カーブス退会の手続き方法と、実際にカーブスを解約したときの注意点や流れと感想まとめ

玉村 あけみの画像

先日、2年続けたカーブスを退会することになりました。

退会理由は、手指のアルコール消毒で手荒れがひどくなってしまったことです。

コロナウイルスの影響で、カーブスへの入店時と退店時には手指にアルコール消毒液をすることになってしまいました。

肌の弱い人はアルコール消毒は強制ではないのですが、共有の空間ということもあり、他の人にも気を使いますよね。

カーブスは気軽に運動が出来て、気に入っていただけに退会するのは残念ですが、アルコール過敏症の私には消毒液は辛いので、退会をすることにしました。

そこでこのページでは、カーブスの退会方法や、退会のときに注意する点などについて詳しく解説していきます。

カーブスの退会方法は2種類

まず、カーブスの退会方法は2種類あります。

退会方法は以下の通り。

  • 通常退会(翌月末退会)
  • 特例退会(当月退会)

退会したいと思って退会届を出しても、すぐに退会することは出来ず、退会届を出した翌月になりますよ。

10月に退会届けを出した場合、11月末に退会ということになりますね。

ただ、特例退会の場合は当月で退会することができます。

特例退会は、怪我や病気などでドクターストップがかかってしまったなどの場合ですね。

私の場合はアルコール消毒による手荒れということで、コーチが特例退会を適用してくれましたよ。

アルコール消毒をするようになったのは、コロナウイルスの影響ですからね。

そのため、当月で退会することができました。

カーブスを退会する手順

カーブス退会書類01

カーブスの退会手続きは簡単ですが、退会手続きは必ず自分の通っている店舗でします。

電話や、公式サイトで退会の手続きはすることができません。

退会手続きの流れはこちらになります。

  1. 店舗でコーチに退会したいと伝える
  2. 別日に予約を取ってコーチと面談し、退会届けにサインをする

別日に面談を予約してからの退会はちょっと面倒ですが、私の場合明確な理由もあったため、手続は10分もかかりませんでした。

紙に署名するのではなくて、コーチがiPadを見ながら現在の契約内容や退会手数料について説明してくれますよ。

そのあと、注意事項について確認したらiPadに専用のペンで署名して終了です。

▼こちらは控えで、印刷したものをもらいました。

カーブス退会書類02

▼月会費は前払いではなく、翌月分にその都度支払いになっていたので、返金はありませんでしたよ。

カーブス退会書類03

カーブスとしては会員さんに退会はしてもらいたくないので、どうしても仕方のない病気などの理由以外は、コーチに引き止められるかもしれません。

辞めたい場合は、はっきりと辞めたい意思を伝えましょう。

カーブスを退会するときの注意点

カーブスを辞めたようと思ったときに、あらかじめ注意しておく点があります。

  • 退会届を出しても翌月分まで会費が必要
  • 12ヶ月お得コースは入会から1年以内の退会で違約金が発生する
  • 退会手数がかかる

では詳しく見てみましょう。

退会届を出しても翌月分まで会費が必要

通常退会の場合は翌月末が退会になるので、翌月も会費がかかります。

もちろん、退会まではいつもと同じようにカーブスを利用することができますよ。

とはいえ、退会申し込みしても翌月分も会費はかかるので、辞めたい場合はできるだけ早く手続きをしましょう。

12ヶ月お得コースは入会から1年以内の退会で違約金が発生する

カーブスの会員さんの多くは12ヶ月お得コースを利用しています。

12ヶ月お得コースは、1年間で契約することで定期コースに比べて毎月1,100円安くなるというもの。

カーブスの会費はこちら。

会費コース1ヵ月
定期コース税込7,370円
12ヵ月お得コース税込6,270円

1年以内で退会すると、毎月1,100円お得になった分、毎月の差額分を支払う必要が出てきます。

入会からの月数違約金
1ヶ月目税込1,100円
2ヶ月目税込2,200円
3ヶ月目税込3,300円
4ヶ月目税込4,400円
5ヶ月目税込5,500円
6ヶ月目税込7,700円
7ヶ月目税込7,700円
8ヶ月目税込8,800円
9ヶ月目税込9,900円
10ヶ月目税込11,000円
11ヶ月目税込12,100円
12ヶ月目税込13,200円

ただ、1年を超えると12ヶ月お得コースでも差額分を仕払う必要はありませんよ。

私も12ヶ月お得コースでしたが、入会して2年経っていたので、違約金はかかりませんでした。

もちろん、定期コースは違約金はかかりません。

退会手数料がかかる

カーブス退会書類04

退会するときには、退会の事務手数料が315円(税込)がかかります。

その場で支払うのでなく、入会時に契約した支払い方法で請求されますよ。

私はクレジットカードで支払いをしていたので、翌月に315円が引き落とされます。

再入会は入会金が必要になる

カーブスには休会制度はありません。

もしも再入会したい場合は、入会金がまた必要になりますよ。

ただ、妊娠、病気やケガ、新型コロナウイルスによる感染リスクの高い人は、特別休会制度が利用できる場合があります。

特別休会制度は、一旦退会してから再入会になり、再入会金がかからないようになっていますよ。

特別休会制度が当てはまりそうなら、利用できるかどうか退会する前にコーチに相談してみるのもいいかもしれません。

カーブスの入会金は16,500円(税込)が必要になるため、もしも再入会を考えているなら、特別休会制度を利用したほうがお金がかからない場合もあります。

さいごに

カーブス退会についてまとめてみました。

  • 退会手続きは必ず店舗で行う
  • 退会申し出から翌月末が退会日
  • 12ヶ月お得コースは入会から1年以内の退会で違約金が発生する
  • 人によっては特別休会制度が利用できる
  • 退会手数料がかかる

カーブスはできれば長く通いたいと思っていたので、残念です。

今後は自宅で筋トレなど出来ることをがんばりたいですね。

カーブスを退会しようと考えている場合や、事前に退会方法を確認しておきたい場合は、ぜひ参考にしてみてください。

この記事を書いた人

札幌でイラストレーター&Webライターをしています。2008年に離婚し中学生の息子を育てるシングルマザー。 昔からお金の使い方が下手で失敗は数知れず… ですがシングルマザーになったことをきっかけにお金について勉強するようになりました。 今は少額でできる運用や投資をコツコツとして、お金について考える日々。 記事ではイラストや漫画も使ってわかりやすく発信していきます。

玉村 あけみのプロフィール