ハンガリー(ブダペスト)のクレジットカード事情は?現金は必要?旅行経験者の感想

スポンサーリンク

こんにちは!
ハンガリーに旅行したことのある、ノマド的節約術の松本(@peter0906)です。

ハンガリーに行く前に気になるのが、ハンガリー国内のお店などでクレジットカードが使えるかどうかですよね。

クレジットカードが使えれば使えるほど、現金を使う機会が減りますので、その分だけ両替する回数も減らせます。

このページでは、実際に行ってみて感じたハンガリー(ブダペスト)でのクレジットカード事情について紹介しますね。

ハンガリーでは比較的クレジットカードが使える印象だった

私がハンガリーに滞在していたときは、比較的クレジットカードの支払いに対応しているところが多かった印象です。

日本よりも使えるところが多かったと思います。
レストランやカフェではほとんど使えましたよ。

もちろん、空港内や電車のチケットを買うときにはクレジットカードが使えました。

ただ、ハンガリーといってもブダペストにしか滞在していなかったので、他の地域ではわかりませんが・・・。

まったくクレジットカードを使う予定がないとしても、クレジットカードには保険が付帯していますので、カード自体は持っていくようにしていきましょう。

自動付帯のクレジットカードであれば、病気やケガなどで病院に行ったときに保険で対応できますよ。

現金を持っておくと安心

ハンガリーのATMでフォリントを下ろした

いくらクレジットカードが使えるといっても、全部のお店が対応しているわけではありません。

中にはクレジットカード払いに対応していないお店もありましたよ。

そんなときに対応できるように、ハンガリーの通貨であるフォリントをATMなどでおろしておきましょう。

ATMから簡単にフォリントを引き出すことができますよ。

クレジットカードのキャッシングや銀行のカードから引き出しができます。

ハンガリーに行く前にあらかじめフォリントを持っていく必要もなく、空港に着いたらATMがあるので、そこでフォリントをおろせば問題ありません。

1フォリントがおよそ0.4円ぐらいですので、計算するときは5分の2もしくは半分にするとちょうどいいかと思います。

現金を持っておけば、ハンガリー国内の場合はどこの地域に行っても問題なく使えますよ。

さいごに

ハンガリーを旅行する場合は、クレジットカードで支払えるところが多いのでとても便利です。

ただ、現金にしか対応していないところも一部ありますので、行動の選択肢を広げるためにもフォリントをおろしておきましょう。

それではよいハンガリーでの旅を!

おまけ:ハンガリーに関連する記事

スポンサーリンク

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。 詳細プロフィールは別ページにあります。お金に対する考え方・ポリシーはこちら。

執筆メンバの一覧を見る

このページをシェアする!