個人向け国債のお得なキャンペーン比較【2019年8月最新版】

スポンサーリンク

こんにちは!

お得情報は小さいことでも気になる、ライターの齋藤めぐみです。

国債は、銀行やネット証券などいろんなところで取り扱っていますが、どうせ買うならお得なところを選びたいですよね。

調べてみると、どの金融機関でもさまざまなキャンペーンを行っていましたよ!

このページでは、銀行・証券会社・ネット証券会社で行っているキャンペーン情報をまとめて紹介していきます。

それぞれの特徴や注意点を比較して、お得に国債が買える方法を見つけましょう!

個人向け国債のお得なキャンペーン情報と注意点のまとめ

そもそも国債が何かわからないという場合は、以下の記事も合わせて読んでみてくださいね。

大和証券「ダイワで8月の個人向け国債キャンペーン」

  • 期間:2019年8月5日~30日
  • 内容:10年債・5年債の購入で、対象金額に応じた現金をプレゼント
  • インターネット取扱:あり

大和証券で個人向け国債を買うときに注目したいところは、プレゼントの現金と同時に「ダイワのポイントプログラム」の交換ポイントも同時に貯まることです。

以前から大和証券を利用して、ポイントを貯めていたなら、これはラッキーですよね。

さらに、希望すればプレゼントの現金も交換ポイントとして受け取ることができるので、ポイントがますます貯まりますよ!

具体的にどれくらいキャッシュバックされるのかは、以下の表でチェックしてくださいね。

対象金額10年債・現金5年債・現金ポイント
100万円以上2,000円1,000円100pt
200万円以上4,000円2,000円200pt
300万円以上6,000円3,000円300pt
400万円以上8,000円4,000円400pt
500万円以上15,000円10,000円500pt
600万円以上18,000円12,000円600pt
700万円以上21,000円14,000円700pt
800万円以上24,000円16,000円800pt
900万円以上27,000円18,000円900pt
1,000万円40,000円30,000円1,000pt
以降、+100万円ごとに+4,000円+3,000円+100pt

一方で、気を付けなければいけない点もあります。

  • 3年債はキャンペーン対象外
  • 期間中でも予告なくキャンペーンを内容変更・終了・延期する可能性がある
  • 現金の入金まで日数がかかる
  • 大和証券グループの役職員はキャンペーン対象外

野村證券「個人向け国債キャンペーン」

  • 期間:2019年8月5日~30日(オンラインでの購入は、29日まで)
  • 内容:10年債・5年債の購入で、対象金額に応じた現金をプレゼント
  • インターネット取扱:あり

キャッシュバック金額は、以下のようになっています。

対象金額10年債5年債
100万円以上2,000円
200万円以上4,000円
300万円以上6,000円
400万円以上8,000円
500万円以上15,000円
600万円以上18,000円
700万円以上21,000円
800万円以上24,000円
900万円以上27,000円
1,000万円40,000円30,000円
以降、+100万円ごとに+4,000円+3,000円

野村證券では、1,000万円未満なら10年債と5年債のキャッシュバック額が同じです。

5年債をするなら、他の金融機関より野村を選んだほうが多く現金がもらえそうですね。

一方で、注意点は以下の通りです。

  • ネット申し込みは1日早く締め切られる
  • 10年債と5年債を合算できない
  • 3年債はキャンペーン対象外
  • 対象金額が100万円未満はキャンペーン対象外
  • 現金の入金まで日数がかかる

野村證券は対象金額が100万円以上ですが、プレゼント金額に上限はありませんから、高額な買付にもキャンペーンを適用してくれます。

ただし、ネットでの取引は窓口よりも早く締め切られてしまうので日付を間違えないようにしましょう!

SMBC日興証券「個人向け国債キャンペーン」

  • 期間:2019年8月5日~30日
  • 内容:10年債・5年債の購入で、対象金額に応じた現金をプレゼント
  • インターネット取扱:あり

SMBC日興証券は、プレゼント金額に上限がないので高額な購入におすすめです。

また、ネットだけではなく全国に支店があって、わからないことを直接質問できるところが安心ですね。

具体的にもらえる金額は、以下のようになります。

対象金額10年債5年債
100万円以上2,000円
200万円以上4,000円
300万円以上6,000円
400万円以上8,000円
500万円以上15,000円
600万円以上18,000円
700万円以上21,000円
800万円以上24,000円
900万円以上27,000円
1,000万円40,000円30,000円
以降、+100万円ごとに+4,000円+3,000円

キャッシュバック金額の増え方は野村證券と同じで、5年債の購入がお得です。

しかし、以下のように抑えてほしい注意点もあるので気をつけましょう。

  • 3年債はキャンペーン対象外
  • 複数の口座で個人向け国債を買っても、購入金額は合算できない
  • 10年債と5年債を合算できない
  • 銀行などを通じて開設した口座はキャンペーン対象外
  • 期間中でも予告なくキャンペーンを内容変更・終了・延期する可能性がある
  • 現金の入金まで日数がかかる

みずほ証券「個人向け国債キャンペーン」

  • 期間:2019年8月5日~30日(みずほ証券ネット倶楽部からの申込みは、30日の15:30まで)
  • 内容:10年債・5年債・3年債の購入で、対象金額に応じた現金をプレゼント
  • インターネット取扱:あり

