ゆうちょダイレクトのトークンが届いたので初期設定のやり方をまとめてみた

松本 博樹の画像

以前、ゆうちょ銀行のネットバンキング「ゆうちょダイレクト」のセキュリティを高めるために、トークンを申し込みました。

ほどなくして、ゆうちょダイレクトのトークンが届いたので、使い方や初期設定などのやり方をまとめてみました。届いてから1〜2週間放置してました^^;

トークンの使い方

ゆうちょ銀行から封筒が届いて、その中にゆうちょダイレクトのトークンが入っています。下の写真がトークンですが、封筒に入るほど小さなものです。

ゆうちょダイレクトのトークン

最初の状態では電源が付いていません。「1」ボタンを押すと電源が付きます。電源が付くと、1分間、ワンタイムパスワードが表示されます。

電源を切る時は、左下の「×」ボタンもしくは右下の「←」ボタンを押してください。

ゆうちょダイレクトにトークンを反映させる方法

ゆうちょダイレクトにトークンを使えるようにするための設定が必要です。

ゆうちょダイレクトが届いたら、設定方法について書かれた紙も合わせて届きますので、それを見ながら設定すれば、大丈夫です。

下の写真のような紙です。

ゆうちょダイレクトのトークンについて

一応、ここでもトークンの設定について画像付きで説明していきます。

まずは、ゆうちょダイレクトにログインすると、右側のメニューに「トークンの設定」ボタンが出てきます。

ゆうちょダイレクトのトークン設定

次の画面では「トークンの利用登録」ボタンを押してください。

ゆうちょダイレクトのトークン設定

次の画面では、シリアル番号とワンタイムパスワードを入力します。

シリアル番号は、トークンの裏の左下、小さなバーコードの下にある10桁の番号のことです。

ワンタイムパスワードは、トークンの電源を入れて出てきた6桁の数字を入力してください。

両方の入力が終われば、下の「実行する」ボタンを押してください。

ゆうちょダイレクトトークン設定

確認の画面が出てきますので、OKを押してください。

ゆうちょダイレクトのトークン設定確認

これでトークンの利用登録が完了しました。簡単でしたね。

ゆうちょダイレクトのトークン設定完了

振込時にトークンを入力する

ゆうちょダイレクトから振込する場合、トークンを使います。今までは、インターネット用暗証番号を入力していましたが、ワンタイムパスワードだけ入力に変更になりました。

ゆうちょダイレクトのトークンの使い方

試しに振込してみたら、振込確認画面で、ワンタイムパスワードの入力だけ求められました。

暗証番号はついつい忘れがちだし、トークンさえ持っていれば、忘れることもないので、手間も省けそうです。

ゆうちょダイレクトの振込

さいごに

トークンを使うことで、セキュリティ強度を高めることができます。

ただし、トークンをしっかり管理しておかないと、振込手続きとかができない!と頭を抱えることになってしまうので、忘れない場所に保管しておきましょう。

ゆうちょ銀行、昨今のセキュリティ問題にすぐ対応してトークンを発行しましたね。なかなか早い動きでいい感じな気がします。

ゆうちょダイレクトのトークンは無料で使えます。

おまけ:他の銀行と比較される方へ

ゆうちょ銀行以外にも便利な銀行はいくつもあります。
他の銀行と比較される方は、以下のページもおすすめですよ!

この記事を書いた人

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。節約アドバイザー・クレジットカードアドバイザー。会社を辞めて子どもが産まれるタイミングで家を買いました。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。そもそも論から考えるミニマリスト的な節約術、クレジットカード、ポイントやマイル、株主優待、投資信託、移動を安くする方法に詳しいです。

松本 博樹のプロフィール