メルカリ「月イチ払い」の使い方・上限の金額・滞納した場合の対処法などをまとめて解説

スポンサーリンク

こんにちは!
メルカリをよく利用する小林敏徳です。

メルカリで買いたいものがあるけど、今はお金がないし、クレジットカードも持ってない…。

こんな場合に困ってしまいますよね。
そんなときは、メルカリの「月イチ払い」を活用する方法もありますよ。

月イチ払いを使えば、今月購入した分の代金を、翌月にまとめて支払えるからです。

ただし、メルカリ事務局に選ばれた人しか利用できないので、その点だけ注意してくださいね。

メルカリの月イチ払いってどういうサービスなのかが気になるかと思いますので、このページでは、使い方や月イチ払いの限度額、もし滞納してしまった場合の対処方法について詳しく紹介していきます。

メルカリ「月イチ払い」の使い方・上限の金額

メルカリの「月イチ払い」とは?

メルカリの月イチ払い(メルカリアプリのトップページ)

メルカリの月イチ払いとは、一体何なのでしょうか?
まずはサービスの特徴から解説しますね。

今月の購入代金を翌月にまとめて支払えるサービス

メルカリの月イチ払いは、今月購入した分の代金を翌月にまとめて支払えるサービスです。

いわば、「ツケ払い」ですね。

通常は購入時に支払いが発生しますが、月イチ払いの場合はそうではありません。

メルカリ事務局が一時的に代金を建て替え、後日購入者からまとめて回収する仕組みです。

買い物1回につき100円の決済手数料がかかる

月イチ払いは「ツケ払い」にできる便利なサービスですが、デメリットもありますよ。

買い物1回につき、100円の決済手数料がかかるからです。

余分にコストがかかるので、注意してくださいね。

限度額は利用状況によって異なる(推定上限20,000円)

月イチ払いの限度額は、メルカリ事務局の審査によって決まります。

このあたりはクレジットカードの利用限度額と同じ考え方ですね。

詳細は公表されていませんが、メルカリボックスで調べたところ、5,000円〜20,000円になる場合が多いようです。

利用月の末日で締め、翌1日〜月末までの間に支払う

月イチ払いの支払期間は、約1ヶ月です。

利用月の末日で締め、翌1日〜月末までの間に支払う仕組みになります。

詳しくは後ほど紹介しますが、支払期間をすぎるとペナルティがありますよ。

商品は通常どおり届く

「支払いが後日になるということは、商品もその後に届くの?」

そんな不安があると思いますが、取引は通常どおりに進行します。

「支払いだけが後日になる」という解釈で大丈夫ですよ。

メルカリ事務局に選ばれた人しか利用できない

最後にひとつだけ注意点があります。
メルカリの月イチ払いは、残念ながら誰もが利用できるサービスではありません。

メルカリ事務局が個別に審査を行い、それに通過した人だけが利用できます。

こればかりは通知がくるのを待つしかありませんね。
(実はぼくもまだ選ばれていないのですが・・・。)

自分自身が選ばれているかわからない場合は、アプリの設定を見てみましょう。

▼「設定」→「メルカリ月イチ払い」の順にタップしてみてください。

メルカリの月イチ払い(メルカリアプリの設定画面)

▼そこでこのような画面になる場合は、月イチ払い利用者には選ばれていません。

メルカリの月イチ払い(メルカリアプリの月イチ払いの画面)

選ばれた方はラッキーですね!
(*ぼくもがんばって信用を積み上げよっと・・・。)

メルカリの月イチ払いのメリット・デメリット

次は、メルカリ月イチ払いのメリット・デメリットについて解説します。

まずはメリットから見ていきましょう。

メリットは「支払いが1回で済む」など

月イチ払いのメリットは、以下のとおりです。

  • 何度買い物をしても支払いが1回で済む
  • 支払いを約1ヶ月後にできる
  • コンビニ/ATM払い、口座振替で支払い可能
  • 売上金でも支払い可能

月イチ払いのメリットは、なんといっても支払いを後払いにできることです。

現金をすぐに用意できない、あるいはクレジットカードを持っていない場合、このメリットは大きいですよね。

月イチ払いの支払い方法が複数あるのも魅力的です。

デメリットは「決済手数料がかかる」など

メリットもありますが、メルカリ月イチ払いにはデメリットもありますよ。

月イチ払いのデメリットは以下のとおりです。

  • メルカリ事務局に選ばれた人しか利用できない
  • 買い物1回につき100円の決済手数料がかかる
  • ポイントの使用はできない
  • クレジットカード払いはできない
  • 利用ごとに審査がある
  • 分割払いは不可
  • 支払期間に入る前に支払うことはできない
  • 滞納した場合、ペナルティがある

