みんなはどう思ってるの?じぶん銀行の評判・口コミまとめ

スポンサーリンク

三菱UFJ銀行系列のネット銀行であるじぶん銀行。私自身も口座開設して利用しています。

私はサブの銀行として利用していますが、人によってはじぶん銀行がピッタリということで、自分にはこれが最高!という方もいるでしょう。

でも、どう思っているのかは人それぞれなので、実際にじぶん銀行を利用している方に、意見を聞いてみました。やはりいろいろな回答が集まって、考え方次第なんだな〜と思いましたよ。

この先で、じぶん銀行利用者のクチコミを紹介していますので、じぶん銀行が気になっている方は参考にしていただければと思います。

じぶん銀行の評判とクチコミ

じぶん銀行についてもっと詳しく知るなら、以下のページを合わせて読んでみてください。これは私の主観も混じっていますけどね。

質問内容

じぶん銀行の使用感を聞くにあたって、以下の質問をしました。これより先にクチコミ内容を一覧で載せていますが、これらの質問に対する回答が基本的には網羅されているはず。

  • メインで使っている銀行はどこですか?
  • じぶん銀行と他の銀行をどのように使い分けていますか?
  • なぜじぶん銀行の口座を開設(申込み)しましたか
  • じぶん銀行を使う前と 使った後を比べて便利に感じたことは何ですか?
  • じぶん銀行に改善してほしいことはありますか?

クチコミ内容

スマホでの通販だけに利用している37歳女性

メインバンク:親和銀行

メインとサブの一番の違いは自分にとって身近で便利な存在であるかどうかです。

地元にある銀行の方が何かあった時にもすぐに対応していただけますし、給与や携帯・クレジットカードの引き落としなど、生活のこまごまとした面において、やはり直接窓口で対応してもらえる銀行の方が安心です。

じぶん銀行はauを長年使っているので口座は作りましたが、スマホ経由で通販したお金を振り込んでおくぐらいしか活躍していません。

じぶん銀行に口座開設したきっかけは、まずは自分が長年auユーザーだからということと、ある日明細書と一緒にじぶん銀行の申し込みPR用紙が送られてきたのです。

確かそのPRチラシに、今入会すれば500円程度のauポイントをプレゼントしますと書かれていたので、携帯経由で申し込みをしたかと思います。
持っていれば便利かな?とは思いましたが、そこまで利用していないのが現状です。

私がメインバンクとして利用しているのは、地元の銀行である親和銀行とゆうちょ銀行・楽天銀行なのですが、とりあえずじぶん銀行を作ってはみたものの、最初に少々利用しただけで現在はそこまで利用している状態ではありません。

使う前と使った後でもそう変化はなく、ある意味一番利用しているのはゆうちょ銀行と楽天銀行なので、そこまで変化はないですね。

じぶん銀行はこのアンケートで持っていることを思い出したくらい、疎遠になっていました。
作った時は持っていると何かに使うこともあるかも?と思っていたのですが・・・。

最初のキャンペーンがされていた時はテレビCMなどで見ることもありましたが、現在ではauユーザーでも持っていることを忘れている方も多いのでは?と思うくらい、パッと聞かなくなってしまったので、楽天銀行のようなPRが必要なのでは?と思います。

家族に勧められて使い始めたという26歳女性

メインバンク:都市銀行

メインの銀行は給与の振り込みや公共料金、クレジットカード、ローンの引き落としなどに利用しています。
じぶん銀行は浮いたお金をへそくりとして貯金するのに利用していますね。急な出費があるときはじぶん銀行から引き落とすことも。

メインの銀行は通帳があってきちんと記録を残すようにしているが、じぶん銀行はいついくら下ろしたなどの管理はいっさいしていません。

学生のころから家族みんなauの携帯を持っていて、あるとき親からじぶん銀行を開設するように言われて開設しました。(確かその時開設するとポイントがつくから開設するように言われたかな。)

