大阪メトロの回数カードが2024年3月に廃止!代わりに安くする方法を紹介

松本 博樹の画像

大阪の地下鉄「大阪メトロ」では回数カード(回数券)を使うことで運賃を割引できていました。

券売機で3,000円入れてカードを手に入れると、3,300円分の運賃として使えて10%お得ですね。

しかし、2024年3月22日で大阪メトロの回数カードが販売終了になってしまいます。

持っている回数カードは2024年3月22日以降も使えますが、代わりの方法がないか気になるかと思いますので、このページで紹介しますね。

ICOCAでの月間乗車回数によるOsaka Point付与サービスが開始

大阪メトロの回数カードは終了してしまいますが、代わりのサービスがあります。

2024年3月1日からICOCAでの月間乗車回数に基づいてOsaka Pointを付与するサービスが開始されます。

対象路線は以下の通り。

  • 大阪メトロ全線
  • 大阪シティバス全路線

これらの対象路線で同一運賃区間を1ヶ月で11回以上使うと、11回目以降の乗車から運賃の10%のOsaka Ponitが付与されます。

一見お得なように感じるかもしれませんが、無条件で10%お得だった回数カードと比べると渋いサービスですね。

月に10回目まではポイント付与が一切ありません。

アルバイトやパートの通勤などで同じ区間を移動することが多いのであれば、わずかながらですが交通費節約に使えると思います。

PiTaPaを使うと10%割引

大阪メトロでは、交通系ICカードのPiTaPaを使うと、1回目の乗車から10%オフになるサービスがあります。

Osaka Pointのサービスを使うよりも、大阪メトロに乗るときはPiTaPaを使うように決めておけば料金節約できますね。

ただし、PiTaPaはクレジットカードと紐付けて使う形になるため、別途クレジットカードが必要になるのが面倒に感じるところです。

1回作ってしまえばあとは手間がかかることはないので、重い腰を上げてPiTaPa対応のクレジットカードを作るのがいいと思います。

三井住友カード(NL)エメラルドSTACIAカードを使うのがおすすめです。

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。節約アドバイザー・クレジットカードアドバイザー。会社を辞めて子どもが産まれるタイミングで家を買いました。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。そもそも論から考えるミニマリスト的な節約術、クレジットカード、ポイントやマイル、株主優待、投資信託、移動を安くする方法に詳しいです。

松本 博樹のプロフィール