のぼりべつクマ牧場のチケット料金を割引クーポンなどで安くお得にする方法・アクセス方法・行った感想まとめ

玉村 あけみの画像

こんにちは!先日のぼりべつクマ牧場に行ってきた玉村です。

のぼりべつクマ牧場は、北海道の観光名所のひとつとして昔から親しまれているんですよ。

今回、10年ぶりにのぼりべつクマ牧場に行ってきたのですが、やっぱり楽しかったです!

派手さはないのですが、クセになる楽しさがあるんですよね。

北海道民の私としてはおすすめの観光スポットですよ。

でもこれからのぼりべつクマ牧場に行こうと思ったときに、費用がどのくらいかかるのか、割引できる方法があればと思うのではないでしょうか。

そこでこのページでは、のぼりべつクマ牧場の料金を安くする方法や、実際に行ってみた感想や写真などを詳しく紹介していきますね。

のぼりべつクマ牧場とは?

登別クマ牧場 ロープウェイ山麓駅

のぼりべつクマ牧場は登別温泉町にあるクマの動物園で、開園から60年以上の歴史があるんですよ。

クマ牧場は標高550mの山頂にあり、そこまで行くにはロープウェイに乗って行く必要があります。

クマ牧場の敷地内には、ヒグマ博物館やアイヌ生活資料館、こぐまのショーやアヒルの競争を見ることができますよ。(ショーは不定期)

登別クマ牧場 アヒル

ショーを観たい場合は公式ホームページで開催している日時を確認してみてくださいね。

のぼりべつクマ牧場の基本入園料

まずはのぼりべつクマ牧場の営業時間や入園料が気になるのではないでしょうか。

入園料は、以下の通り。

区分料金
一般 大人2,650円
一般 小人1,350円
団体 大人(10名以上)2,350円
団体 小人(10名以上)1,200円

入園料にはロープウェイの乗車料金も含まれていますよ。

小人は4歳~小学校6年生まで、3歳以下は無料となります。

▼電子マネーは使えませんが、クレジットカードが使えました。

登別クマ牧場 クレカ

▼2人だと5,200円ですね。(2019年6月時点のレシートです)

登別クマ牧場 クレカレシート

身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳を持っている場合は証明書の提示で入園料が割引になります。

障がい者特別割引料金は以下の通り。

区分料金
本人 大人 ※11,350円
本人 小人 ※1750円
付き添い者 ※21,350円

※1 小人は4歳~小学校6年生までで、3歳以下は無料です。

※2 付き添い者は精神障害者保健福祉手帳1・2級、療育手帳A級、身体障害者手帳第1種の場合に、障がい者1名に対し付き添い者1名が対象になりますよ。

のぼりべつクマ牧場の営業時間・休園日など

登別クマ牧場 入園開始時間

営業時間と休園日は以下の通り。

営業期間入園券販売開始入園券販売終了営業終了
4月1日~6月30日8:3015:5016:30
7月1日~9月30日8:0016:2017:00
10月1日~1月31日8:3015:5016:30
2月1日~3月31日8:3015:2016:00