じぶん銀行はセブンイレブンのATMから引き出すときに手数料がかからないし、振り込みも都市銀行より楽で、携帯でじぶん銀行のアプリもあって便利、という利点もあったので後押しになりましたね。

じぶん銀行は私にとってはじめてのネット銀行です。
都市銀行は18時以降や土日祝日はATMの手数料が発生するのに対し、じぶん銀行は回数制限は夜中でも土日祝日でも手数料がかからず利用できることが便利に感じます。

また、じぶん銀行のアプリで入出金の管理などができるのがいいですね。今は携帯もパソコンと同じように扱えるが、ガラケーだった時はパソコンじゃなくても携帯で見れるのがよかったです。

他社の携帯でもauと同じような使い勝手で利用できるようになればいいと思いました。
じぶん銀行を開設した当時はauの携帯であったが、今はメインでドコモの携帯を使用しており(auの携帯も所持)、じぶん銀行のアプリがとれなくなったので不便です。

その後、他のネット銀行も利用するようになり、じぶん銀行の利用頻度はかなり少なくなりました。今じぶん銀行のほかに使用しているネット銀行もATM手数料無料だったりするので、auユーザーではなくなった今はあまりじぶん銀行に魅力を感じなくなってるのが現状です。

38歳男性

メインバンク:三菱UFJ銀行

じぶん銀行は主にネット関連の決済などに使っています。アマゾンでの買い物が多いのでその決済はほとんどがじぶん銀行ですね。ほとんどの操作がスマホでできるので便利です。

それと、メインの銀行とじぶん銀行で生活費と趣味に使うお金を分けて入れておけば、お金を使いすぎて生活費が足りなくなるなんて事がなくなり、じぶん銀行のお金が無くなったらそれ以上趣味にお金を使う事がなくなりますので自制できて良いです。

最初はアマゾンの決済に対応しているという事で口座開設申し込みをしました。

ネット銀行はすべたの操作がインターネットでできますし、メインの口座とじぶん銀行でお金を分けておけば、もしハッキングにあってじぶん銀行のお金が全て他人に下ろされてしまったとしても大金の入っているメインの口座は無事で済むというのも理由の一つです。

メインの口座でオンライン取引してハッキングされると生活費がすべてなくなってしまいますから。

お金を下ろせるATMが多いのが便利だと思いました。メインの口座よりも多いです。コンビニでお金を下ろせるのはもちろん、郵便局でも下ろせるのはとても便利。

振り込みも同じようにコンビニのATMや郵便局でできますので、地方に行った時など振込みやお金を下ろすATMを探すのがとても楽ですね。アプリで近くのATMを探す事もできますが、駅前に行けばほぼ下ろせます。出張時等はそれでだいぶ楽になりました。

メールでの問い合わせ時の返答が多少他の銀行より遅いと思います。文句を言うほどの遅さではありませんが、もう少し早いと嬉しいです。

あとは、土日祝日のお客さまセンターの電話の受付時間がもう少し長いと助かります。平日は20時までと長いので良いのですが、土曜などは仕事な事が多く17時までだとほとんど間に合いません。せめて19時くらいまで受け付けてくれるとありがたいです。

52歳女性

メインバンク:三菱UFJ銀行

三菱UFJ銀行との振込みが無料なので一時的にプールしたいときに使用しています。

口座開設キャンペーンで定期預金の利率が優遇されていたときに申し込みをしました。また、将来的に携帯電話をスマートホンにしたときに便利に使いたいと思いましたね。(現在はガラケー)

現在はまだ通常の携帯電話(ガラケー)のため、スマホを使った場合の利便性を知りません。

金利の表示は税引き前と税引き後の二行で表示してください。わかりにくいです。よろしくお願いします。

キャッシュバックやポイントで知らず知らず得していたという39歳女性

メインバンク:埼玉りそな銀行

auの支払いをau WALLET(先月まではじぶんカード)にしています。そのカードの引き落とし口座としてじぶん銀行を使っています。それ以外には一切使用していません。

