名古屋市科学館の入場料金を割引クーポンなどで安くする7つの方法・おすすめの駐車場・アクセス方法まとめ

スポンサーリンク

家族で出かける時には、なるべく安く・お得に行きたいですよね。

名古屋市科学館は、愛知県の子連れお出かけスポットとして人気の施設です。

名古屋市が運営する施設のため、利用料金が比較的お値打ちなうえ、年齢問わず楽しめる展示内容なっているのが魅力だと思います。

実はちょっとした準備をするだけで、さらにお値打ちな価格で楽しめてしまうんです。

このページでは、名古屋市科学館をよりお値打ちに楽しむために、割引券やクーポン、駐車場の情報などを紹介します。(2019年2月現在の情報)

名古屋市科学館の概要・営業時間・休館日

名古屋市科学館は、物理や原理、生命に関する体験から科学を学べる施設です。

またギネス認定された、世界最大のプラネタリウムドームをメインとした天文も学ぶことができますよ。

名古屋市科学館の写真

  • 住所:〒460-0008 愛知県名古屋市中区栄二丁目17番1号 芸術と科学の杜・白川公園内
  • 営業時間:午前9時30分 ~ 午後5時00分(入館は午後4時30分まで)
  • 休館日:月曜日、第3金曜日、年末年始(その他、臨時休館日があり)
  • 詳しい情報は公式サイトを参照

名古屋市科学館の基本入館料金

名古屋市科学館の、基本の入館料金を見ていきましょう。
料金体系は2つあります。

1つ目は、科学館のを観覧できる「展示室のみ」のチケットです。
プラネタリウム・特別展を除く、各フロアの施設を観覧することができますよ。

▼「展示室のみ」の料金はこちら。

  • 大人:400円
  • 大学・高校生:200円
  • 中学生以下:無料

2つ目は、科学館の展示室とプラネタリウムの観覧ができるチケットです。

▼「展示室とプラネタリウム」の場合はこちら。

  • 大人:800円
  • 大学・高校生:500円
  • 中学生以下:無料

いずれのチケットも、大学生・高校生の場合は学生証の提示が必要です。

なお、特別展を観覧する場合は、別途料金が必要となります。

スポンサーリンク

入場料金を安くする7つの方法

ここからは、名古屋市科学館の入場料金を安くする方法を1つ1つ詳しく見ていきます。

割引方法がいくつかありますので、使える場合はぜひ利用してみてくださいね。

最大400円の割引!名古屋市在住の65歳以上はお得

名古屋市在住かつ年齢が65歳以上だと、入場料金が割引になります。

▼そのときの料金はこちら。

  • 展示室のみ:100円(通常400円)
  • 展示室とプラネタリウム:200円(通常800円)

展示室のみは300円割引、展示室とプラネタリウムは600円割引になるのでぜひ利用しましょう。

なお割引を受ける際には、敬老手帳などの提示が必要です。

驚きの安さ!定期観覧券はわずか1,600円

名古屋市科学館に何度か行く予定があれば、定期観覧券(年間パスポート)の購入がおすすめです。

▼定期観覧券「展示室のみ」の料金はこちら。

  • 大人:1,600円
  • 大学・高校生:800円
  • 65歳以上の方:600円(名古屋市在住)

▼定期観覧券「展示室とプラネタリウム」の料金はこちらです。

  • 大人:3,200円
  • 大学・高校生:2,000円
  • 65歳以上の方:1,000円(名古屋市在住)

