コスモウォーターの解約方法・引き取りまでの流れを画像つきで解説

スポンサーリンク

こんにちは!
いつも水筒で水を持ち歩いている小林敏徳です。

この度、コスモウォーターのウォーターサーバーを解約することにしました。

夏場はお水を追加注文するくらい重宝していたのですが、さすがに冬場は使用頻度が少なめ。

いつでも美味しいお水が飲めるところがとても気に入っていたので、とても残念です。

2年以内の解約であるため引取手数料(9,720円)はかかりますが、今後の維持費に比べたら安いので、早めに解約することにしました。

解約から引き取りの流れは、とても簡単でしたよ。
まずは電話で解約の意思を伝え、あとはウォーターサーバーの引き取り準備をするだけです。

このページでは、コスモウォーターの解約方法・引き取りの流れを解説しますね。

コスモウォーターの解約・引き取りの流れ

コスモウォーターのウォーターサーバーの本体

まずは、コスモウォーターの解約・引き取りの流れを紹介しますね。

以下に手順をまとめてみました。

  1. フリーダイヤル(0120-1132-99)に電話をかけ、解約の意思を伝える
  2. 折り返しの電話を待ち、再度解約の意思を伝える
  3. ウォーターサーバーの引き取り日を相談する(4日以上〜30日以内)
  4. 引き取り日までにやるべきことを説明される(*後ほど解説)
  5. 当日の朝、業者から引き取り時間の連絡がある
  6. 業者が来たらウォーターサーバーを引き渡す

まずはフリーダイヤルに電話をかけ、担当者からの折り返しの電話を待つ。

その後、ウォーターサーバーの引き取り日を相談し、これからやるべきことの説明を受けてください。

そして当日までに引き取り準備をし、ウォーターサーバーを業者に引き渡しましょう。

解約方法は電話のみ

コスモウォーターの解約方法は、電話のみです。
インターネット等で手続きできませんので、ご注意ください。

コスモウォーターを解約する際の注意点

コスモウォーターを解約する際、気をつけたい点がいくつかあります。

とくに引取手数料(解約金)には、くれぐれも注意してください。

2年未満の解約は9,720円の引取手数料がかかる

コスモウォーターを2年未満で解約すると、9,720円の引取手数料(解約金)がかかります。

これは1ヶ月目の解約でも、23ヶ月目の解約でも金額は変わりませんので、解約月をよく検討しましょう。

たとえば23ヶ月目で解約するなら、このまま契約していたほうが安い可能性がありますからね。

引取手数料は、最後の請求に加算されます。

2年以上経過してからの解約であれば、解約金はかかりません。

引き取り日は解約を申し出た日の4日後〜30日後まで

ウォーターサーバーの引き取り日は、指定できます。
指定できる期間は、解約を申し出た日の4日後〜30日後まで。

自分の予定と引き取り業者さんの空き状況を、電話でよくすりあわせてください。
ちなみに今回は「14日後」に決まりました。

引き取り時間の指定はできない

ウォーターサーバーの引き取り日は指定できますが、時間は指定できません。
ですから、引き取り日はずっと自宅にいる日を選びましょう。

ただ、当日の朝に業者が時間を知らせてくれますので、その時間帯以外なら外出できますよ。

ちなみに今回は「12:00〜14:00の間に伺います」と連絡がありました。

ウォーターサーバーは部屋まで取りに来てくれる

ウォーターサーバーを解約するとなると、「引き渡し」が心配になりませんか?

あの重たい機械を玄関まで持っていかなきゃならないの・・・?と。

もちろん、その必要はありません。
業者が部屋の中まで取りに来てくれるので、言われたとおりに準備しておくだけでOKです。

それでは次に、引き取りの流れを画像つきで解説しますね。

コスモウォーターの引き取り準備〜引き渡しの流れを画像つきで解説

コスモウォーターの解約を行い、引き取り日が決まったら、それまでにウォーターサーバーの準備をしましょう。

引き取り準備から引き渡しまでの流れは、次のとおりです。

  1. 水を全部使い切る
  2. 電源を抜く
  3. 水のボトルを抜く
  4. 冷水を出し切る(温水は抜かない)
  5. チャイルドロックをする
  6. ウォーターサーバーを業者に引き渡す
  7. 引き取り伝票を受け取る

ポイントは、ウォーターサーバーの冷水を最後まで出し切ることです。

ここからは画像つきで解説していきますね。

ちなみにぼくが使っているのは、「smartプラス」という機種です。

▼まずは、ウォーターサーバーのEmptyボタンが点灯しているか確認してください。

コスモウォーターの引き取りの流れ(Emptyボタンが点灯)

まだ点灯していなければ、お水が残っているので、最後まで飲みきりましょう。

▼Emptyボタンが点灯していることを確認したら、電源を抜いてください。

コスモウォーターの引き取りの流れ(電源を抜く)

▼次に、水のボトルが入ったカゴを取り出しましょう。

コスモウォーターの引き取りの流れ(水のボトルを取り出す)

▼カゴの中から、空のボトルを取り出してください。
※空のボトルは、残りのお水を出してから処分すればOKです。

コスモウォーターの引き取りの流れ(水のボトルを抜く)

▼カゴをウォーターサーバーの中に戻してください。

コスモウォーターの引き取りの流れ(カゴをウォーターサーバに戻す)

▼ここまでが完了したら、ウォーターサーバー内に残っている「冷水」を出しましょう。
※電源を切ったままでもお水は出てきます。
※お湯は出さないでください。

コスモウォーターの引き取りの流れ(残りの水を出す)

▼ウォーターサーバーの中に、まだこれだけのお水が残っていました。

コスモウォーターの引き取りの流れ(ウォーターサーバー内に残っていた水)

▼残りのお水を出したら、冷水・お湯ともにチャイルドロックをかけてください。

コスモウォーターの引き取りの流れ(チャイルドロックをかける)

▼この状態で引き取り日を待ち、業者に引き渡します。

コスモウォーター(ウォーターサーバー)の申し込み(機械が自宅に到着)

当日の朝に「12:00〜14:00の間に伺います」と言われていましたが、ちょっと早い11:55に来られました。

▼業者がウォーターサーバーを外に運び出してくれました。
今までありがとう!

コスモウォーターの引き取りの流れ(引取後)

こちらとしては準備するだけだったので、とても楽でしたよ。

▼最後に引き取り伝票をもらって完了です。

コスモウォーターの引き取りの流れ(引取後の伝票)

今まで本当にありがとうございました!

コスモウォーターさん、お世話になりました!

コスモウォーターのウォーターサーバーのお水

コスモウォーターのウォーターサーバーを導入して、本当に良かったです。

今回は解約してしまいましたが、また機会があれば検討したいと思います。

すぐに冷た〜いお水を飲めて、熱いコーヒーもいれられる。

お水を冷やしたり、温めたりする手間がなくなり、お水自体も美味しいので、とても気に入っていました。
子供たちも、お水の美味しさを再認識したようです。

さいごに

コスモウォーターの解約は、とても簡単でした。

電話で解約を申し出て、あとはウォーターサーバーを準備しておくだけ。

自宅内まで引き取りに来てくれるので、腰痛になる心配がありません。
最後までお世話になりました!

スポンサーリンク

このページをシェアする!

この記事を書いた人

小林 敏徳

Toshinori Kobayashi/Japan/Osaka/Twitter:@enrique5581 プロフィールはこちらインタビューされた記事対談記事もどうぞ。

執筆メンバの一覧を見る