引落し日前に、ATMから必要な額を入金します。引落し日を過ぎたら、家計簿をつけるので、きちんと引落しが済んだかを確認するためにログインします。なので、ATM出入金とログインして残高確認しかしてません。

au WALLETになる前ですが、auの電話料金の支払いをじぶんカードでして、そのじぶんカードの引き落としをじぶん銀行ですると、ポイントがたくさんたまるという事でしたので開設しました。

最初はふざけたネーミングだなと思っていましたけど、ポイントがたまるならと思って作りましたね。他人に「じぶん銀行」なんて名前を出すのも恥ずかしい感じでした。

気づいたらじぶんカードのポイントがかなりたまっていて、先日au WALLETに切り替えなければならないという時に初めて確認したら、数万円分たまっていました。

カード切り替えのタイミングで、じぶん銀行にキャッシュバックをしました。それだけでなく、毎月の利用でauのポイントもたまっていましたね。あまり考えずに利用してましたが、気づくとお得がたくさんあって良かったです!

今現在特に不満に感じていることはありません。
それでも何か1つ挙げるならば、「じぶん銀行」という名前を変えてもらえるといいと思います。もっとおしゃれな感じの方がいいかな。なんとなく間抜けな感じがしてしまうのは良くないかも。

今はかなり認知度も上がっていますが、開設した当時などはあまり認知されていないらしく、他人にいうのが恥ずかしいくらい間抜けな名前でした。

振込手数料の節約に使い始めたという20歳女性

メインバンク:三井住友銀行

ほかの銀行は家賃の支払い、光熱費の支払いをメインに使用しております。家賃の振込先がある銀行だったので、振込み手数料を節約するため同じ支店で銀行の口座を作りました。

じぶん銀行は生活費をいれてそこからその時々に必要な分だけ引き出すという形で使用しています。また貯蓄などもじぶん銀行の口座ですね。

わたしはスマートフォンを頻繁に使用するので、スマートフォンで取引ができるという点をもっとも重視しました。

数あるインターネットバンキングの中でじぶん銀行を選んだ理由は、様々なメリットがあるということを知ったからです。
まず金利や手数料の面でほかの銀行よりもお得だと感じます。また必要な時にいつでも使えるということが便利です。

手数料がほとんどかからないので、微々たる額ですがほかの口座を使うより節約になっていると思います。ネットショッピングの支払いにも使用できるのも便利ですね。

今までは代金引換で料金を払っていたので、よりスムーズにインターネット上での買い物ができるようになりました。スマートフォンでもパソコンでも利用できるので使ってみてとても満足です。

セキュリティがしっかりしているので仕方のないことなのかもしれませんが、お金をATMでおろす際に不便を感じることがあります。セキュリティ機能を外せば不便はなくなるのですが、万が一カードを紛失したときに不安です。

セキュリティ機能を付けたままでATMを利用するときに、もっと簡単に利用できるようになれば素晴らしいと思います。

じぶん銀行をメインに使っている23歳男性

メインバンク:じぶん銀行

給料受け取り用と生活費管理用に利用しています。その他にも貯蓄を心がけているのですが簡単に千円単位から定期預金を組むことができるのですぐにお金の余裕ができた時に貯蓄できるのが便利です。

それにWALLETカードを利用していることもあるので直接銀行からチャージできる銀行はじぶん銀行だけなのでその点もあって利用していますね。

当初、じぶん銀行からWALLETカードにチャージすると5%分上乗せでチャージできていたのでかなりお得になりますし、そのために口座開設しました。

その他にもauを利用していることによって、コンビニATMなどでも手数料を回収されることが無いので自分の持っている財産を減らされず管理できるということもあって魅力に思い申し込みしました。

口座からお金を下ろすときにau利用者であればプレミアムバンクが有効になって手数料がかからないという特典があるため、こまめに口座でお金を管理することができるようになったのが便利に思います。

