一人だけ「プライム会員」と「Amazonプライム家族会員」家族で使うならどちらがお得か比較してみました

スポンサーリンク

こんにちは!

ライターの森山です。

普段からよくAmazonを使うのですが、Amazon会員になることでよりお得にサービスを受けられますよね。

たとえば、Amazonプライム会員(以下、本会員)というサービスは、年間3,900円でいろいろなことができます。

代表的なところで、以下のサービスがありますよね。

そしてAmazonプライムには、「Amazonプライム家族会員」というサービスもあります。

現在、既にAmazonプライム家族会員になっているのですが、今まで以上に家族でAmazonプライムの特典を使いこなせるように、お得な方法を我が家で探ってみました。

ノマド的節約術 Amazonプライム会員と家族会員どちらがお得か比較してみた

Amazonプライム家族会員とは?

Amazonプライム家族会員(以下、家族会員)とは、本会員と同居する家族が2人まで登録できるサービスです。

ですが、使えるサービスはかなり限られたものになってしまいます。

  • お急ぎ便が使える
  • お届け日時指定便が無料
  • 特別取扱商品の取扱手数料が無料
  • プライム会員限定先行タイムセールに参加できる

家族会員が使えるサービスはこれらのみ。
本会員ような、盛り沢山な特典はありません。

そこで今回は、Amazon規約を読み込んで、プライム本会員は1家族に1人で足りるのか、それとも家族会員になった方がお得なのか、調べてみることにしました。

家族会員になるのと、1人だけ本会員にするのはどちらがお得?

(1) 1人の本会員アカウントで、プライムビデオは2人同時に視聴することができる

家族会員のアカウントでは、ビデオやミュージックを見放題という特典は利用できません。

ですが、プライム本会員のアカウントを使えば、2人それぞれ同時に別のビデオを視聴することができるのです。Amazonビデオ使用規則にはこう書かれていますね。

お客様は、ダウンロード可能なビデオを、同時に2台の端末にダウンロードできます。お客様がすでに2台の端末にビデオをダウンロードしている場合、いずれか一方の端末から削除しない限り、そのビデオを別の端末にダウンロードすることはできません。どの時点においても、お客様の‪Amazon.co.jp‬アカウントに関連する端末にダウンロードできるビデオの合計数は25本までとします。

引用元:Amazonビデオ使用規則より抜粋

ダウンロードは25本まで可能、ということはダウンロードして端末に保存しておけばWi-Fiがない場所でも視聴できるので、車の中や出先でも安心して観ることができます。

そしてストリーミング再生も、「同じビデオを2つ以上の複数端末で」というのはできませんが、「2本の違う映像を同時に再生することはできる」ということになります。

加えて、プライムビデオでダウンロードしたビデオについては、このような規則もありました。

お客様は、プライム・ビデオでダウンロードしたビデオについて、通常30日以内に視聴を開始しなければならず、視聴を開始した場合、通常48時間以内に視聴を終了しなければなりません。

引用元:Amazonビデオ使用規則より抜粋

「30日以内に視聴開始、48時間以内に視聴を終了」というのも、普通は観始めたら48時間以内には見られると思うので大丈夫でしょう。

プライムビデオ
↑ プライムビデオを再生しているところ ↑

(2) プライムミュージックは使いづらい?同時ストリーミングは1台のみ

本会員のアカウントを使えば、プライムビデオを2人同時に観られることはわかりました。

ですが一方で、プライムミュージックは、1アカウントで同時にストリーミング再生を使えるのは1台のみの端末になります。

我が家では「まずストリーミング再生をして聴き流し、気に入ったものだけをダウンロードする」という使い方をするのが多いです。

そのため、ラジオのようにランダムにいろいろな曲を流し聞きしたい場合、家族会員だと「別端末で使用している間は、プライムミュージックのストリーミング再生を自由に行うことができない」という縛りが生じます。

私の家では、夫が本会員で、私が家族会員に登録されています。

例えば、本会員である夫が、彼自身のアカウントでAmazon Fireでプライムミュージックを聞いている場合、家族会員である私は、彼と同時に自分のiPhoneでプライムミュージックで音楽を聞こうと思ってもできないということになるんですよね。

Amazon Fireで音楽を聴いているところ
↑ 夫がAmazon Fireで音楽を聞いているところ。この間、私はプライムミュージックは聞けません。 ↑

これには、少々不便に感じることが多いです。

音楽をダウンロードしてしまえば良いのですが、プライムミュージックは「クラウド保存」と「端末保存」に分かれていて、すべて手動で設定する必要があります。

もしダウンロードした場合、家族会員も本会員のアカウント容量を使うことになり、全てが一括共有になります。

好みの音楽が違うと、端末を共有している場合は、誰かが「私の好きな音楽をダウンロードする容量がない!」ということになりかねませんので、注意が必要です。

そのため、私は夫のアカウントを使って家で映画を観ていますが、音楽を聴こうとすると1端末でしか利用できず、使うタイミングが被ってしまうことも多いとストレスになるため、我が家ではプライムミュージックは使用していません。

(3) 家族会員がKindle本を多く持っている場合は?