こちらにも「みずほ証券ポイントサービス」という独自のポイントが貯まります。

3年債もキャンペーンの対象に含まれていますよ。

さらに現金のプレゼント金額には上限がなく、期限内ならもれなくもらえるというのも魅力です。

10年債、5年債、3年債のキャッシュバック金額の違いは、以下のようになっています。

対象金額変動10年債固定5年債固定3年債
100万円以上2,000円1,500円1,000円
200万円以上4,000円3,000円2,000円
300万円以上6,000円4,500円3,000円
400万円以上8,000円6,000円4,000円
500万円以上15,000円10,000円6,000円
600万円以上18,000円13,000円8,000円
700万円以上22,000円16,000円10,000円
800万円以上26,000円19,000円12,000円
900万円以上30,000円22,000円14,000円
1,000万円40,000円30,000円20,000円
以降、+100万円ごとに+4,000円+3,000円+2,000円

10年債を700万円以上買うなら、みずほ証券が断然お得になりますね。

ただし、以下の注意点を正しく理解して利用しましょう。

  • ネット申込みは15:30まで
  • 100万円未満はキャンペーン対象外
  • 違う種類と合算できない
  • 新規の場合は口座開設まで1週間程度かかる
  • 現金の入金まで日数がかかる
  • 一部の金融商品仲介業、みずほ証券の社員、子会社・関連会社の役員・社員・家族はキャンペーン対象外
  • 期間中でも予告なくキャンペーンを内容変更・終了する可能性がある
  • 他のキャンペーンと重複して利用できない場合がある

SBI証券「個人向け国債キャンペーン」

  • 期間:2019年8月5日16:00~29日14:00(予定)
  • 内容:10年債・5年債・3年債を合計50万円以上購入で、対象金額に応じてキャッシュバック
  • インターネット取扱:あり

SBI証券は3年債もキャンペーン対象なのが嬉しいですね。

キャッシュバック金額は、以下のようにどれを買っても同じだけもらえます。

購入合計額キャッシュバック
50万円以上500円
100万円以上1,000円
200万円以上2,000円
300万円以上3,000円
400万円以上4,000円
500万円以上5,000円
600万円以上6,000円
700万円以上7,000円
800万円以上8,000円
900万円以上9,000円
1,000万円以上1,100万円未満10,000円
以降、+100万円ごとに+1,000円

一方で、SBI証券を使う場合の注意点は以下の通りです。

  • 締め切りが早い
  • 約定金額が合計50万円未満はキャンペーン対象外
  • 期間中でも予告なくキャンペーンを内容変更・終了・延期する可能性がある
  • 金融商品仲介業者経由で取引している顧客はキャンペーンの対象外
  • キャッシュバック金額が上限25万円なので、購入金額にも上限がある

SBI証券は他の金融機関よりも条件がかなり厳しめなので、キャンペーンを利用する際には事前の確認が重要ですね!

個人向け国債はいつ?どこで?買えるのか

いつ?→募集期間中しか購入できない!買うなら早めに!

個人向け国債は毎月発行されますが、いつでも買えるわけではありません。

募集月募集期間発行日
8月債令和元年8月5日~30日令和元年9月17日
9月債令和元年9月5日~30日令和元年10月15日
10月債令和元年10月3日~31日令和元年11月15日

募集期間は、財務省HPの発行スケジュールで随時アップされますから、毎月チェックしてくださいね。

特に、新規口座開設が必要なら募集が始まる前からどんどん準備していきましょう!

募集期間内に最後まで手続きをしないと、個人向け国債は発行されないのでスピードが大事です。

どこで?→金融機関店舗、一部ネットでも購入可能

個人向け国債は大きく分けて、5か所で購入することができます。

  • 銀行、ゆうちょ銀行
  • 信用金庫、信用組合、労働金庫、JA
  • 証券会社
  • ネット証券会社
  • ネット銀行

店舗のある金融機関や証券会社なら、そのほとんどで個人向け国債を扱っていると考えて大丈夫ですよ。

ただし、銀行などを仲介して証券会社のキャンペーンに乗っかることは、出来ない場合がほとんどなので気をつけてください。

キャンペーンに参加したいなら、実施している証券会社から直接、個人向け国債を買ってくださいね!

ネット証券会社とネット銀行ですが、この2か所は個人向け国債を取り扱っているところと、扱っていないところにわかれています。

具体的には、財務省HPにあるインターネット等による購入が可能な取扱金融機関一覧で見ることができるので、募集期間と合わせてチェックしてみてください!

なぜ個人向け国債のキャンペーンがおすすめなの?

ここまで個人向け国債のキャンペーンについて紹介してきましたが、金利がこれだけ低いのにおすすめするのかと思ったかもしれませんね。

個人向け国債の利率自体はとても低く、ずっと預けるのであればそこまでおすすめできません。

ですが、個人向け国債は発行から1年後であれば売却できます。

キャッシュバックをもらった後になるため、その時点で換算すると利率が良くなりますよ!

さいごに

ネット取引で手軽に個人向け国債を購入できる場合でも、あらかじめ顧客登録が必要であったり、プレゼント金額を入金する普通口座を開設しなければいけなかったりと、必ず一定の手間と時間がかかってしまいます。

個人向け国債を始めてみたいと思ったら、その日から各証券会社のキャンペーン情報を比較し、決めたら早めに口座開設の準備を始めてくださいね!

とりあえず口座を作っておけば、キャンペーンが始まったタイミングですぐに乗っかることができますよ。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

齋藤 めぐみ

1990年生まれ、2児の母。銀行勤務を経てフリーライターになりました。少額投資で日々ちまちまと資産形成中です。Twitter:@nomado_saimegu

執筆メンバの一覧を見る