P-one Wizで海外キャッシングしたお金を早期返済する方法

スポンサーリンク

ニュージーランドに行った時に、ATMからキャッシングしました。

その時に使ったクレジットカードがP-one Wizです。

キャッシングしたら、そのあとは返済しないといけませんよね。

引き落とし日まで待っていると、利息がその分かかってしまうので、早期返済してみました。

初めてのことで勝手がわかりませんでしたが、なんとか返済できましたので、やり方を残しておきますね。

P-one Wizで海外キャッシングしたお金を返済する

ポケットカードお客さまセンターに問い合わせする

まずは、ポケットカードのお客さまセンターに問い合わせしましょう。

電話番号は、ポケットカードのお問い合わせページに書いてありますよ。

電話して、キャッシングしたお金を返済したいと伝えると、こちらの情報を確認した上で返済情報を教えてもらえます。

銀行振込でしか返済に対応していないので、面倒ですが振り込みが必要になります。

振り込みする時は手数料がかからない銀行を使おう

振り込みする時ですが、振込手数料を払ってしまうと、せっかく早く返済しているのに損した気分になりますよね。

返済時は、振込手数料がかからない銀行を使うようにしましょう。

私は住信SBIネット銀行を使って振り込みました。

振り込みの証拠は以下の通り。

P-one Wizでキャッシングしたお金を返済した時の記録

返済する時の依頼人名に、名前だけでなくそのあとに和暦の生年月日を入力するように言われたので、忘れないように気をつけましょう。

キャッシングしたお金は15,958円で、返済額は16,204円なので、利息は246円になります。

3/5に借りて、3/11に返済しました。

ネットから返済できるクレジットカードの方がいい

電話で返済方法を確認するのはかなり面倒です。
今回電話した時も通話時間が4分50秒かかりました。

その時間と通話料がもったいないですよね。

海外に行った時、クレジットカードでキャッシングして、すぐに返済しようと思っているのであれば、ネットから返済手続きができるカードを選ぶのがおすすめですよ。

エポスカードやセディナカードであれば、キャッシングしたお金をネットから返済できますので、手間がかなり省けます。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。
詳細プロフィールは別ページにあります。お金に対する考え方・ポリシーはこちら。

執筆メンバの一覧を見る