Apple PayにクレジットカードとQUICPayを登録して設定する方法

スポンサーリンク

こんにちは!
ノマド的節約術の松本(@peter0906)です。

iPhone7の目玉といえばApple Pay(アップルペイ)ですよね。

2016年10月25日から開始されたということで、早速自分のiPhone7にも設定することにしました。

まずはクレジットカード(Orico Card THE POINT)とQUICPayから試してみましたので、設定方法を紹介しますね。

Apple Payにクレジットカードを登録する方法

【準備編】iOSのアップグレードが必要

Apple Payを使うには、まずiOSのアップグレードが必要です。

iPhoneの設定画面からアップグレードしておきましょう。

アップグレードできて再起動するタイミングで、Apple Payの設定ができますよ。

あとでもApple Payの設定はできますので、アップグレードのタイミングで必ずしもしないといけないわけではありません。

Apple Payでクレジットカードを紐付ける方法

ということで、ここからはApple Payでクレジットカードを紐付ける方法を紹介していきますね。

▼「Wallet」のアプリを開くと、右上に「+」マークのボタンがありますので、それを押しましょう。

Apple Payで追加

▼続いて、以下のような画面が出てきます。
ここからがApple Payの設定ですね。

右上にある「次へ」を押しましょう。

Apple Payの登録

▼カードの種類を選ぶので、今回は「クレジット/プリペイドカード」を選んでください。

Apple Pay クレジットカードとSuicaから選択

▼カメラでカードのスキャンができるので、カメラの範囲内に追加したいクレジットカードを置いてください。

最初にも伝えたように、今回私はOrico Card THE POINTを読み取ってみました。

Apple Payでクレジットカードを追加

▼すると、名義とカード番号をしっかり読み取ってくれました!はやい!

手動入力よりも断然早いので読み取りがおすすめです。

Apple Payでクレジットカードを追加

▼続いて、有効期限とカード裏面にある3桁のセキュリティコードを入力します。

Apple Payでクレジットカードを追加

▼次へ進むと、Apple Payの利用条件についての画面が出てきます。

確認した上で、「同意する」を押して進んでください。

Apple Payでクレジットカードを追加

▼Orico Card THE POINTはQUICPayに対応しているカードなので、以下のような画面になりました。

QUICPayに対応しているお店でOrico Card THE POINTが使えるとのこと。

Apple PayでQUICPayを追加

▼次へ進むと、カードを認証する手続きになります。

送り先のメールアドレスを確認して、右上の「次へ」を押しましょう。

Apple Payでクレジットカードを追加

▼認証コードがメールアドレスに送信されるので、メールを確認してコード入力しましょう。

Apple Payでクレジットカードを追加

▼認証コードは6桁ですよ。

Apple Payでクレジットカードを追加

▼認証が終われば、アクティベート完了の画面が出て、これでApple Payとの紐付けができました!

Apple Payでクレジットカードを追加

▼これでApple Payでクレジットカードが使えますね!

Apple Payでクレジットカードを追加

さいごに

今回Orico Card THE POINTをApple Payに紐付けたのは、電子マネーのiDとQUICPayに対応しているからです。

設定自体はとても簡単で、ほんの数分で終わりましたよ。

設定が進むに連れて、画面上にOrico Card THE POINTのデザインが出てきたときはなんだかワクワクしました!

今後、Apple Payで決済するのが楽しみです^^

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。 詳細プロフィールは別ページにあります。お金に対する考え方・ポリシーはこちら。

執筆メンバの一覧を見る