エネオスの手洗い洗車は口コミ・評判通り?料金を安くする方法と申込から引取までの手順まとめ

スポンサーリンク

こんにちは!
洗車はいつもプロにお願いしている小林敏徳です。

大切なマイカーは自分で洗いたいかもしれませんが、洗車はかなり大変な作業です。

水や洗車グッズのコストと時間がかかるわりには、綺麗に洗うのが難しいですよね。

そんなわけで、ぼくはいつもガソリンスタンドのENEOS(エネオス)で手洗い洗車をお願いしています。

機械洗車よりもコストはかかりますが、プロの手洗いはやっぱり違いますよ。

ENEOSで手洗い洗車してもらうときは、どんな手順になるのかや、メニューについてこのページで紹介していきますね。

エネオスの手洗い洗車 料金を安くする方法

ENEOSの手洗い洗車サービスの概要

ENEOSの洗車サービスには「機械洗車」と「手洗い洗車」の2つがあり、前者のほうがコストが安く、所要時間が短いのが特徴です。

ただ、機械洗車は汚れが残ってしまうことが多いため、より綺麗にしたいときは手洗い洗車を選んだほうがいいですよ。

今回ぼくは手洗い洗車を使いましたので、ここからはENEOSの手洗い洗車サービスの概要を紹介しますね。

ENEOSの店舗

機械洗車よりも傷がつきにくく、綺麗に仕上がる

手洗い洗車は、機械洗車よりも傷がつきにくいメリットがあります。

短時間で車を洗い上げる機械洗車は、固めのブラシを使用しているため、目には見えない細かい傷がついてしまうんですよね。

もちろん手洗い洗車でも細かい傷はつきますが、羊毛100%の「ムートン」でできた洗車グッズを使うなどで、細心の注意を払っています。

あと、逆毛になったムートンなら、一度落とした汚れが再度付着してしまうことがないため、綺麗に仕上がります。

ガソリン補給・空気圧チェック・オイル交換なども一緒に頼める

▼ENEOSの洗車設備は店舗によって異なりますが、基本的にかなり充実しています。

ENEOSの手洗い洗車設備

洗車だけではなく、タイヤの空気圧チェックやエンジンオイルの交換なども一緒に依頼できますよ。

もちろん、ついでにガソリン補給することも可能です。

洗車メニューと料金は店舗によって異なる

ENEOSの洗車メニューと料金は店舗によって異なります。

おおよそ共通しているメニューは以下の通り。

  • 泡ムートン手洗い洗車
  • 水洗い洗車
  • 撥水加工ワックス洗車
  • 機械洗車
  • フロントガラスの油膜除去
  • ホイールクリーニング
  • 鉄粉除去
  • 室内清掃

「泡ムートン手洗い洗車」だけでも十分きれいになりますが、ボディの素地から綺麗にする「鉄粉除去」などをプラスすると、見違えるぐらいピカピカになりますよ。

洗車に関しては、コストをかけたぶんだけ効果が期待できると思います。

支払方法が充実している

料金の支払方法をどうするかですが、ENEOSでは、支払方法がとても充実しています。

クレジットカードはもちろんTポイントも使えるのがいいですね。

支払方法は以下の通りです。

手洗い洗車は数千円〜数万円かかりますので、お得な支払方法を使って少しでも負担を軽くしましょう!

それぞれ詳しい活用方法は、以下の記事が詳しいですよ。

参考:ENEOSでお得に支払う方法のまとめ

あと、車検のタイミングで楽天車検を利用すると、洗車が無料になります。
車検のタイミングに合わせて洗車するのもおすすめですよ!

