西友ネットスーパー(SEIYUドットコム)ならパンパースおむつが激安!2つ2,210円で買える

スポンサーリンク

2人目の子供が産まれてからまだ1ヶ月と少ししか経ってないということで、買い物に出かけるのが大変な状態です。出かけることはできますが、子供を抱えて重たい荷物を持つのも大変です。

そんな中、おむつも買おうと思うとめちゃくちゃかさばってしまい、持ち運ぶのが大変です。

これからどうしようか困っていろいろ調べてたら、SEIYU(西友)ドットコムでオムツが激安価格で売ってるのを見つけました。

育児中でなかなか外に出かけられないお母さんにピッタリの話です。

西友ネットスーパーのおむつ

パンパースおむつが激安

セールかなにか分からないのですが、記事公開時点(2014年10月)で見た時は、パンパースおむつがサイズ問わず税抜2,046円で売ってました。

税込だと2,209円になります。1つあたり約1,105円。これはかなり安いです!

西友ドットコムのおむつ

他のサイズも2個パックで税抜2,046円。

西友ドットコムのパンパースおむつ

ちなみに、1パックだと1,100円ほどします。
それを思うとかなり安いと思いませんか?

おむつは卒業するまでどうしても必要になるものです。
1枚あたりのコストをできる限り下げると、それだけ家計が助かります。

(追記)
2016年1月に確認した時は税抜2,700円になっていました。
ただ、値段に合わせてボリュームも多くなっていましたよ。

税抜1,980円(税込2,138円)以上で送料無料

西友ドットコムは、税抜1,980円以上の買い物で送料無料になります。税込に直すと2,138円(消費税8%時)ですね。

ということは、2個パックのおむつを買うと自動的に送料無料になりますよね!普通にお店に行くのではなく、ネットで買えるだけでありがたいのに、お店よりも安いし送料無料なら最高ですね!

わざわざお店に買いに行く理由がなくなります。

ウォルマートカードセゾンで毎日3%安く買える

ここまででも十分安くて、これからSEIYUドットコムでおむつを買っていこうと思うのに十分です。私もすぐに買おうと思ってるぐらいです。

でも、もっと安くできちゃうんですね。西友のクレジットカード「ウォルマートカードセゾン」を使って買い物することで、西友ドットコムで毎日3%OFFになります。

上で紹介したおむつ2パックだと2,046円の3%引きで61円安くなります。ウォルマートカードセゾンは年会費無料で持てるカードなので、何も損することなく割引特典だけを使えますね!

他のものも3%引きで買えるので、西友ドットコムを使うならば、ウォルマートカードセゾンは必須です。

本当に3%安くなるかどうか、確認してみました。

SEIYUドットコムでオムツを買ってみた

その後、自分でもSEIYUドットコムを使ってオムツを買いました。

こんな大きなダンボールに入ってました。自分で買ったら持って帰るのが大変すぎるので助かります!

SEIYUドットコムのダンボール

パンパースのオムツが出てきました!ダンボールの中にさらにダンボールが入ってましたね。

SEIYUドットコムで買ったオムツ

さいごに

親になって3年半ほど経ちますけど、おむつがここまで安くなっているのは初めて見ました。これを見た時は、あまりにも安くてテンションがかなり上がりましたよ!

おむつ代は半ば固定費です。1枚あたり、1パックあたりの費用をどこまで下げれるかによって、節約できる金額が大きく変わってきます。1回やればずっと使えるテクニックになるので、おむつ代はとことん節約することをおすすめします。

そう思うと、SEIYUドットコムウォルマートカードセゾンの組み合わせは最高です!

おまけ:LOHACOで買うのもおすすめです

他にネットでおむつを安く買う選択肢として、LOHACOがあります。

こちらはTポイントが使えるので、貯まってたらお金を使わず買えますよ。

おまけ:育児中の方に役立つ情報

育児中は何かとお金に対して不安に思うものです。
私自身も子供が産まれてから、いろいろとお金のことを考えるようになりました。

結果、なんとかなっているので、考え方やお金の使い方次第でなんとでもなると思います。

そんな考え方を以下のページで紹介していますので、合わせて読んでみてくださいね。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。 詳細プロフィールは別ページにあります。お金に対する考え方・ポリシーはこちら。

執筆メンバの一覧を見る