安くて丈夫なIKEA(イケア)のポエングは長く使える定番のアームチェア。クッションの交換も簡単です

スポンサーリンク

こんにちは。「4人家族のお金が貯まる暮らし方。」の小松ゆみです。

わが家で大活躍中の、IKEA(イケア)のポエング
ひとり掛け用のイスなのですが、座り心地がとてもよく、家族みんなで取り合いになるほどです。

IKEAのポエング

IKEAのポエングは、日本人デザイナーが参加しているチームが考案したもので、1977年に初めて発売されました。

かれこれ40年以上も愛され続けている、歴史のあるイスなんです。

ポエングは、子どもたちも含め、家族全員がよく使っています。

クッションがかなり汚れてしまい、部分的に破れてきていたのでクッションだけ買い替えることにしました。

IKEAのポエング

IKEAのポエングの選び方

IKEAの魅力は、パーツを組み合わせて、じぶんの好みにカスタマイズできるところ。

デザインや色違いのパーツを買って交換すれば、簡単にインテリアを変えることもできます。

ポエングも、脚×クッションの組み合わせで雰囲気がずいぶん変わってくるので、好みのポエングに仕上げることができます。

IKEA店内にあるポエングコーナー

店内にはいろいろな組み合わせのポエングが置いてあるので、実際のものを見ながらじっくり検討できます。

IKEAでは実際に座って、カバーの感触や座り心地も確かめることができますので、どんどん座って試してみましょう!

脚の形状とクッションの組み合わせで値段も変わります

脚の形状

ポエングの脚の色は3種類あります。
形はアームチェアロッキングチェアタイプの2種類あります。
 
下段にある脚は、フットスツールのもの。

フットスツール

ポエングとセットで使えるようになっています。

今回はクッションだけの買い替え。
見本が並べてあります。

ポエングのクッション

生地の素材も値段もさまざまです。

これまで使っていたクッションは、いちばんオーソドックスでお手頃なタイプ。
2,990円ランスタ・ナチュラルでした。

せっかくなので色は全然違うものを選びたいのと、素材も少しかためが良さそうということで、6,990円フィーンスタ・グレーを選びました。

フィーンスタ・グレー

落ち着いた色合いです。
わが家のインテリアは白系が多いので、引き締めポイントになりそう。

ポエングのクッションを取り替えてみよう

ポエングの脚の組み立ては、付属の六角棒スパナと、電動ドライバーで組み立てました。
クッションの交換はとっても簡単です。

交換作業は簡単

ベリベリっとはがせば完了です。
背もたれ部分にマジックテープが貼り付けてあり、そこで止めてあるだけというシンプルさです。

骨組み

骨組みだけになりました。

この状態をみて、一瞬、なんて安っぽい・・・これで本当に長く使えるのだろうか?と不安になったのを覚えいてます。

しかし、見た目に反してかなり丈夫。
かれこれ数年間使い続けることができていますし、子どもが2人いっしょに座ったりしていますが、壊れたことはありません。

IKEA店内では、実際の耐久テストを実践して見せています。

ポエングの耐久テスト

負荷テストを何千回も繰り返しているそうですよ!

クッションの交換は簡単!マジックテープで止めるだけ

袋から出したら、バサッと置くだけです。
マジックテープ部分にしっかりくっついていることが確認できたら完了です。

落ち着いた色合い

白いクッションのときと違い、落ち着いた雰囲気になりました。

クッションは、なかのスポンジが取り出せるので、カバーを洗うことができます。

簡単に洗える

クッションごとに違いがあります

ちなみにこれまで使っていたランスタ・ナチュラルと、フィーンスタ・グレー、どこが違うのかというと、ヘッド部分に違いがあります。

ランスタ・ナチュラルは、2つに折れるような形になっています。

ランスタ・ナチュラルのヘッド部分

ゆったりともたれてくつろぐのに心地よさを感じます。
なにより値段も安く、柔らかめの生地です。

フィーンスター・グレーは、がっちりした印象です。

グレーのヘッド部分

くつろぐというよりも、パソコンをしたり、本を読んだり、下を向いて作業をするときには、ちょうどよいなぁと感じました。

くつろぐ夫

夫もよくくつろいでいます。
大人1人が、ゆったり座れるサイズ感もちょうどいいですよね!

ただ1つ残念なところは、背もたれのおしりに近い部分。

背もたれ部分

以前のランスタ・ナチュラルは、背もたれに沿ってクッションもフィットしていましたが、今回買ったものはクッションが固いのもあり、どうしても背もたれのおしりに近い部分に隙間ができてしまいます。

使っているうちになじんでくるのを期待したいところ。

クッションの硬さにも近いがあるので、購入される際は、実際に触って確かめてみてくださいね!

フローリングで使うときは傷に注意

ポエングをフローリングで使う場合、傷対策が必要です。

脚の裏の部分

脚が床と接地する部分に、ホームセンターなどに売ってある、傷防止のテープなどを貼っておくといいですよ!

ポエングのコンパクトさと価格が魅力

わが家は、ポエングを購入してから、大きなソファを売却して手放しました。

もともとマンションなので、リビングもそこまで広くありません。

ポエングのような小さなソファを利用すれば、部屋も広々と使うことができます。

大型のソファは移動がとても大変ですが、ポエングであれば簡単に移動させることができるので、リビングの掃除もラクになりました。

また何と言っても、ポエングは価格が魅力的。
いちばん手頃なクッションと合わせれば、セットで6,990円です。

座り心地が良いのに1万円以下。
夫婦で1脚ずつほしいくらいです。

わたしが今回購入したクッションは少し高いものですが、アームチェアといっしょに購入しても10,990円です。

お値段的にも、使い心地にもとても満足しているので、購入してよかったなぁとつくづく感じています。

IKEA家具の購入を検討されている方、ソファ選びに悩まれている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

ポエングはAmazonでも買うことができます。

わたしが他におすすめしているIKEA家具は、こちらの記事で紹介しています。

ノマド的節約術では、IKEAで安く買い物する方法も紹介しています。

その他、IKEAに関連する記事は、以下のページが探せますよ。
参考:IKEAに関連するブログ記事一覧

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

小松 ゆみ

1980年生まれ。千葉在住の家計&貯金ブロガー。4人家族のお金が貯まる暮らし方。というサイトを運営しています。 貧乏生活、浪費、借金など、お金の失敗をたくさんしてきました。その失敗から這い上がり、怒涛の貯金生活を送っています。ファイナンシャルプランナーの資格を取得し、日々「お金」について勉強中!

執筆メンバの一覧を見る