それにWALLETカードに直接チャージできることで大きな買い物をする時でも現金を持たずに買い物ができるようになったので非常に便利です。

引き出すことができるATMが限られていることが一番困っています。

他行ATMなどでも引き出すことができるのであればかなり助かりますし、コンビニATMでほぼ全般引き出し可能なのは非常に便利なのですが、コンビニが無いところで金融金庫などのATMなどからから引き出せないなどの状況も考えられますし、やはり引き出しが可能なATMが増えてくれることが一番の望みです。

振込手数料無料に最大のメリットを感じている41歳女性

メインバンク:三菱UFJ銀行

auの携帯を使っているので、プレミアムバンク for auが適用になり、振込手数料が0円なので、メインで利用している三菱UFJ銀行から一旦じぶん銀行に入金し、そこから振込したい銀行に出金しています。大変便利に利用させて頂いていますよ。

また、au WALLETにチャージする際にも利用しています。今度金利が優遇されている定期にも申し込んでみようかと思っています。

auの携帯を使っているとプレミアムバンク for au というプログラムが適用になるので、メリットがたくさんあると思い開設しました。

じぶん銀行からの振込み手数料が無料になるのが、自分自身にとって最大のメリットです。株式投資をやっていて、口座間の資金移動を頻繁に行うため、その度に手数料がかかっていては困りますからね。じぶん銀行の口座を開設して大変助かっています。

じぶん銀行の口座を開設すると同時に、三菱UFJ銀行のネットバンキングにも申し込みをし、三菱UFJ銀行からじぶん銀行への振り込みが自宅で簡単に出来るように設定しました。

そしてじぶん銀行は、開設した時点でネットバンキングのように振り込みが出来るので、そこから振込したい銀行に手数料無料で振込できることがとても便利に感じています。

au WALLETへのチャージの増額についてですが、最初開設した時には増額キャンペーンをやっていてお得にチャージが出来たのですが、最近はFX口座開設等が条件になっており、なかなか利用できません。

なのでまた期間限定で、条件なしでチャージ額増額キャンペーンを行って頂きたいです。また、カブドットコム証券と三菱UFJ銀行の口座を持っていますので、グループとして連携してキャンペーンなどを実施してくれるとうれしいです。

様々な用途の引き落とし口座として利用している46歳男性

メインバンク:三井住友銀行

メインの給料の振り込み口座は、三井住友銀行を利用しています。そしてじぶん銀行は、auの携帯電話の料金、公共料金、保険、ネットショッピング等クレジットカートの決済口座として利用しています。

いざという時の蓄えや貯蓄用の口座としても利用しており、また電子マネーのチャージやカードローンの返済口座としても利用しています。

auの携帯電話を利用しているので、キャンペーンを利用して口座開設を申込みました。クレジットカードの還元率が上がるのと、クレジットカードで貯まったポイントをじぶん銀行ならキャッシュバック出来ることが、とても魅力に感じています。

また、一定回数引き出し手数料が無料な店や、カードローンの金利が優遇される点も申し込みの決め手になりました

インターネットを使って24時間、残高照会や振り込みが出来るのがとても便利です。セブンイレブンやファミリーマート等のコンビニでいつでもどこでも、入金や出金ができるので、とてもありがたく感じています。

あと、電子マネーにもチャージすることができるので、いざという時に頼りになって、とても安心できますね。

ネット銀行なので金利は高めではありますが、それでももう少し、金利がつく商品があるといいなと感じます。

パソコンでの利用制限があるのはいいのですが、時々パソコンでやろうとするとロックの解除が手間なので、もう少し煩わしくない方法があればいいなと思います。

全体として見ると、非常に使い勝手がいい銀行なので、これからも継続して利用したいと思います。

へそくり用の口座として利用している40歳男性

メインバンク:三菱UFJ銀行

メインバンクは給料振込口座にして、貯蓄や生活費などをさらに別の2つのネット銀行に振り分けています。片方は引き落とし用で、もう片方は自分の娯楽や、友人への振り込み口座として使用しています。

