ヒルトン・プレミアムクラブ・ジャパン(HPCJ)の年会費の元を取る方法・お得な使い方と特典まとめ

松本 博樹の画像

ヒルトンホテルは、普通に使うだけでもかなり高級な感じがしますよね。
実際の宿泊料金もそれなりの金額になります。

そんなヒルトンでは、さらに優遇される「ヒルトン・プレミアムクラブ・ジャパン(HPCJ)」というサービスがあり、これを使えば宿泊料金の割引ができますよ!

年会費のかかるサービスではありますが、使い方次第では十分に元が取れる可能性もあるので、どんな人がお得になるのか見ていきましょう。

ヒルトン・プレミアムクラブ・ジャパン(HPCJ)の年会費の元を取る方法

年会費は25,000円もかかる

いきなりヒルトン・プレミアムクラブ・ジャパンの年会費から紹介しますね。

なんと25,000円もかかります!
めちゃくちゃ高いですよね…。

入会金は無料なんですが、ヒルトン・プレミアムクラブ・ジャパンを使うなら毎年25,000円の支払が発生すると思ってください。

年会費をかけずにヒルトン・プレミアムクラブ・ジャパンに入りたいなら、より年会費が高くなるものの、それ以上の特典のあるクレジットカードの「ヒルトンHオナーズVISAプラチナカード」を使いましょう。

クラシック・ゴールドカードなら気軽に申込できますよ。

これだけ高い年会費があるのに、どうやって元を取っていけばいいのだろう?

そんな疑問に対して、ここから回答していきますね。

ヒルトン・プレミアムクラブ・ジャパンの特典一覧

ヒルトン・プレミアムクラブ・ジャパンの年会費は25,000円と高すぎるように思いますが、いろいろな特典があって、使いこなすことで十分に元が取れますよ。

ヒルトン・プレミアムクラブ・ジャパンの特典を一覧にしてみました。

  • 10,000円分の割引券がもらえる(5,000円券が2枚)
  • 会員限定割引プランで25%OFF
  • レストラン割引で20%もしくは10%OFF
  • ヒルトン・オナーズのシルバー会員になる

宿泊割引券10,000円分が毎年もらえる

ヒルトン・プレミアムクラブ・ジャパンに入会すると、宿泊時に使える割引券10,000円分が毎年もらえます

5,000円券が2枚ですね。

入会時と毎年の更新のタイミングで、10,000円分の割引券がもらえますよ。

割引券は、ヒルトンホテルの宿泊料金やレストランやバーなどのホテル直営施設でのみ使えます。

裏面の有効期限内に使い切るようにしましょう!

今は、1回の精算で5,000円券を2枚同時に使えるため、ヒルトンホテルを年に1回しか利用しない場合でも使い切れますね。

また、コンラッド・ソウルやヒルトン釜山では使えませんので注意してください。

会員限定割引プランで25%OFFになる

ヒルトン・プレミアムクラブ・ジャパンを使う一番のメリットは、会員限定割引プランで25%OFFになることです。

仮に1泊30,000円だとしたら、25%割引になったら7,500円も安くなりますよね。

同じ料金で年に10泊したとすると、それだけで75,000円の割引です。

こうやって計算すると、25,000円の年会費の元はすぐに取れますね。

ヒルトンの外観

レストラン・バーが10〜20%割引になる

また、ヒルトンホテル直営のレストラン、バー、ラウンジを使うと10〜20%割引にできます。

客室付けの場合は20%割引、そうでない場合は10%引きになる仕組みです。

となると、宿泊料金と一緒に払って20%割引にするほうが確実にお得ですよ!

そもそもレストランやバーを使うのは高くなりますが、非日常的な時間を過ごす意味では利用価値が高いと思います。

高くなりがちなホテルのレストラン料金を、さらに割引できるとなるとありがたいですよね。

私も過去にヒルトンホテルのレストランを使った経験があり、そのときに20%割引できたらめちゃくちゃお金が浮いただろうなと悔やまれます…。

初年度は無条件でヒルトンHオーナーズのシルバー会員に

ヒルトン・プレミアムクラブ・ジャパンを申し込むことで、もう1つあるヒルトンの会員サービスであるヒルトンHオーナーズの会員ランクが最初からシルバーになります。

無条件でランクアップするのはちょっぴり得した気分ですよね。

ただ、これはヒルトンHオナーズVISAカードを持っているだけでもシルバーになるため、そこまで大きなメリットではないです。

ゴールドカードなら会員がシルバーより上のゴールドになりますよ。

年会費の元を取るにはどうすればいい?