クマ牧場ではロープウェイの点検のために休園日があります。

2019年は2019年11月6日(水)~11月12日(火)になっていますよ。

強風などでロープウェイが運行できない場合があるので、行こうと考えている場合は公式ホームページで運行状況の確認をしてみてくださいね。

のぼりべつクマ牧場へのアクセス

のぼりべつクマ牧場へ行くにはJRか高速バスか車のどれかになります。

札幌から行く場合は、1時間25分~1時間40分ほどかかりますよ。

交通機関で行く場合の料金はこちらです。

札幌からは結構遠いので、レンタカーを借りて行くのもおすすめですよ。

▼もしも登別温泉街で宿泊している場合は、温泉街から歩いて行くことが出来ます。

登別クマ牧場 温泉街入口

▼その場合はロープウェイ山麓駅まで、歩いて行くことになります。
ですが、階段が長いので、そこまでが疲れました。

登別クマ牧場 山麓駅までの階段

のぼりべつクマ牧場の入園料を割引する方法

登別クマ牧場 大きなクマのぬいぐるみ

ここからはのぼりべつクマ牧場の割引方法をまとめて紹介していきますね。

クマ牧場の会員になる

クマ牧場の一番高い割引が受けられるのが、クマ牧場の会員になることです。

もし1年に2回以上行くのであれば会員になっていると十分にもとが取れますよ。

入会金や特典・申し込み方法は以下の通り。

入会金大人 3,000円 小人 1,500円 ※小人は4歳~小学生
有効期限入会日から1年間有効
会員特典入会時に当日の入場券の進呈
次回入場時に特別料金対応  大人1,000円、小人500円
入場3回毎に温泉銭湯「さぎり湯」入浴チケットを進呈
毎回の入場時にクマに餌付けが出来る「クマのおやつ」を進呈
申込方法のぼりべつクマ牧場の券売窓口

