自宅から関空へのアクセスにMKスカイゲイトシャトルが超便利で激安!スーツケースのストレスからも解放される

松本 博樹の画像

関西に住んでいる方が、国際線を利用して海外に行こうと思うと、関西国際空港に行くことがほとんどです。

関空って、大阪府にはありますが、大阪駅からだとしても相当遠いです。
神戸や京都に住んでいる人にとってはなおさら遠いですよね。

関空から家までで2時間かかるのはざらです。
しかも、電車やバスの乗り継ぎでかなり消耗してしまいます。

そんな問題を解決できるサービスがあります。
神戸や京都に住んでいる方には必見のサービスといえるぐらい。

MKスカイゲイトシャトル」というサービスで、家から関空までの送迎ができます。私も関空からの帰りにMKスカイゲイトシャトルを使ってみました。

* * *

大阪に住んでいるなら、車で関空に移動するのが精神的に楽かもしれませんよ。

似たサービスにMKタクシーもありますが、少し違うサービスとなります。

旅行前に見てくださってる方は、関空に関連した節約術を合わせてチェックしてみてください。

MKスカイゲイトシャトルを使ってみた感想

MKスカイゲイトシャトル、空港から家まで送ってもらえるということで、めちゃくちゃ楽でした!

私の住んでいるところだと、関空から帰ろうと思うと、何度も乗り継ぎしないといけません。

重たい荷物を持って家まで帰るのは相当疲れますが、それがなく帰れたのは想像以上に快適でした!本当に家の前まで送ってくれましたからね。

MKスカイゲイトシャトルの車

MKスカイゲイトシャトルは、自分専用のサービスではありません。最大9人まで乗れる乗り合いタクシーのサービスです。

私が乗った時は、外国人のカップルも居ました。そのカップルは私の家よりも近い、神戸市内の中心地で降りていきました。おそらく近い順番で送って行くのだと思います。

ちなみに、外国人のカップルは降りる時に英語で領収書くださいと言ってて、運転手さんが全然理解できてない感じだったので、ヘルプ役もしました。

外国の方もMKスカイゲイトシャトルを使っているようですね。これは本当に便利だからな〜。使う気持ちはよく分かります。  

MKスカイゲイトシャトルの車内
MKスカイゲイトシャトルの車内

関空第1ターミナル1階に受付がある

MKスカイゲイトシャトルは、関空の第1ターミナル1階に受付があります。以下の写真のような感じで、専用のコーナーがありますので、目印には困りません。

MKスカイゲイトシャトルのカウンター
MKスカイゲイトシャトル
MKスカイゲイトシャトル

おそらく、乗る人数によって待ち時間が変わってくると思います。私が受付を済ませた時は、自分が最後だったため、すぐに出発になりました。

これはラッキー!混雑状況によっては、他の人が来るまで待つ可能性もありますので、知っておきましょう。  

料金もリーズナブル!

関空から家まで、もしくはその逆ができるサービスなのに関わらず、MKスカイゲイトシャトルの料金はそんなに高くありません。

私の住んでいるところから考えると、むしろ激安に思ったぐらいです。  

神戸・芦屋からの料金

  • 芦屋市:2,000円
  • 東灘区・灘区・中央区・兵庫区:2,300円
  • 長田区:2,500円
  • 須磨区・北区:3,000円
  • 垂水区:3,500円
  • 西区:4,000円

神戸方面は安いです。芦屋市はわずか2,000円ですし、三宮や神戸駅でも2,300円です。

MKスカイゲイトシャトルの神戸サービス

京都からの料金

京都だと一律で3,600円です。
京都からだと伊丹空港への送迎もあり、2,400円で利用できます。

京都でサービスを提供しているのは、京都市(一部除く)・向日市・長岡京市・宇治市(一部除く)・城陽市です。

京都の場合は、各種割引が充実しています。Web割引・往復割引・グループ割引・ファミリー割引があります。

MKスカイゲイトシャトルの京都サービス

神戸・京都共通のサービス

神戸や京都どちらを使っても、スーツケース1つまでは無料で乗せれます。

2つ目以降が別料金です。
神戸だと500円、京都から関空だと1,000円になります。

また、身障者手帳・知的障害者療育手帳を提示すると10%引きになるサービスもありますよ。  

予約は2日前まで

MKスカイゲイトシャトルの予約は、使う日の2日前までです。電話予約やWebからの予約にも対応しています。私はWebから予約しました。  

さいごに

関西エリアに住んでいる方で、関空から外国に行こうと思っている方は、MKスカイゲイトシャトルがとてもおすすめです。

神戸・京都以外の方も主要駅までは電車で行って、そこからMKスカイゲイトシャトルを使うこともできます。

使う前から便利そうに思っていましたが、実際に体験してみると想像以上でした!
また今後も使うだろうと確信しましたね。
LCCにも対応しているのもいいですね! 

MKスカイゲイトシャトルの詳細ページはこちら

大阪に住んでいるなら、車で関空に移動するのが精神的に楽かもしれませんね。

これから何度もMKスカイゲイトシャトルを使うなら、MKのポイントカードを持つのもいいですよ。

今回、MKスカイゲイトシャトルを使ったのは、台湾旅行に行ったことがきっかけでした。台湾旅行についての役立ちネタは以下のページでまとめています。
参考:台湾旅行で使える節約術

MKは配車サービスも行っています。別の機会にスマホアプリからタクシーを使ってみました。

旅行中に使える節約術は、以下のページが参考になりますよ。

この記事を書いた人

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。会社を辞めて子どもが産まれるタイミングで家を買いました。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。そもそも論から考えるミニマリスト的な節約術、クレジットカード、ポイントやマイル、株主優待、投資信託、移動を安くする方法に詳しいです。

松本 博樹のプロフィール