関西から北陸への旅行は「北陸乗り放題きっぷ」で電車代が安くなる

松本 博樹の画像

2015年3月に北陸新幹線が開通して、金沢や富山への観光に行ってみようかと思っているのではないでしょうか。

でも、関西からだとちょっと遠いし、高いと思いますよね。

そこで諦めてしまうのではなく、1つ安くできる選択肢があるので、これを知ってから判断していただければと思います。

神戸・大阪・京都から福井・石川・富山を巡ろうと思っているなら、「北陸乗り放題きっぷ」を使うのがおすすめ。

北陸乗り放題きっぷ

東京方面から北陸に行こうと思っている方は、以下のページがおすすめ。

2名以上の申込しかできない点に注意

あまりにもお得な切符なので、最初に断っておくと、申込は2人以上からでないといけないルールがあります。

また、使う前日までに買っておかないと対象外になる点にも注意が必要です。

夫婦やカップルでの旅行にはちょうど良さそうですね!

発売期間と利用期間

  • 発売期間:2018/3/30まで
  • 利用期間:2018/4/2までの連続する3日間

料金の表示は往復の運賃

北陸乗り放題きっぷは、北陸を旅行して、あちこち回ろうと思っている方にとっては、かなり安く使えますよ。

料金は以下の通り。()内は通常運賃で富山までを往復した場合。

普通車

  • 京都市内発着:14,280円(17,780円)
  • 大阪市内発着:15,560円(18,860円)
  • 神戸市内発着:16,640円(19,500円)

グリーン車

  • 京都市内発着:16,280円(25,880円)
  • 大阪市内発着:17,560円(26,960円)
  • 神戸市内発着:18,640円(27,600円)

北陸乗り放題きっぷ

計算してみますと、グリーン車用の方がお得に見えますね。

ちなみに、グリーン車に乗れるのは、往復のサンダーバードだけで北陸新幹線はグリーン車に乗れないので注意してください。

往復だけで普通に切符を買うより安くなります。
関西から北陸にサンダーバードで行こうと思うなら、使わない手はないですね〜!

北陸フリーエリアの自由席が3日間乗り放題

往復のサンダーバード以外は、北陸フリーエリアの自由席が乗り放題になります。

3日かけて、北陸をあちこち回ろうと思うなら、自由に乗れるのはかなりお得です。

往復だけでも元が取れてるので、あとはタダで乗り放題になっているようなものですからね。

北陸フリーエリアはかなり範囲が広く、いろいろなところに行けますので、交通費を気にせず北陸観光が楽しめそう!

北陸乗り放題きっぷ

私なら、まずは富山に行って美味しい海鮮を食べてから和倉温泉や金沢に行く流れにするかな〜。

富山にある祭ばやしというお寿司屋がめっちゃ良かったので、また行きたいなぁ。

大阪・神戸の方は京都まで昼特きっぷを使う裏ワザも

北陸乗り放題きっぷ、大阪や神戸からの切符も販売されていますが、とことん安くしたいと思うなら、京都市内発着を買うのがおすすめです。

神戸・大阪からだと、新快速を使えば京都まで行けるので、それほど時間に差はありません。

休日に旅行するのであれば、昼特きっぷをチケットショップで買って京都まで行くようにすれば、片道で数百円も節約できます。

割引率がとても高いので、安くしたい方は京都まで新快速を使って、京都から北陸乗り放題きっぷを使いましょう。

さいごに

北陸乗り放題きっぷは、あまりにもお得なので、3日間北陸で旅行しようと思っている方は、ぜひ使って欲しいです。

自由に乗り降りできる北陸フリーエリアがやっぱり便利!
北陸にじっくり旅行する機会があれば、ぜひ使ってみたいです。

* * *

もし、普通に北陸に行く場合で運賃を安くしたいなら、以下のページも読んでみてください。

この記事を書いた人

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。会社を辞めて子どもが産まれるタイミングで家を買いました。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。そもそも論から考えるミニマリスト的な節約術、クレジットカード、ポイントやマイル、株主優待、投資信託、移動を安くする方法に詳しいです。

松本 博樹のプロフィール