京都から関空へバスや電車で安く行く方法とは?料金・所要時間などを比較した結果

スポンサーリンク

京都市在住で、地方への出張も多く電車やバスに乗りまくっているフリーライターなつみとです。

京都から飛行機で移動する場合は伊丹空港か関西空港を使うことになりますが、関西空港って遠いんですよね・・・。

関西空港への行き方としては電車やバスなど複数のパターンがあるのですが、どの方法が一番いいのでしょうか?

選ぶ交通手段によってそれぞれ特徴があるので、自分にとってどの方法がベストなのかを知ることが重要です。

先日、関西空港へ行く際にそれぞれの行き方を調べて比較してみたので、ここに記録しておきますね。

京都~関空の行き方は3パターンあります

京都~関空の行き方は、実際には乗り換えのパターンなどで多くのバリエーションがあるのですが、おもな方法としては3パターンになります。

  • リムジンバス
  • JR特急「はるか」
  • 私鉄乗り継ぎ(阪急・大阪市営地下鉄・南海)

格安な方法をお探しの方にオススメなのは、3番目の私鉄乗り継ぎルートです。

もっとも高くなるのはJRの関空特急はるかですが、条件を満たせば格安なきっぷもありますよ。

それぞれにメリット・デメリットがあるので、ここからは詳しく紹介しますね。

空港リムジンバスで行く方法・料金・所要時間

関空リムジンバス

京都から関空まではリムジンバスが運行しています。

関空リムジンバスの特徴はこちら。

  • 京都駅以外に、出町柳や京都市役所前、四条烏丸などからも乗車できる
  • 全席指定・予約制なので確実に座れる
  • 第1ターミナルだけでなく第2ターミナルにも直接行ける
  • 所要時間は第1ターミナルまで約90分、第2ターミナルまで約100分

料金は以下の通りです。

  • 通常運賃 2,600円
  • 往復運賃 4,260円(片道2,130円)
  • 日帰り往復運賃 3,500円(片道1,750円)

日帰りで往復するとかなりお得です。

リムジンバスで行く場合は乗る前に予約が必要。
京都駅八条口から乗車する場合は乗り場のすぐ近くにきっぷ売り場がありますが、売り場のない停留所から乗る場合は注意しましょう。

関空リムジンバスきっぷ売り場
京都駅八条口バス乗り場の前の前にきっぷ売り場があります。
  • 発車オーライネット
  • コンビニ:セブンイレブン・ファミリーマート・ローソン・サークルK・ミニストップ
  • 電話予約:京阪バス関西空港リムジンバス予約センター 075-682-4400
  • ホテル京阪京都1階の販売機

一番手軽なのは、発車オーライネットでのWeb予約ですね。
クレジットカードのポイントも貯まります。

ただ会員登録が必要なので、滅多に飛行機に乗らない人ならコンビニのほうが手軽かも?

コンビニでもクレジットカード決済に対応していますよ。

リムジンバスの所要時間は約90分で、第2ターミナルへも行ってくれるのでラクではありますね。
第2ターミナルまで行く場合は約100分かかります。

ただし交通状況によってはもっとかかる場合もあるので注意してくださいね。

スポンサーリンク

JR関空特急はるかで行く方法・料金・所要時間

関空特急はるか

JRの関空特急はるかは京都駅から関空までを結ぶ電車です。

関空特急はるかの特徴はこちら。

  • 乗り物酔いしやすい人にはバスよりも快適
  • 京都駅から関西空港駅までの所要時間は約75分
  • 往復きっぷやe5489の利用でリムジンバス並みに安くなる

JR関空特急はるかの料金は以下の通り。

  • 乗車券1,910円+特急券1,520円(指定席)→合計3,430円
  • 乗車券1,910円+特急券990円(自由席)→合計2,900円
  • 往復割引きっぷ(トクトクきっぷ)→4,830円(片道2,415円)
  • 特急券をe5489で購入(指定)1,320円→合計3,230円
  • はるか早特往復きっぷ→4,800円※販売期間が限定されています

「はるか」に乗車するには乗車券とは別に特急券が必要となりますが、普通に購入するとけっこう高くなってしまいます。

しかし往復割引きっぷを購入すれば片道2,415円とかなりお得!

電話予約・インターネット予約(e5489)・みどりの窓口で購入できますよ。

参考:JR特急はるか往復割引きっぷ

また片道券の購入でも、e5489なら格安になります。

往復割引きっぷに比べると100円ほど高くなりますが、チケットレスを選べばみどりの窓口・みどりの券売機などできっぷを受け取る必要がなく当日の移動がスムーズなんですよね。

※車内改札では、e5489で購入時に発行される提示用画面を見せることになるので保存しておきましょう。

関空特急はるかのチケットレス特急券提示用画面

関空特急はるかで京都駅から関西空港駅への行き方は別途記事にまとめていますよ。

私鉄乗り継ぎで行く方法・料金・所要時間

阪急電鉄

関空アクセスきっぷ」というものがあり、こちらを利用するとかなり安くで関空に行けます。

特徴は以下の通り。

  • とにかく安い!
  • 乗り換えがあり、座れるとも限らないので注意
  • 所要時間は関西空港駅までで107分

関空アクセスきっぷは阪急電鉄→大阪市営地下鉄→南海電鉄と乗り継ぐお得なきっぷです。

料金は1,250円(大人のみ)。

リムジンバスや特急はるかと比べても格段に安いですよね。

京都・大阪から関空に向かう場合は、阪急の以下の駅で購入できます。

  • 河原町
  • 烏丸
  • 高槻市
  • 茨木市
  • 北千里
  • 淡路

関空から京都方面へ向かう場合は、南海関西空港駅にて同じ内容の「京都アクセスきっぷ」が購入できます。

参考:関空アクセスきっぷ-阪急電鉄

スポンサーリンク

おまけ:Peachなら「京都観光きっぷ」がオススメ

※2019年現在、販売終了しているようです。

Peachで関西空港に行きそこから京都へ向かう場合、「京都観光きっぷ」というお得なきっぷがあります。

南海電鉄→大阪市営地下鉄・京阪電車と乗り継ぐ格安きっぷで、京阪の京都エリアが乗り放題になるというかなりお得なきっぷなんですよ。

参考:Peach・京都観光きっぷ-京阪電車

料金は1,500円。

観光はもちろん、わたしのように京阪を使う人であれば帰宅時に使うと便利です。

前述の「関空アクセスきっぷ」と同様、乗り換えがありますし、座れない可能性もありますが、格安なきっぷを選びたいなら選択肢の1つとして覚えておきたいですね。

Peach機内で販売しているもので、京阪や南海の売り場では販売されていないので注意しましょう。

Peach・京都観光きっぷ

さいごに

京都から関空へはけっこうな距離がありますが、アクセスは悪くありません。

格安な方法から快適な方法まで選べるので、旅のメンバーや旅先での疲労度などによって選択するのが良さそうですね。

普通に乗車すると割高な特急も、お得なきっぷを使って安くすることもできるので、ぜひ比較したうえで自分に合った方法を選びましょう。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

なつみと

節約はするけど好きなことにお金を使うのが大好きなWebライター・webライティング講師。節約に関する知識が豊富な反面、必要なものにはどんどんお金を使っていく性格のため「メリハリあるお金の使い方」を発信していきます!

執筆メンバの一覧を見る

このページをシェアする!