じぶん銀行は、そこからやりくりしてなんとか余ったお金をコツコツためていく、へそくりの為の口座として利用しています。

じぶん銀行の口座を開設したきっかけは、ポイントサイトに掲載されていて、ポイント欲しさに申し込みをしただけでした。その時はauの携帯電話を使っていたので多少優遇される部分もあり、魅力に感じたからです。

あとはもう一つは、ネット銀行に疎い嫁にバレないような、へそくり用の口座を持ちたいタイミングとピッタリ合ったからです。

スマホのアプリを開いてログインのが短いアプリパスワードなので忘れてしまう事がありません。そして、ATMの手数料がかからない回数がはっきりと決まっているので、計画的に入金しやすいです。

通帳を手元に置いておく煩わしさもなく、引き出した時にもすぐにメールが来ます。セキュリティもしっかりしてそうなので、安心して預けられます。

自分は以前、auの携帯電話を使っていたので優遇されていた部分があったのですが、今はNTTドコモに変えてしまったので、何もなくなってしまいました。

auと繋がりがあるのは了解はしていますが、他のキャリアでも何かキャンペーン的なものがあればいいと思います。あと 、ゆうちょ銀行でATM手数料無料の入出金回数をもう少し増やしていただければありがたいです。

FX口座への入金に利用している27歳女性

メインバンク:ゆうちょ銀行

じぶん銀行は主に、定期預金の利用で使用しています。なので、あまりお金の出し入れはしないです。

他の銀行では給与振込や引き落とし、他行への振り込みなど、お金の動きが多いです。特にゆうちょは、土日でも引き出しの手数料がかからないので、土日に引き出したい時はゆうちょを利用しています。

そして他に利用しているネット銀行では、ネットショッピングの振り込みなどで利用しています。

もともとauのユーザーだったので、自分銀行を利用すると便利かなと思って口座を作りました。また、じぶん銀行が初めてのネット銀行でした。

わたしはFXを利用しているのですが、ネット銀行だとFXの口座にお金をすぐに入れられるのが便利かと思ったのと、手数料が少し安いかなと思ったこと、そして、じぶん銀行は定期預金の金利がいいなと思ったので、口座を開設しました。

パソコンを開かなくてもスマホのアプリを使って、すぐに残高や定期預金の管理が出来るので便利です。あと、定期預金の満期になるとメールで知らせてくれるので便利ですね。

また、記帳をする必要も無く、入金もコンビニのATMを利用できるので便利です。そしてじぶん銀行の場合、ATMの手数料が月に数回は無料で出来るのが助かります。

特に強く改善して欲しいというものは無いですが、auユーザーじゃないとあまり利点がないなと感じます。なので、auを利用していなくてもポイントが付いたり何か特典があるとうれしいなと感じます。

また、じぶん銀行FXはスプレットが高いなと感じます。じぶん銀行を利用すればするほどお得になるようなサービスが欲しいなと感じます。

auユーザーへの優遇が決め手になった41歳男性

メインバンク:じぶん銀行

支払いの受け取りや、他の銀行で引き落としがあったら、じぶん銀行からその銀行へ資金を移動させています。じぶん銀行での引き落としは、auの携帯電話料金以外はありません。

じぶん銀行が出来た時に、auユーザーだったからなんとなく開設しました。しばらく放置していたのですが、auユーザーへの優遇っぷりがスゴいのと、au WALLETを使うようになったので、メインバンクとして利用するようになりました。

auユーザーへの優遇が半端ないですね。振込手数料無料、引き出し手数料無料は、爆発力十分です。au WALLETへ入金できるのも便利です。

惜しい点としては、引き落としできるサービスが限られていることでしょうか。引き落としできるサービスが増えれば、100%じぶん銀行に切り替えてもいいと思っています。

定期預金や長期の投資で利用している24歳男性

メインバンク:埼玉りそな銀行

メインで使用している埼玉りそな銀行は、クレジットカードの支払や生活費、通信費の引き落とし、また給与の受け取り用口座として利用しています。その使用方法の性質上、普通預金口座のみの使用が主となります。

