有料化する新生銀行のATM手数料をカンタンに無料にする4つの方法

スポンサーリンク

こんにちは!
新生銀行の口座を利用している、ノマド的節約術の松本(@peter0906)です。

2018年10月7日から、新生銀行のATM手数料が完全無料ではなくなってしまいます。

新生ステップアッププレミアムの新生スタンダードになっていると、ATM手数料が1回あたり税込110円必要です。

これでもまだ他の銀行に比べたら安いほうではありますが、もともとが無料だったため、高く感じてしまいますよね。

でも、100%有料になったわけではなくて、新生銀行をよく使っていればATM手数料を無料にできます。

そこでこのページでは、2018年10月7日以降も新生銀行のATM手数料を無料にしていくためにできることをわかりやすく紹介していきますね。

有料化する新生銀行のATM手数料を無料にする方法

新生ゴールド以上だと何回でもATM手数料が無料になる

最初にも紹介したように、新生銀行でATM手数料が必要になるのは新生ステップアッププレミアムの新生スタンダードのときだけ。

ちなみに、新生ステップアッププレミアムには以下の3種類のランクがあります。

  • 新生スタンダード
  • 新生ゴールド
  • 新生プラチナ

このうち、新生ゴールドや新生プラチナになっていればATM手数料が引き続き無料で使えますよ。

新生銀行をよく使っているのであれば、引き続きお得に使える銀行です。

では気になるのが、新生ゴールドの条件を満たすためにどうすればいいのかではないでしょうか。

なるべく簡単に新生ゴールドの条件を満たせるためにできることをこのあとで紹介していきますね。

新生ゴールドになるための条件

まずは、新生ゴールドになるための条件をまとめて紹介します。

いろいろな方法で新生ゴールドになれますよ。

  • 円普通預金・パワー預金・2週間満期預金の月間平均残高の合計が100万円以上
  • 外貨普通預金・2週間満期外貨預金・外貨定期預金・投資信託・仕組預金・保険商品の月間平均残高の合計が30万円以上
  • 円定期預金の月間平均残高の合計が200万円以上
  • 外貨預金を月10,000円以上積立する
  • 投資信託を月5,000円以上積立する
  • THEO+を月10,000円以上積立する
  • 新生パワートラストの残高合計が毎月20日の時点で100万円以上
  • 新生銀行FXで毎月10万通貨以上約定する
  • 新生銀行スマートカードローンプラスの借入残高が1円以上で自動引き落とし口座が新生銀行になっている
  • 新生銀行カードローンレイクの借入残高が1円以上で自動引き落とし口座が新生銀行になっている
  • 新生アプラスゴールドカードの引き落とし口座が新生銀行でかつ1円以上引き落としがあること
  • プリペイドカードGAICAに日本円を10,000円以上チャージする
  • プリペイドカードGAICAに米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドルいずれかの通貨を80通貨以上チャージする

かなり多くの条件がありますね。

この中で難しくなく達成できそうなところをピックアップしてこのあとで紹介します。

100万円以上預けていれば容易に達成できる

もし新生銀行をメインの口座に使っているのであれば、まずは100万円以上の貯金ができるように工夫してみましょう。

節約してムダな支出を減らしたり、毎月の給料の一部を強制的に貯金するなどすれば、いつかは100万円の残高を達成できますよ。

円普通預金・パワー預金・2週間満期預金の月間平均残高の合計が100万円以上あれば条件を満たせます。

しばらく使わないお金があるのなら、2週間満期預金にしておくと円普通預金よりは金利がいい状態にできますよ。

投資信託を月5,000円以上積み立てるのもアリ

新生ゴールドの達成条件の1つに新生銀行の投資信託に月5,000円以上積み立てることがあります。

こちらも、将来的な資産運用を考えていく上ではおすすめの方法ですよ。

毎月の給料から5,000円を捻出するのは難しくないと思いますので、これなら100万円の残高がなくても簡単に達成できますね。

投資信託を買うともちろん値下がりのリスクもあります。

少しでも大きな値下げを避けたいのであれば、国内債券に連動した購入手数料無料の投資信託を購入しましょう。

国内債券型の投資信託なら「Funds-i 国内債券」を買っておくのが無難だと思います。

間違っても、購入手数料がかかるものや、毎月分配型の投資信託は買わないようにしてくださいね!

ちなみに、新生銀行で投資信託を積み立てして口座引き落としTポイントが10ポイントも貯まりますので、その点でもおすすめです。

毎月エントリーが必要なのが面倒ですが、それさえやれば確実に毎月10円分増えますよ。

GAICAに日本円を毎月10,000円チャージするのもおすすめ

投資信託よりもリスクなく簡単に新生ゴールドの条件を達成する方法もあります。

プリペイドカードのGAICAを作って、毎月日本円を10,000円以上チャージするだけで、新生ゴールドの条件を満たせます。

しかもGAICAへ日本円をチャージするときは手数料無料になるため、1円も支払うことなく簡単に条件達成できますね。

GAICAはプリペイドカードのため、お金を使っているわけでもなく資金移動しているだけです。

GAICAはVISAの加盟店であれば普通にクレジットカードのような感覚で使えるため、ムダがありません。

新生銀行を引き続きお得に使うのであれば、必ずプリペイドカードのGAICAを持つようにしましょう。

もちろん、GAICAを持つことに対しての年会費は無料です!

新生アプラスゴールドカードを月1円以上使えば条件達成

新生ゴールドの条件を満たすには、クレジットカードの利用でも大丈夫です。

新生アプラスゴールドカードというクレジットカードを毎月1円以上引き落としがある状態にできれば、それだけで新生ゴールドになりますよ。

新生アプラスゴールドカードは初年度年会費無料ですが、2年目以降は年会費税込5,500円必要になるため、メインで使っているのでもない限りはやりづらい方法でもあります。

ただ、一度クレジットカードを手にしてしまえば、他の条件よりも簡単に新生ゴールドになれますよ。

それ以外の方法は難しいのでおすすめしません

最初に紹介したように、これ以外にもいろいろな方法で新生ゴールドになれます。

ですが条件を達成するのが少し難しくなるため、ここで詳しく紹介した方法を使うほうがいいですよ。

一番いいのはGAICAプリペイドカードで日本円を毎月10,000円チャージすること。

その次に簡単なのは投資信託を月5,000円積み立てることですね。

さいごに

新生銀行のATM手数料が完全に無料でなくなってしまうのはとても残念ですが、まだまだやり方次第では難しくない方法でATM手数料を無料にできるため、これからも便利に使える銀行ですよ。

メインで使うのもいいですし、サブで使うのにも適している銀行といえます。

Tポイントをコツコツ貯めるために使うのでもおすすめできる銀行ですよ。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。 詳細プロフィールは別ページにあります。お金に対する考え方・ポリシーはこちら。

執筆メンバの一覧を見る

このページをシェアする!