払込取扱票で支払う方法を写真つきで解説!ゆうちょ銀行ATMだと手数料が50円安くなる

スポンサーリンク

先日、家に子どもの塾の受講料の請求書が払込取扱票(はらいこみとりあつかいひょう)と一緒に届きました。

久しぶりに払込取扱票を見ると、「あれ?どこでどうやって支払えばいいのかな?」と迷ってしまったんですよね。

支払うことはできたのですが、そのときちょっと手間取ってしまったんです。

私のように久しぶりに支払う場合や、初めて払込取扱票で支払いするとき、どうやって支払えばいいのか迷うこともありますよね。

そこでこのページでは、ゆうちょ銀行ATMで払込取扱票の支払い方法を画像付きで詳しく紹介していきます。

払込取扱票とは?

払込取扱票は、ゆうちょ銀行の窓口かATMで支払える専用の用紙のことです。

払込書といういいかたもしますね。

払込取扱票は他銀行で支払いすることはできず、ゆうちょ銀行のみの取り扱いになります。

ネットショップで商品を購入したときに一緒に送られてきたり、サービスを利用したときの請求書と一緒になって送られてくることがありますよね。

私が今回支払う払込取扱票は、子どもの塾の月謝です。

銀行口座引き落としの手続きが終わるまでの間は、払込取扱票で支払っていますよ。

他銀行やコンビニのレジで支払いができる、バーコードがついた払込取扱票のタイプもありますが、今回紹介するのはゆうちょ銀行のみの払込取扱票です。

▼こちらが実際のゆうちょ銀行の払込取扱票ですよ。

払込取扱票

右の点線の切込みがありますが、切り取らずにゆうちょ銀行に持って行きましょう。

切り取ってしまうとATMで支払うことができず、窓口での支払いのみになってしまいますよ。

払込取扱票で振込する場合の手数料について

払込取扱票を使って支払うときは、窓口・ATMのどちらも、金額によって手数料がかかります。

振込み手数料は以下の通り。

窓口扱いATM扱い
払込金額5万円未満200円150円
払込金額5万円以上410円360円

窓口で振込むよりもATMのほうが50円も安くなるし、わざわざ窓口で並ぶこともないので、ATMで支払うほうがお得ですね。

ゆうちょ銀行ATMで払込取扱票の支払いをする手順

ではここから、ゆうちょ銀行ATMで払込取扱票を支払う手順について説明していきます。

ATMで支払うときに必要なものは以下の通り。

  • 払込取扱票
  • ゆうちょ銀行の通帳またはカード
  • 現金

ゆうちょ銀行の通帳もしくはカードから支払うこともできますが、口座自体持っていない場合は現金で支払うこともできますよ。

▼まずは、ゆうちょ銀行ATMの前に立って「ご送金」を押します。

ゆうちょ銀行 払込取扱票画面01

▼次に「振込書でのご送金」を選びましょう。

ゆうちょ銀行 払込取扱票画面02

▼お知らせが出るので、読んだら「次へ」を押します。

ゆうちょ銀行 払込取扱票画面03

▼画面で、払込取扱票を入れるように指示されました。

ゆうちょ銀行 払込取扱票画面04

▼払込書と書いている部分に払込取扱票を入れます。
表面を上にして差し込みましょう。

ゆうちょ銀行 払込取扱票画面05

▼すぐに、払込取扱票が読み取られて画面に表示されましたよ。
内容が合っていれば、「確認」を押しましょう。

ゆうちょ銀行 払込取扱票画面06

▼払込先の確認をしてから「確認」で次に進みます。

ゆうちょ銀行 払込取扱票画面07

▼払込金額を入力しますよ。

ゆうちょ銀行 払込取扱票画面08

▼払込金額と、手数料が表示されました。「確認」を押しましょう。

ゆうちょ銀行 払込取扱票画面09

▼合計金額の確認画面になったので、「確認」で次に進みます。

ゆうちょ銀行 払込取扱票画面011

▼次は支払いになります。ゆうちょ銀行の通帳・カードもしくは現金が選択できますよ。

ゆうちょ銀行 払込取扱票画面010

▼私は通帳から支払うことにしたので、通帳を入れました。

ゆうちょ銀行 払込取扱票画面017

▼暗証番号を入力します。

ゆうちょ銀行 払込取扱票画面016

▼手続中の画面になりました。

ゆうちょ銀行 払込取扱票画面013

▼ほかに払込取扱票があれば、続けて支払いができますよ。
なければ「終了」を押します。

ゆうちょ銀行 払込取扱票画面014

▼利用明細票がでてきました。
これで終了です。

ゆうちょ銀行 払込取扱票画面015

▼窓口で支払いをした場合は、受領証がもらえますがATMで支払いをした場合は受領証はでません。

ゆうちょ銀行ATM 受領証

受領証が必要なときは、代わりにATMから出てきた利用明細票を手元に残しておきましょう。

払込取扱票で支払いするときの注意点

払込取扱票をゆうちょ銀行ATMで支払うときにはいくつか注意点がありますよ。

  • 払込手数料がかかる
  • 払込取扱票に対応しているATMと対応していないATMがある
  • コンビニのATMでは振込できない

払込手数料が割と高いので、支払いをするときはATMを利用しましょう。

気をつけなければいけないのが、払込取扱票に対応しているATMと非対応のATMがあるということです。

今回支払いをしようと、ゆうちょ銀行ATMを何件か探したのですが、駅や商業施設にあるような出張所のATMでは対応していませんでした。

職員さんが常にいる、ゆうちょ銀行の中に設置されているATMで支払うことができましたよ。

おそらく、払込取扱票がATMに詰まったときなどのトラブルに対応するためかと思います。

ファミリーマートにもゆうちょ銀行のATMが設置されている店舗もありますが、払込取扱票に対応はしていないので支払うことはできません。

さいごに

これまでに何度か払込取扱票をATMを使って支払ったことがありますが、久しぶりだったので操作に迷ってしまいました。

それに払込取扱票に対応しているATMを探すのに、時間がかかってしまいましたね。

今後払込取扱票で支払いがあるときは、はじめからゆうちょ銀行の中にあるATMに行こうと思います!

もしもATMで支払うときに操作が心配な場合は、職員さんに聞けば丁寧に教えてくれるので安心してくださいね。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

玉村 あけみ

札幌でイラストレーター&Webライターをしています。2008年に離婚し中学生の息子を育てるシングルマザー。 昔からお金の使い方が下手で失敗は数知れず… ですがシングルマザーになったことをきっかけにお金について勉強するようになりました。 今は少額でできる運用や投資をコツコツとして、お金について考える日々。 ブログではゆるい日常系4コマ絵日記を描いています。

執筆メンバの一覧を見る

このページをシェアする!