三井住友VISAカードでPiTaPaを作る方法・対象クレジットカード・到着までの所要日数まとめ

スポンサーリンク

こんにちは!
関西エリアに住んでいる、ノマド的節約術の松本(@peter0906)です。

クレジットカードの三井住友VISAカードや三井住友MasterCardを持っていると、付帯カードでPiTaPaが作れます。

PiTaPaって単独では作ることができず、カードの付帯サービスで使うことになりますよ。

そうなると、作り方をどうすればいいのかが最初は難しく感じるかと思います。

そこでこのページでは、三井住友カードからPiTaPaを作る方法や、対象になっているカードの一覧などを紹介していきますね。

PiTaPaが作れる三井住友カードの一覧

まずは、PiTaPaを作るために必要な三井住友カードはどれなのかを紹介していきます。

PiTaPaが作れる主な三井住友カードの一覧は以下の通りです。

これ以外にも使えるエリアに特化した三井住友カードがありますよ。

三井住友カードのVpassからPiTaPaを作る手順

ここからは、私が持っているANA VISA nimocaカードを例にして、三井住友カードのVpassからPiTaPaを作る手順を紹介していきますね。

まずは、Vpassにログインしてください。
▼ログインしたら、メニューにある「カードサービス」を選びましょう。

そこの画面にPiTaPaカードがあるので、それを選べばいいですよ。

三井住友VISAカードからPiTaPaを作る手順

▼PiTaPaカードのページを開くと、PiTaPaの案内が表示されます。

改めて特徴をチェックするなら目を通しましょう。

三井住友VISAカードからPiTaPaを作る手順

▼画面下に進むと「お申し込みはこちら」ボタンがあるので、それを押しましょう。

三井住友VISAカードからPiTaPaを作る手順

▼改めてANA PiTaPaカードの案内ページが出てきます。

ANAの名称がついていますが、機能的には普通のPiTaPaと同じですよ。

ANAマイルとPiTaPaショップdeポイントを相互交換できる特徴があります。

申込に進むなら「お申し込みはこちら」を押しましょう。

三井住友VISAカードからPiTaPaを作る手順

▼PiTaPa会員規約について表示されます。
ひと通り目を通した上で「同意する」ボタンを押して次に進んでください。

三井住友VISAカードからPiTaPaを作る手順

PiTaPaカードを申し込むにあたって、手持ちのクレジットカードの有効期限とセキュリティコードを入力することになります。

私はANA VISA nimocaカードを持っていたので、それぞれカードに書いてある通りに入力しておきました。

▼入力が終われば「確認する」ボタンを押しましょう。

三井住友VISAカードからPiTaPaを作る手順

▼次の画面では、先ほどの入力内容が表示されます。

内容に問題がなければ「決定する」ボタンを押しましょう。

三井住友VISAカードからPiTaPaを作る手順

▼これで三井住友カードからPiTaPaの申込ができましたね!

三井住友VISAカードからPiTaPaを作る手順

ちなみに、PiTaPaカードに申し込んだのは2月3日でした。

2〜3週間ほどで届くとありましたので、しばらく待つことになりますね。

PiTaPaが到着

その後、2月9日にPiTaPaが簡易書留転送不要郵便で送られてきました。

▼不在で後日届けてもらいましたが、思いのほか早く届きましたね!

三井住友カード ANA VISA nimocaで申し込んだPiTaPa

▼封筒を開けてみると、PiTaPaカードが入っていました!
ANA VISA nimocaカードから申し込んだこともあって、ANAのロゴが入っていますね。

三井住友カード ANA VISA nimocaで申し込んだPiTaPa

あとはPiTaPaを改札に通して使うだけですよ。

PiTaPaで使った交通費は、あとで紐付けているクレジットカードから支払うことになります。

PiTaPaを使わない場合はPiTaPaだけ解約しよう

三井住友カードからPiTaPaを作ったはいいけど、やっぱりPiTaPaを使う機会がない場合は、PiTaPaだけ解約しておきましょう。

年に1回も使わない場合は、管理料として税抜1,000円必要になります。

ムダにお金を払うのはもったいないので、PiTaPaを使わないときは解約を忘れないようにしてくださいね。

さいごに

PiTaPaを作りたいと思ったときは、今回紹介したように三井住友カードから発行するのが一番おすすめです。

PiTaPaを作ること自体は無料ですし、デポジットも必要ありません。

そのかわりにクレジットカードが必要になりますので、PiTaPaが欲しいならまずは対象のクレジットカードを持っておきましょう。

個人的には三井住友カードかANA VISAカードがおすすめですよ。

参考:PiTaPaを作るために三井住友カードを持つにはこちらから
参考:PiTaPaを作るためにANA VISAカードを持つにはこちらから

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。 詳細プロフィールは別ページにあります。お金に対する考え方・ポリシーはこちら。

執筆メンバの一覧を見る