【混雑状況】土日祝日は3〜4時間待ちのこともあるので平日がおすすめ

ENEOSの洗車は、土日祝日は3〜4時間待ちがザラなので、ぼくはできるだけ平日に利用しています。

もちろん混雑状況は店舗によりますが、過去に利用したENEOSはすべてそんな感じでした。

平日なら1〜2時間もあれば終了しますので、時間を節約できます。

ENEOSの洗車申し込みから引き取りまでの手順

気をつけるところがわかったら、次はいよいよ洗車してもらうところですね。

ここからは、ENEOSの洗車申し込みから引き取りまでの手順を紹介します。

基本的にはスタッフの方にお願いして、仕上がりを待つだけですよ。

1. スタッフの方に洗車をお願いする・店内でメニューと価格の確認

まずはENEOSの店舗に行き、スタッフの方に洗車をお願いしてください。

この流れはセルフガソリンスタンドでも同様です。

▼店内に通されますので、洗車メニューの打ち合わせを行ってください。

ENEOSの店内

2. 所要時間の確認・店内で待つか、後ほど引き取りに来るかを決める

洗車メニューが決まったら、所要時間が伝えられます。
平日ならおおよそ1時間程度見ておけばOKですが、週末は3〜4時間になる場合も。

店内で待つには長過ぎますので、後で引き取りに来ることも可能です。
洗車が終了した時点で連絡してほしい場合は、電話番号を伝えてください。

待ち時間は他の場所で過ごすようにしたほうが効率がいいので、合わせて予定を入れておきましょう。

3. 指定された時間にENEOSに戻る

待ち時間を過ごしたあと、指定された時間にENEOSに戻りましょう。

そこにはピカピカになった車が待っていますよ!

4. 料金を支払ってマイカーを引き取る

車の仕上がりを確認し、問題なければ料金を支払います。
ポイントが貯まるので、できるだけクレジットカードで支払うようにしましょう。

今回の洗車料金は9,700円で、ANAカードで支払いました。
100円1マイルなので97マイルが貯まりましたよ。

▼料金の明細票はこちら。

ENEOSの手洗い洗車の料金

手洗い洗車は久しぶりだったため、ちょっと気合いを入れてフルでお願いしました。

内訳はこちら。

品名料金
ピュアキーパー4,800円
室内清掃2,000円
ホイールクリーニング2,100円
虫とり800円

所要時間は90分・車が見違えるほど綺麗になりました

今回の手洗い洗車の所要時間は90分でした。
「虫取り」からお願いしたので、いつもより時間がかかりましたね。

▼指定された時間のちょっと前にENEOSに戻ったら、仕上げの室内清掃をしている最中でした。

ENEOSの手洗い洗車

あとで、車を見てみると、テンションが上がるぐらい綺麗になっていましたよ!

それでは、洗車してもらった車がどうなったかをBefore・Afterで見ていきましょう。

ボディのBefore・After

▼汚れや水垢が落ちて、ボディの白さが増したような気がします。

ENEOSの手洗い洗車

やっぱりこまめに手入れしないとですね・・・。

窓ガラスの汚れと水垢のBefore・After

▼水垢とホコリだらけだった窓ガラスもこの通り。

ENEOSの手洗い洗車

ツヤが全然違いますよね。

室内のゴミとホコリのBefore・After

▼室内もこの通りです。

ENEOSの手洗い洗車

砂やお菓子のカスなどで汚れていましたが、業務用の掃除機ですべて吸い取ってくれましたね。

水拭きの丁寧さもすばらしい!

油汚れがついたホイールのBefore・After

▼一番の強敵は頑固な油汚れがついたホイールでしたが、こちらもピカピカです。

ENEOSの手洗い洗車

ホイールにツヤが増したのと同時に、タイヤも美しい黒さに。
ENEOSの手洗い洗車のクオリティーに大満足です。
ありがとうございました!

これからはもっとまめに洗車をして、マイカーを大切にしたいと思います。

さいごに

ENEOSの手洗い洗車、1回あたり数百円〜できる機械洗車に比べてコストはかかります。

でも、ワックスが2〜3ヶ月は持つので、1ヶ月あたりで考えるとそれほど高くはなりません。

車を気持ちよく使い続けるためにも、定期的に洗車しておきましょう!

定期的に洗車しつつも、車検の時期に合わせて洗車してもらうと、洗車料金が無料になりますよ。
楽天車検だと、車検の予約で楽天スーパーポイントがもらえるので、よりお得です!

おまけ:関連記事

ENEOSでは、いろいろな方法で安くできますので、合わせて以下の記事もチェックしてくださいね。

ENEOSをよく利用しているのであれば、電気料金もENEOSでんきにしてみるのもいいと思います。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

この記事を書いた人

小林 敏徳

2013年にうつ病を経験。10分前行動でもキレられる人間から、30分遅刻でも褒められる人間になりました。インタビューされた記事対談記事もどうぞ。

執筆メンバの一覧を見る