いずれも4回~6回行けば元が取れる計算ですからかなりお得ですね。

利用期間は、購入日より1年となっています。

名古屋市美術館との共通券で割引

名古屋市科学館に隣接する、名古屋市美術館にも行く予定があれば、共通券を利用したいですね。

名古屋市美術館の外観写真

共通券は、名古屋市美術館の常設展(一般300円)と名古屋市科学館展示室(大人400円)がセットになったチケットです。

▼共通券の料金はこちら。

  • 大人:500円

通常価格より200円割引になりますので、名古屋市美術館を観覧予定の場合はぜひ利用したいですね。

なお共通券には、大学生・高校生、名古屋市在住65歳以上の区分販売はありません。

10%割引!地下鉄・バスの一日乗車券を提示するだけ

名古屋市営地下鉄・バスのきっぷを提示するだけで、入場料金が割引になります。

▼対象の乗車券はこちら。

  • ドニチエコきっぷ
  • バス・地下鉄全線一日乗車券
  • 地下鉄全線一日乗車券
  • バス全線一日乗車券
  • メグール1DAYチケット

対象の乗車券を提示すると、入館料金が10%割引になります。

名古屋市科学館の入場券と一日乗車券の写真

▼「展示室のみ」の料金はこちら。

  • 大人:360円(通常400円)
  • 大学・高校生:180円(通常200円)

▼「展示室とプラネタリウム」の料金はこちらです。

  • 大人:720円(通常800円)
  • 大学・高校生:450円(通常500円)

なお特別展の料金についても、割引になることもあります。

最大50%割引!ぴよか・はぐみんカードを提示するだけ

子育て家庭優待カードの提示で、割引を受けられます。

対象カードは、名古屋市の「ぴよか」、愛知県「はぐみんカード」、そして各都道府県で発行の「子育て支援パスポート」も利用できますよ。

はぐみんカードの写真

カードを受付で提示するだけで、入館料金が最大50%割引なります。

▼「展示室のみ」の場合はこちら。

  • 大人:200円(通常400円)
  • 大学・高校生:100円(通常200円)

▼「展示室とプラネタリウム」の場合はこちらです。

  • 大人:600円(通常800円)
  • 大学・高校生:400円(通常500円)

利用の際は注意点があります。

  • 利用できる日は、毎月第3日曜日「家庭の日」のみ
  • 18歳未満の子供と同伴での入館が必要

団体割引は30人以上から使える!

複数の家族や子供会などで行く場合は、条件をチェックして利用したいですね。

団体割引は、有料入場者の人数で割引が変わります。

  • 30名以上の場合:10%の割引
  • 100名以上の場合:20%の割引

なお利用には、事前申し込みが必要です。

無料で入館できる日が毎年10月にあります

例年10月に行われている「名古屋まつり」に合わせて、入館料金が無料になる日があります。

名古屋まつりは、10月の土・日に開催されており日程は毎年異なります。

そのため無料入館日は毎年異なりますので、日付をチェックしてから利用してくださいね。

スポンサーリンク

名古屋市科学館に行くときにおすすめの駐車場4か所

名古屋市科学館に専用駐車場はありません。

ただし繁華街が近いこともあり、施設周辺にはコインパークなど有料駐車場が多数あります。

その中からおすすめをいくつか紹介しますね。

まずは、名古屋市科学館までの近さを重視したい場合は、「白川公園駐車場」「若宮大通公園白川前駐車場」がおすすめです。

白川公園駐車場は、白川公園内にある駐車場で名古屋市科学館まで最も近い場所にあります。

白川公園駐車場の写真

  • 営業時間:午前8時~午後9時
  • 駐車料金:普通車30分ごとに180円
  • 住所:愛知県名古屋市中区栄2丁目

若宮大通公園白川前駐車場は、白川公園前の若宮大通沿いにある駐車場です。

  • 営業時間:午前7時~午後9時
  • 駐車料金:普通車30分ごとに160円
  • 住所:名古屋市中区大須2丁目

つづいて、駐車料金の安さを重視したい場合は、「東洋パーキング」「NPC24H三蔵パーキング」「白川公園スカイパーキング」がおすすめですよ。

東洋パーキングは、自走式の立体駐車場で、栄・伏見付近ではかなり良心的な料金設定をしています。

東洋パーキングの写真

  • 営業時間:午前7時~深夜3時
  • 駐車料金:普通車30分ごとに110円
  • 住所:愛知県名古屋市中区栄2丁目7−1

NPC24H三蔵パーキング、白川公園スカイパーキングは、土日祝日にも打ち切り料金の設定がある駐車場です。

▼NPC24H三蔵パーキングはこちら。

  • 営業時間:24時間
  • 駐車料金:普通車20分ごとに200円(8時~20時)、最大1,400円(平日)/1,600円(土日祝日)
  • 住所:愛知県名古屋市中区栄2丁目10-5