なかなか観光で訪れるのは多くないと思いますが、もしも1年に2回以上行くならお得ですね。

JAF会員証で最大250円割引

登別クマ牧場 JAF

JAFの会員証を持っていれば、クマ牧場で提示することで、優待サービスを受けることができます。

ただ、他の割引・優待券との併用はできまないので注意してくださいね。

優待内容は季節によって変わりますよ。

詳細は、JAFの公式サイトで確認できます。

参考:のぼりべつクマ牧場会員優待施設JAFナビ

デイリーPlusで200円引き

会員優待サービスのデイリーPlusを使っていれば大人は200円引き、小人は100円引きになります。

かなりお得な割引ですよね。

月額料金が必要になるサービスですが、他のレジャー施設や映画館でも割引できるところが多く、お出かけする機会が多いのであれば十分に元がとれるサービスですよ。

北海道じゃらんお出かけクーポンで100円引き

北海道じゃらんのサイトには期間限定のクーポンがあり、それを利用すると大人は100円引きになり、子どもは50円引きになります。

会員登録をしなくてもすぐにクーポンを手に入れことができますよ。

参考:北海道じゃらん のぼりべつクマ牧場

H.I.Sクーポンで100円引き

手軽に割引できるサービスにH.I.Sクーポンがあります。

ページ上でクーポンを取得して、そのあとに画面を提示したら大人は100円引きになり、子どもは50円引きにますよ。

クーポン1枚で5人まで使えるため、複数人でお出かけするときにも便利に使えます。

参考:H.I.Sクーポンはこちらから

ほくせんカードで100円引き

クレジットカードのほくせんカードを持っている場合、カードを受付で提示すると大人は100円引きに、小人は50円引きになりますよ。

ただ、ほくせんカードを作っていることが条件になります。

ユニークな「ドングリ割引」

秋の期間中にドングリを持ち込むと、重さに応じて入園料が割引かれるドングリ割引というサービスがあります。

2018年のどんぐり割引の割引率は以下の通り。

【どんぐりの量が100g ~ 500g】

大人192円引き
子供96円引き

【どんぐりの量が501g ~ 900g】

大人292円引き
子供146円引き

【どんぐりの量が901g ~】

大人392円引き
子供196円引き

詳細な日時は公式ホームページで確認してくださいね。

駐車場料金は普通車で500円

のぼりべつクマ牧場の駐車場は、ロープウェイ山麓駅前にあります。

料金は以下の通り。

大型車1,000円
普通車500円
二輪車200円

▼かなり広い駐車場でした。

ロープウェイの下に「クマ山」って書いてあるんですよ。

登別クマ牧場 駐車場

レストランや売店もあります

のぼりべつクマ牧場の園内には売店やレストランもあります。

▼こちらは山頂にあるレストランですよ。

登別クマ牧場 レストラン

▼売店にあるかわいいクマのぬいぐるみと、リアルなクマのはく製のギャップがすごいです。

登別クマ牧場 売店

コインロッカーは入り口に1ヶ所

コインロッカーは、チケット売り場があるロープウェイ山麓駅に1ヶ所だけありました。

山頂まで行ってしまうとコインロッカーはないので、荷物がある場合はロープウェイに乗る前にここで預けましょう。

登別クマ牧場 コインロッカー

のぼりべつクマ牧場に行ってきた感想

ここからは、実際にのぼりべつクマ牧場に行ってきた感想を紹介しますね。

▼のぼりべつクマ牧場に行くにはまずロープウェイに乗ります。

このロープウェイ、約7分乗るんですけど見晴らしもよくて景色も楽しめるんですよ。

登別クマ牧場 ロープウェイ行き

▼到着すると、そんなに敷地は広くはないものの整備されていてきれいでした。

登別クマ牧場 頂上の様子

▼降りて出口すぐ横には子グマの牧場がありました。子グマたちがじゃれあ合っていてすごくカワイイです。

登別クマ牧場 こぐま

▼牧場ではメスとオスが分かれて飼育されていました。

登別クマ牧場 看板

▼牧場に行く前にクマのおやつ(200円)を買いました。クマにおやつをあげるのはとっても楽しいので、買っておくことをおすすめします!

周りを見ると、ほとんどのお客さんがクマのおやつを買ってましたね。

登別クマ牧場 クマのおやつ

▼まずはメスのクマ牧場に行きました。

大人のクマを一度にたくさん見るのってすごい迫力です…。

登別クマ牧場 メス

▼クマのおやつをクマに見せるとクマがそれぞれおねだりのポーズをするんですよ。

登別クマ牧場 ポージング

▼奥の方で立ってアピールするクマもいますね。

登別クマ牧場 立ってアピール

▼足をもってポーズを決めてくれるクマもいます。このポーズができるのはこのクマ牧場でこのクマだけなんだとか。

登別クマ牧場 足をもつクマ

▼池に入ってこっちを見ているクマがシュールです。

登別クマ牧場 池に入るクマ

このメスのクマのエリアだけで、他の観光客もかなり楽しんでいましたよ。

▼続いて、オスの牧場に行きました!

オスのクマ牧場のほうは頭数も少なくて、3頭くらいしかいませんでしたね。メスのように活発に動いてはいませんでした。寝ています…。

登別クマ牧場 オスのクマ

▼オスのクマ牧場の方はガラス越しで観察ができる「人の檻」がありました。

近くでみるとすごく大きいです!

メスのクマと見たや大きさが、だいぶ違うことがわかりますよ。

登別クマ牧場 人の檻

▼ヒグマ博物館もありました。中にはクマ牧場の歴史やクマの特性について紹介されています。

はく製や、クマの巣のレプリカもあって北海道のクマの生態についても知ることができる博物館ですよ。

登別クマ牧場 ヒグマ博物館

▼ヒグマ博物館の屋上からクッタラ湖が見れます。この日は天気が良く、素晴らしい景色でした!

クッタラ湖

▼ひととおり楽しんだら、再びロープウェイで帰ります。

帰りは、Tシャツを着せられているぬいぐるみと一緒に、ロープウェイに乗りましたよ。

登別クマ牧場 ロープウェイ帰り

▼最後にフォトスポットで記念撮影です。

クマたちの人気投票があるんですね。どう猛といわれているクマと、アイドルのコンビネーションのギャップがすごいパネルです…。

登別クマ牧場 撮影スポット

さいごに

登別クマ牧場 令和ロープウェイ

のぼりべつクマ牧場は小規模な施設ですが、行って良かったなと思える満足度の高い場所ですよ。

クマ達も間近で見ることができ、クマの活発な様子がみられる仕掛けがたくさんあります。

それに、訪れる人に楽しんでもらいたい、というスタッフさん達の楽しい工夫や遊び心が伝わってきますよ。

割引方法も充実していますので、のぼりべつクマ牧場に行くときはぜひ活用してくださいね。

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

札幌でイラストレーター&Webライターをしています。2008年に離婚し中学生の息子を育てるシングルマザー。 昔からお金の使い方が下手で失敗は数知れず… ですがシングルマザーになったことをきっかけにお金について勉強するようになりました。 今は少額でできる運用や投資をコツコツとして、お金について考える日々。 記事ではイラストや漫画も使ってわかりやすく発信していきます。

玉村 あけみのプロフィール