本会員と家族会員の使い分けで、1番問題なのは、Kindle本です。

我が家では、夫はほとんどKindleを買っていないのですが、私がたくさん買っているので、Fireなどの端末を使う時に毎回、夫から私のアカウントに切り替える必要があります。

そもそも「FireならiPhoneより本が読みやすくなるかもしれない」と考えてFireを購入したのに、アカウントの切り替えという一手間のおかげで、ストレスを感じることも多々あります。

私のKindle本をすべて夫のアカウントに移行できれば良いのですが、調べてもやはり「譲渡はできない」とのことでした。

本会員になれば、年間3,900円(月間だと325円)で、このアカウント切り替えのストレスから解放されるなら、いっそのこと私も今持っている本を読み切るまでの間だけでも、本会員登録をしてしまった方が良さそうな気がしてしまいました。

おまけ:学生ならAmazon Studentがお得!

家族会員のみのアカウントでは、プライムビデオやプライムミュージックのサービスは受けられないと書きました。

ですが、学生にはAmazon Studentというサービスがあります。

これは年会費が本会員の半額の1,900円、月にすると159円で、本会員よりもお得なサービスを受けられるというものです。

  • 登録後6ヶ月間は月額無料
  • 新規加入で1,000円分のポイントプレゼント
  • 1年目は月額900円でプライム特典をすべて受けられる
  • 本(漫画や雑誌以外)を購入時に10%ポイント還元
  • 友達を紹介すると1人につき1,000円分のクーポンプレゼント

これらは、学生のみうけられるサービスです。

日本国内にある大学、大学院、短期大学、専門学校、高等専門学校の学生で、以下がそろえば最大4年間はAmazon Studentのサービスを受けられます。

  • 学校のメールアドレス(‪ac.jp‬などで終わるメールアドレス)
  • 学生番号
  • 学生証(在学証明書)
  • クレジットカード

これは素晴らしいですね!

参考:Amazon Studentの詳細はこちらが詳しいです

Amazonプライム会員の契約で注意したいこと

本会員になる際に注意したいことは、契約期間の更新です。
本会員は、1年単位の契約になります。

入会後の30日間は無料ですが(「1ヶ月後」ではないので要注意です)その期間が終わると、自動的に有料の本会員に登録され課金されていきます。

そして有料会員になってから、一度でも特典を使ってしまうと退会しても返金されません。

無料期間を始めて「まだ会員になるかどうかわからない」という場合は、最初に設定画面から、契約の自動更新をオフにしておいた方が良いでしょう。

プライム本会員とAmazonプライム家族会員について調べ直した感想

改めて調べてみると、プライム本会員と家族会員の受けられるサービスには、やはりかなりの差がありました。

ですが、ここは使い方によると思うのです。

本会員ではなく、家族会員だけがKindle本を買っている場合は、いっそのことその家族会員を本会員に切り替えてしまった方が良いかもしれませんね。

うちは夫の契約更新日が過ぎたばかりなのと、「変えるのが面倒くさい」と言われたので、もうしばらく夫のみ本会員で、私が家族会員として使用し、このまま様子見ようと思います。

というのも一家に本会員が2人いるよりも、使い方のコツも、探せばもっと出てくるかもしれないからです。

本会員と家族会員のサービスを比較しながら、ベストな使い方を今後も探っていきたいと思います。

Amazonプライム会員になるにはこちらから

おまけ:Amazon利用者が見ておきたい記事のまとめ

スポンサーリンク

この記事を書いた人

森山愛美夏

CM音楽、作詞作曲、歌手、翻訳、ライター、料理講師。 卵乳アレルギーの8歳と1歳の母。出産を機に自分も同じアレルギーを持っていたと知り、卵乳製品を使わない料理やマクロビオティックを実践。中医学(薬膳)も学ぶほぼベジタリアン。作詞作曲業、執筆業のかたわら、さまざまな自然酵母のパンと焼き菓子、妊娠出産授乳期の食事、菜食と肉食ごはんの同時レシピ、アレルギー対応食などを専門としている。

執筆メンバの一覧を見る

このページをシェアする!