ヒルトン・プレミアムクラブ・ジャパンの最大のデメリットは年会費が高すぎることですよね。

年会費の元を取るためにはどうすればいいのかが一番の問題です。

最低限、年に何度かヒルトンホテルを使わなければ、ヒルトン・プレミアムクラブ・ジャパンの会員になる理由が全くありません。

会員になれば毎年10,000円の割引券はもらえるので、あとは残りの15,000円分をどうやって元を取るかですね。

基本的には、宿泊料金の25%割引をフル活用することになります。

先ほども紹介した通り、1泊30,000円なら25%引きすると1回で7,500円も安くなりますよね。

この場合だと2回泊まれば、15,000円も節約できるので、これで年会費の元が取れました。

あとは泊まれば泊まるほどお得になる計算ですね。

ヒルトン・プレミアムクラブ・ジャパンは、ヒルトンホテルによく泊まる方だけがおすすめのサービスですので、そんなに多く使わないのであれば、登録しない方がいいですよ。

逆にヒルトンホテルをよく使うのなら、確実に登録しておきましょう。

参考:ヒルトン・プレミアムクラブ・ジャパンの入会はこちらから

ダイナースクラブカードの特典で初年度の年会費を10,000円にできる

ヒルトン・プレミアムクラブ・ジャパンの年会費の元を取る方法を紹介しましたが、そもそもの年会費自体を安くしてしまえばお得です!

例えばダイナースクラブカードを持っていると、ヒルトン・プレミアムクラブ・ジャパンの初年度年会費が60%OFFの10,000円になりますよ。

こうなれば、5,000円券が2枚もらえるのと合わせて、実質的に年会費無料になります。

最初の1年だけになりますが、ヒルトン・プレミアムクラブ・ジャパンがどうなんだろうかと不安に感じているのであれば、お試し的に使いやすいです!

対象ホテルの一覧

ヒルトン・プレミアムクラブ・ジャパンの優待が使えるホテルの一覧は以下の通りです。

  • ヒルトンニセコビレッジ
  • ヒルトン東京
  • コンラッド東京
  • ヒルトン東京お台場
  • ヒルトン東京ベイ
  • ヒルトン小田原リゾート&スパ
  • ヒルトン成田
  • 旧軽井沢KIKYOキュリオ・コレクションbyヒルトン
  • ヒルトン名古屋
  • ヒルトン大阪
  • ヒルトン福岡シーホーク
  • ヒルトン沖縄北谷リゾート
  • ダブルツリーバイヒルトン沖縄北谷リゾート
  • ダブルツリーバイヒルトン那覇
  • ダブルツリーバイヒルトン那覇首里城
  • コンラッド・ソウル
  • ヒルトン釜山

名前に「ジャパン」が入っているので、基本的には日本のホテルしか対応していません。

コンラッド・ソウルとヒルトン釜山は韓国のヒルトンですね。

ヒルトンの外観

入会手続きの流れ

ちなみに、入会手続きをしてから約3〜4週間でヒルトン・プレミアムクラブ・ジャパンの会員キットが届きます。

年末年始の場合は休みが長くなるので、5〜6週間かかってしまいます。申し込む時は余裕を見てやっておきましょう。

年会費の支払いはクレジットカードのみです。

還元率の高いカードにしておくことで、戻りも大きくなりますよ。

参考:(年会費有料あり)ポイント還元率が高いクレカまとめ
参考:(年会費無料のみ)ポイント還元率が高いクレカまとめ

さいごに

年会費の高さにビックリしてしまうヒルトン・プレミアムクラブ・ジャパンのサービスですが、ヒルトンをよく使う方であれば、十分に年会費の元が取れるサービスですよ。

もし私がヒルトンホテルを使う機会が年に10回ぐらいになった場合は、ヒルトン・プレミアムクラブ・ジャパンの入会を検討しようと思います。

そんな生活ができるようになるためにも、仕事と普段の節約を頑張らないとなぁ、と思いました。

参考:ヒルトン・プレミアムクラブ・ジャパンの入会はこちらから

ヒルトンホテルに泊まる方へ

ヒルトンホテルに泊まろうと思っているのであれば、宿泊時に安くできる方法も合わせて知っておきましょう。

ヒルトンに泊まる場合は、無料のヒルトンHオーナーズ会員になっておき、ポイントをしっかり貯めましょう!

この記事を書いた人

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。会社を辞めて子どもが産まれるタイミングで家を買いました。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。そもそも論から考えるミニマリスト的な節約術、クレジットカード、ポイントやマイル、株主優待、投資信託、移動を安くする方法に詳しいです。

松本 博樹のプロフィール