「買い物1回につき100円の決済手数料がかかる」というのは、とくに覚えておきたいところです。

あと、「利用ごとに審査がある」という点にも注意しましょう。

何らかの理由でブラックリストに入ってしまったら、購入画面でいきなり「審査の結果利用出来ませんでした」と表示されてしまいますよ。

そのあたりもクレジットカードの仕組みと同じですね。

スポンサーリンク

メルカリの月イチ払いの使い方

ここからは、メルカリ月イチ払いの使い方を紹介していきますね。

先ほども説明したように、月イチ払いはメルカリ事務局に選ばれた人だけが利用できるサービスですので、ここからは選ばれた前提で話を進めていきます。

メルカリ月イチ払いを使うときの大まかな流れは、以下のようになりますよ。

  1. メルカリ事務局から通知がくる(利用可能の合図)
  2. 購入時に支払い方法を「メルカリ月イチ払い」にする
  3. 利用明細の通知がくる
  4. 支払期限までに代金を支払う

メルカリ事務局から通知がきたら、それ以降は購入時に「メルカリ月イチ払い」を選択するだけ。あとは期限までに代金を支払えばOKです。

コンビニ払いの流れ

コンビニ払いにする場合は、以下の流れで行ってください。

  1. 「設定」→「メルカリ月イチ払い」を選択
  2. 支払い方法で「コンビニ払い」を選択
  3. 売上金を使用する場合、「売上金があります」を押して金額を設定
  4. 支払いをするコンビニ/ATMを選択
  5. 指定したコンビニ/ATMで支払う

基本的には通常のコンビニ払いと同じですね。
売上金を使用する場合は、あらかじめ金額を設定しておけば代金から差し引かれます。

口座振替の流れ

口座振替は以下の流れで行いましょう。

  1. 「設定」→「メルカリ月イチ払い」を選択
  2. 支払い方法で「口座振替」を選択
  3. 口座情報、住所、氏名等の必要事項を登録する
  4. 銀行ページへ移動
  5. 必要情報を入力し、口座振替の認証をする
  6. 認証完了後、「メルカリ月イチ払いのページに戻る」をタッチ
  7. 売上金を使用する場合、「売上金があります」を押して金額を設定
  8. 毎月27日に振替(引き落とし)される

口座振替の登録方法は各銀行によって異なりますが、手順にそってやれば大丈夫ですよ。

支払いを忘れてしまいそうな場合は、口座振替にするのがおすすめです。

スポンサーリンク

メルカリの月イチ払いで滞納した場合のペナルティ

メルカリ月イチ払いはとても便利なサービスなので、積極的に活用したいところですが、滞納だけはしないように注意してくださいね。

支払いが遅れた場合は、以下のようなペナルティを課せられる可能性がありますよ。

  • 支払い完了までは月イチ払いを利用できない
  • 売上金が未払金として回収される場合がある
  • メルカリの一部機能が制限される場合がある
  • ブラックリスト入りし、月イチ払いの機能が停止される
  • 未払い商品代金、手数料の回収を第三者に委託する場合がある
  • 年率14.6%の遅延損害金を請求する場合がある

このあたりはクレジットカードの滞納と同じですね。

支払いは期日までに。
その良識を持って月イチ払いを利用しましょう!

メルカリの月イチ払いで滞納した場合の対処法

万が一月イチ払いで滞納をしてしまった場合は、すぐに「お問い合わせ」からメルカリ事務局に連絡しましょう。

そこでいつまでに、どのような方法で支払いをすればいいか指示を仰ぎ、それに従ってください。

もしすぐに支払うのが難しい場合は、いつまでに、いくら支払えるかを具体的に説明し、さらに詳細を詰めてください。

支払いが遅れているのですから、何よりも優先してくださいね。

さいごに

メルカリの月イチ払いは、ネットショッピング版の「ツケ払い」です。

一部の人しか利用できなかったり、手数料はかかったりしますが、すぐに現金が用意できないときは便利ですね。

滞納をしないように、良識を持って利用しましょう!

基本的にメルカリの月イチ払いはおすすめしませんので、普通にクレジットカードで買うなどするほうが手間もかからないし、ポイントも貯まるしお得ですよ。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

小林 敏徳

小林敏徳(こばやし としのり)です。1980年生。大阪府在住。文章を書いたり、化粧品の企画をしたり、写真を撮ったりしています。 詳しいプロフィールはこちらインタビューされた記事対談記事もどうぞ。

執筆メンバの一覧を見る