じぶん銀行では、定期預金及び長期の投資(円定期預金・外貨定期等)を目的として利用しています。普通口座はまとまった現金の引き出し、預け入れ以外は使用していません。

円定期預金(3ヵ月もの)の金利上乗せキャンペーンが開催されていたので、申し込みしました。デフォルトで地方銀行の定期預金の金利より高い金利の円定期預金(3ヵ月もの)の金利が、さらに上乗せされるというバナー広告がきっかけでした。

また、auの携帯電話を利用しており、auユーザー向けのキャンペーンも期待して申し込みました。

魅力に感じているのは、高い金利で定期口座を組める点です。3ヵ月と短い期間ですが、継続させれば1年、2年…の定期預金と同等期間、利用できる点が便利に感じました。

3ヵ月おきに引き出せるので、地方銀行の1年、2年…の定期預金より便利であると思います。また、コンビニのATMから預け入れ、引き出しができるうえ、ひと月に制限がありますが無料で利用できる点も便利に感じました。

キャッシュカードの裏に暗証番号表、お客様番号、支店名を掲載するのは改善してほしいと思いました。これにあとパスワードがあれば口座へのログイン、お金の振込み、引き出し等々が可能となってしまうからです。

これらの情報は、キャッシュカードとは別の用紙やカードに分けて掲載してもらいたいと感じました。またじぶん銀行ホームページの金利一覧のページですが、1つのページにまとめるのではなく、ジャンルごとに分けて貰いたいと思いました。

携帯電話料金の支払いに利用していた45歳男性

メインバンク:ゆうちょ銀行

じぶん銀行では基本的には、携帯電話料金を支払うのみで、通常の買い物等は、キャッシュカードで支払っています。

キャッシュカードの引き落としはゆうちょ銀行にしていますので、手数料が一番安い時のみ、じぶん銀行を利用しています。他にも地方銀行を設定しているキャッシュカードもありますが、やはり購入の際にメリットがあるカードで決済しています。

携帯電話会社に薦められるままに口座を開設しました。キャリアがauだったので「auじぶん銀行」と言う名前でした。

携帯料金などをじぶん銀行で決済すると特典があったり、溜まったポイントを現金化出来たりと、魅力的な要素が沢山あり、「どうせ同じ金額を払うのだから、メリットが多い方が良い」と思い開設しました。

今はキャリアを変えてしまったのであまり使用しなくなりましたが、持っていて損はないと思い、口座はそのまま持っています。

確かにメリットも多いのですが、私は考え方が古い人間でしょう、店舗がなかったり、通帳がなかったり、何かあった時の対処方法は、どうすれば良いのか不安でした。

入出金も結局は、ゆうちょ銀行に行って操作していましたし、これならゆうちょ銀行のままで取引すれば良いのではないか?とずっと思っていました。

auで溜まったポイントを現金化するのにも、手続きが面倒であまり良い印象がありません。

手数料を安くして欲しいのと、提携先をもっと増やしてほしいですね。

家にオープンにしないへそくり口座として利用している42歳男性

メインバンク:三菱UFJ銀行

じぶん銀行は、まったくのプライベート用(家用ではないという意味で)で、小遣いの管理など、いわゆるへそくり口座的に使っています。コンビニでも引き落としや預け入れが簡単にできるので。

また、スマホアプリがあり、残高の確認などもすぐにできるので、まさに手元でやりくりができるものとしての位置づけです。他の銀行は家用なので、妻にもオープンになっています。

家にオープンにしない、いわゆるへそくり的な口座を持ちたかったので開設しました。また、もともと携帯電話がauでしたので、スマホアプリとの相性も良いかと思いまして。やはり即時性と利便性が一番の訴求ポイントでした。