▼白川公園スカイパーキングは、こちらです。

白川公園スカイパーキングの写真

  • 営業時間:午前8時~夜10時
  • 駐車料金:普通自動車30分ごとに150円、3時間600円、最大1,200円(8時~22時)
  • 住所:名古屋市中区栄2丁目13-19

なお白川公園スカイパーキングは機械式の立体駐車場のため、大型車などは利用できません。

駐車場の駐車サイズに合うかをチェックしてから利用してくださいね。

名古屋市科学館周辺はその他にもたくさんの駐車場がありますが、土日祝日はどちらもかなり混雑します。

お目当ての駐車場があれば、早めに入庫するようにしてくださいね。

スポンサーリンク

無料で利用できるコインロッカーがあります

荷物がたくさんあるときは、館内のコインロッカーを利用すると便利です。

コインロッカーは2か所設置されています。

まずは、理工館1階です。

名古屋市科学館の理工館1階のコインロッカー

  • 小×130個

小型のみですが、1個づつに元素記号が記載されていてとてもユニークです。

つづいては、生命館1階のコインロッカー。

名古屋市科学館の生命館1階のコインロッカー

  • 中×18個
  • 大×8個

いずれも利用料金は無料(コインリターン式)ですから、ぜひ活用してくださいね。

なおコインロッカーに空きが無い場合、スーツケースなどに大型荷物の場合は事務室に相談をしてみてくださいね。

行ってみた感想「また行きたい!」

名古屋市科学館は、子供はもちろん大人も興奮しますね。

高さ9mの人口竜巻、マイナ30度の部屋でオーロラ映像を体験するなど、展示一つひとつが好奇心を刺激するので、順番待ちになっている展示も多いです。

土日祝日は各フロア人でいっぱいになっていますが、また行きたくなってしまうんですよね。

スムーズに楽しむコツは、事前準備だと思います。

名古屋市科学館は、各フロアごとにテーマが設定されているので、気になるテーマを事前にチェックしておくと、混雑を極力避けてチェックしたい展示をより楽しめると思いますね。

また昼食はお弁当を持参すると節約ができますよ。

生命館1階、天文館3階などの休憩室や、白川公園でゆっくり食べることができます。

名古屋市科学館の休憩室

なおギネス認定されているプラネタリウムは、午前中でチケットが売り切れる場合もあるため、早めの購入がおすすめです。

チケットは、午前9時30分から当日投影となるすべての回が売り出しとなります。

名古屋市科学館へのアクセス方法

名古屋市科学館へは、公共交通機関でのアクセスが便利です。

名古屋市科学館の最寄り駅

▼地下鉄の場合はこちら。

  • 地下鉄 「伏見」駅 → 4・5番出口 から南へ徒歩5分

伏見駅は、東山線または鶴舞線で行くことができます。

▼バスの場合はこちらです。

  • 市バス 「広小路伏見」 → 南へ徒歩5分
  • 名鉄バス「白川公園前」 → 北へ徒歩5分

名古屋市科学館までは、いずれの駅からも徒歩5分程度なのでとても便利です。

なお遠方から名古屋市科学館へ向かう場合、名古屋駅から地下鉄東山線を利用するとわかりやすいですよ。

さいごに

名古屋市科学館は、コスパに優れた施設なので、遠方から名古屋市を観光する方も十分満足できると思います。

体験を通して学べる施設は、子供も時間を忘れて楽しんでくれますよ。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

脇田 知子

愛知県在住のWEBライター・ラジオパーソナリティ。講師業も時々しています。財布の紐が緩めの節約初心者。貯めたポイントで行く家族旅行や買い物に、とても幸せを感じるタイプです。執筆では、分かりやすさを大切にしています。

執筆メンバの一覧を見る