので、クレジットカードのように使いすぎてしまう心配もありません。

事情があってクレジットカードが持てない場合は、バンドルカードを使って支払いの選択肢を増やしてみるのもひとつの手ですよ!

参考:バンドルカードを使ってみるにはこちらから

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

長野在住のフリーライター/3児の母。時間とお金は有限なので、自分の納得できるものに注ぎたい性分。心が豊かになれる暮らしのヒントや、子育てに役立つお得情報など発信していきます。

執筆メンバの一覧を見る