無料ですぐ作れる!レッグウォーマーの超簡単な作り方を写真付きで紹介

山本 由美子の画像

妊婦にとって身体の冷えは大敵です!

最近出産した私ですが、妊娠していた時は「身体を冷やしちゃダメだよ」といろんな人に言われました。

このページでは、妊娠中の冷え対策に使っていた、手作りのレッグウォーマーの超簡単な作り方についてお伝えします。

家にあるものを使って手作りするので、お金も全くかかりません。0円です!

レッグウォーマーを手作りする方法

妊婦が身体を冷やさないために三陰交のツボを温める

介護ライブラリの山本です。

最近、無事出産しました。

出産したのは春だったので、寒さを感じることはなかったのですが、妊娠中は冷え対策に苦労しました。

特に私は、もともと冷え性なので、冬はもちろんちょっと温かくなってきてからも、手先・足先の冷えが辛くて困ってたんですよね。

ズボンの下にタイツと靴下を重ねて履いたり、寝る時も靴下を履いて寝たりと、色々と冷え対策を講じてみました。

だけど、靴下の2重履きや、就寝中の靴下は足が窮屈で、余計に血行が悪くなってしまうような気がするんですよね。

しかも、きつい靴下は妊娠中のむくみも悪化させてしまいます。

そこで、マタニティヨガの先生に教えて貰ったのが、レッグウォーマーを使って、冷え性のツボを温める方法です。

三陰交(さんいんこう)というツボを聞いたことはありませんか?
冷え性やむくみに効くツボとして有名です。

ツボの場所は、足のくるぶしから指4本上にあがったところにあるんです。
妊娠中は、この三陰交を温めると冷え対策になります。

冷え性のツボ

とはいっても、私の持っていたレッグウォーマーはかなりタイトで、足首からふくらはぎをガッチリガードするものでした。

これじゃあ、いくらなんでもきつ過ぎる!

だけど、妊娠中に使うためだけにわざわざレッグウォーマーを買いに行くというのも面倒くさい。

そこで、ちょいゆるレッグウォーマーを手作りすることにしました!

超簡単なレッグウォーマーの作り方

用意するのはこちら。要らなくなった旦那さんの靴下です!

自分のではなく、旦那の靴下、というのがポイント。
メンズソックスを使うことで、ぴったりフィットしすぎない、ちょいゆるレッグウォーマーができますよ。

レッグウォーマーの作り方

作り方は簡単。
旦那さんの靴下を真っ二つに切るだけ!
はい、出来上がり。

レッグウォーマーの作り方

もちろん使うのはこちら、靴下の上の部分です。

レッグウォーマーの作り方

足にはめてみると・・・こんな感じ。

レッグウォーマーの作り方

これで、三陰交のツボをしっかりカバーすることができますね。
靴下の厚さを変えるだけで、いろんな季節に合うレッグウォーマーが作れます。

このレッグウォーマーなら足首を締めつけずにゆったり身に着けることができますよ!

レッグウォーマーを作った後の余りは雑巾拭きに使ってムダなく

レッグウォーマーを作った後、余った足先の方は、どうなるのか気になりますよね。

これはそのまま捨ててしまうのではなく、雑巾にします!
両手にスポッとはめるだけで、フローリングの水拭きができますよ。

靴下雑巾

実は、雑巾がけは安産にも良いのです。
赤ちゃんが出てきても良い36週以降になったら、靴下雑巾を手にはめて、しゃがんだ姿勢でフローリングの水拭きをしてください。

しゃがんだ姿勢での雑巾がけは、かなりつらいですが、赤ちゃんが降りてきやすい姿勢でもあります。

なので、レッグウォーマーを作った後、靴下雑巾は36週まで取っておいて、雑巾がけも試してみてくださいね。

ちょいゆるレッグウォーマーは、夏にもおすすめです!

冷え対策と言うと「冬」というイメージですが、最近は夏の冷房による冷えも気になりますよね。

また、夏でも素足でいると、足先って結構血行が悪くなっているもんです。

妊娠中は靴下を履いた方がいいかなあ?でも暑いなあ・・・。
と悩んでいた私ですが、レッグウォーマーを作ってからは毎日これを身につけていました。

フローリングを素足でペタペタ歩きたい!
っていう方にも、足首だけ冷えから守るレッグウォーマーはおすすめですよ!

おまけ:妊娠中の方におすすめな記事の一覧

妊娠中の方に向けて、合わせて読んでおくとおすすめな記事の一覧を用意しました。

何かと気になることも多いと思いますので、少しでも不安解消に役立てればと思います^^

子育て中のお金の話はこちらで。