また、セブンイレブンや郵便局でやり取りができるというのも、大きな要因にはなりました。

じぶん銀行を使う前は、私自身が所持する銀行カードはなかったのですが、じぶん銀行を開設したことで自分でカードを持つことができ、やりくりも自分でできるようになった点が便利かと思います。

何しろ、家にはオープンにしなくてよいし、わざわざATMに行かなくても携帯で残高確認、入出金管理などもできるのがとても便利です。

セキュリティの面では致し方ないかと思いますが、たまにATMに行って使用不可、となって焦ります。アプリから解除しないと使えないので。そのワンクッションが少し面倒かもしれませんね。

カード持っていたら、あとは暗証番号入れるだけでATMで引き落としができるようになるとありがたいなと思っています。

あと、じぶん銀行FXに入るときに、じぶん銀行のほうのログインをしてからでないと入れなかったりした記憶があるので、もう少し利用者の手数が少なくて済むようにシステム改良いただけるとありがたいです。

銀行の窓口で勧められて申し込んだ29歳女性

メインバンク:三菱UFJ銀行

じぶん銀行は、隠し口座で自分の為のへそくり用にしています。円預金も多少利用しますが、円預金はメインではなく、金利が高くキャンペーンをよく行っている外貨預金や、定期預金をメインに使っています。

あとは、振り込み手数料が安い気がして、時々利用しています。

他の銀行は生活費の引き落とし、クレジットカードの引き落とし、給料受け取り、日常の入出金に利用しています。

銀行の窓口で勧められて申し込みました。定期預金を作りに行ったのですが、あまりにも銀行の窓口の金利が低かったので、どうしようか迷っていたら、受付の方に勧められたんです。

じぶん銀行の定期預金は1円から出来て、銀行の窓口より金利が良いし、キャンペーン期間中でさらに金利がいいから、今始めるなら、そしてネット銀行に抵抗がないなら、絶対おススメだと言われました。

おかげでへそくりがしやすくなり、貯金がとても便利になりました。三菱UFJ銀行と提携を結んでいるため、振り込み手数料が0円なのは大変便利です。

私の場合、メイン銀行がUFJであるため、お給料やボーナスが入り、余裕がある月はじぶん銀行へ送金し、定期預金や外貨預金に預け替えをしています。

円預金にも少しばかりいれているため、そして、その存在を自分でも忘れているため、時々ふと財布の奥からじぶん銀行のキャッシュカードが見えると、メイン口座が足りない時にこちらから下ろして使ったりします。

ただ、ATMが使いづらい気がします。キャッシュカードも、キャッシュカードっぽくないので、他の銀行のようにICチップをつけて安全性も高めてほしいのと、もっとじぶん銀行自体の広告や宣伝をしてほしいと思います。

お財布の奥の方でキャッシュカードが眠っているので、存在を思い出させてくれるCMやDMなども打ち出して欲しいです。じぶん銀行は1つの銀行としてちゃんと成り立っていて、安全な銀行だというイメージがあまり感じられないので、その点も改善を希望します。

さいごに:やはりauユーザーはお得!

じぶん銀行の使い方をいろいろと聞いてみましたが、やはり人それぞれ違うものですね。

じぶん銀行はauと関連していることもあって、au WALLET関連の話題が多かったように思います。2014年の信じられないほどお得なキャンペーンもありましたしね。

現在もauユーザーであれば、他の携帯を使っているよりもお得に使えるようになっているし、ネット銀行としては優秀な部類に入ると思います。

私自身もメインでは使っていませんが、サブの銀行としていろいろな手数料の節約に使っていますよ。

じぶん銀行の詳細・申込はこちらから

じぶん銀行についてもっと詳しく知るなら、以下のページを合わせて読んでみてください。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。 詳細プロフィールは別ページにあります。お金に対する考え方・ポリシーはこちら。

執筆メンバの一覧を見る

このページをシェアする!