IKEAのVARIERA(ヴァリエラ)ボックスの収納方法や使い方をブログでレポート

小林 敏徳の画像

こんにちは!
小林敏徳です。

ぼくの仕事部屋に本や雑貨が増えてきたり、子供のおもちゃが増えてきたりしてきました。

整理できるようにするため、IKEA(イケア)に収納用品を探しに行ってきました。

そこで友人から「めちゃくちゃ便利」と勧められ、絶対に買おうと思っていたのが「VARIERA(ヴァリエラ)ボックス」です。

実際に使ってみると本当に便利!
この万能ボックスを使えば、あっという間に収納上手になれちゃいますよ。

IKEAのVARIERAボックス

収納に便利なVARIERA(ヴァリエラ)ボックス

IKEAのVARIERA(ヴァリエラ)の収納例

IKEAの「VARIERA(ヴァリエラ)ボックス」は、一見すると何の変哲もないケースですが、めちゃくちゃ使いやすいです!

小物や化粧品など、何でも簡単に収納ができて、しかも置き場のスペースを取らないんですよ。

収納に重宝する絶妙なサイズ感です。

小サイズは299円・大サイズは599円

IKEAのVARIERA(ヴァリエラ)

ヴァリエラ・ボックスには2種類あり、いずれも購入しやすい価格帯ですよ。

  • 小サイズ(幅24cm × 奥行き17cm × 高さ10.5cm):299円
  • 大サイズ(幅33.5cm × 奥行き24cm × 高さ14.5cm):599円

上部開放型のボックスで、物の出し入れがしやすいです。

わが家は小サイズ2個、大サイズ2個、合計1,796円を購入しました。

棚にスッキリ収まるサイズ感

IKEAのVARIERA(ヴァリエラ)の収納例

この絶妙なサイズ感は、本当にすばらしいと思いました。

それぞれ違うメーカーの家具と雑貨を組み合わせると、通常であればはみ出てしまったり、格好が悪くなるものです。

それがヴァリエラ・ボックスならスッキリ収まります。

もちろん家具との相性はありますが、インテリアとしても合わせやすいですね。

汚れたら洗える・持ち運びがしやすい

IKEAのVARIERA(ヴァリエラ)の収納例(雑貨)

ヴァリエラ・ボックスは「再生PET樹脂」を使用しているので、汚れたときは気軽に洗えます。

子供のおもちゃを出し入れするときは、持ち運びしやすい取っ手でボックスごと持ち運びできますよ。

化粧品・小物・子供のおもちゃ・なんでも収納できる

IKEAのVARIERA(ヴァリエラ)の収納例(おもちゃ)

子供のおもちゃって、形状がバラバラで収納しづらいですよね。

そんなときにヴァリエラ・ボックスを使えば、ちょっとぐらい雑に収納してもきれいに見えます。

IKEAのVARIERA(ヴァリエラ)の収納例(化粧品)

以前に購入した上記画像のヴァリエラ・ボックスは、化粧品の保管用にもう4年くらい使っているでしょうか。

今までこれがヴァリエラだと忘れていました・・・。

化粧品やスキンケアって、引き出しで保管していると、次から次へと新品を購入してしまい、使いかけが散乱することがありませんか?

でも、ヴァリエラで収納すれば自分が今なにを持っているのか、残量がどれくらいなのかが一目瞭然です。

一目瞭然になることで、ムダなものを買わなくてよくなり、わが家のコスト節約にも貢献してくれています。

わが家の収納事例:ニトリの棚とIKEAの組み合わせ

ここでわが家の収納事例を紹介します。

ニトリで購入した棚「カラーボックス(カラボ)」と、IKEAの「ヴァリエラ・ボックス」を組み合わせてみました。

Before:スチールラックで乱雑に収納

IKEAのVARIERA(ヴァリエラ)で収納する前の風景

以前まではスチールラックを使用して、本や小物を積みあげるように収納していたんですよね。

最初はキレイに収まっていたのですが、物が増えるにつれて乱雑になっていきました。

「THE・男の部屋」って感じで、お見せするのが恥ずかしい・・・。

After:ヴァリエラとカラボできれいに整頓

IKEAのVARIERA(ヴァリエラ)の収納例

ニトリのカラボとIKEAのヴァリエラを使えば、ご覧の通りスッキリしました。

この機会に要らない本をブックオフで売って、小物も処分。
やはり日頃から断捨離する癖をつけようと思いました。

一見は味気ないIKEAのヴァリエラ・ボックスですが、実は収納の強い味方になってくれます!

さいごに

正直いって、ヴァリエラ・ボックスを実際に購入するまでは「本当に便利なの?」と半信半疑でした。

使ってみると、友人が言った通りでしたね。

雑に収納している物をボックスに収めるだけでも、部屋の見た目がさっぱりしますよ。

いろんな場面に使いやすいこのボックスは、収納の救世主です。

参考:IKEAに関連する記事の一覧はこちら

この記事を書いた人

小林敏徳(こばやし としのり)です。1980年生。大阪府在住。フリーランスです。独身時代は浪費家でしたが、今は「必要なものを、必要なだけ」を意識しています。主にコストコ、メルカリ、お金の考え方を発信しています。

小林 敏徳のプロフィール