manaca利用履歴を確認する5つの方法まとめ!領収書は発行できるのかも解説

脇田 知子の画像

manaca(マナカ)は、名古屋市を中心にほぼ全国の列車やバスで利用ができる交通系ICカードです。

また電子マネーとしても利用できるため、1枚もっていると便利ですよ。

運賃や買い物などmanacaでの支払い回数が増えると「過去にどんな支払いに使ったかな?」と気になることもあるのではないでしょうか。

そんなときには、manaca利用履歴の確認をしましょう。

このページでは、manaca利用履歴の確認方法と手順を、名鉄(名古屋鉄道)の駅で行ったときの写真を交えながら、詳しく紹介していますよ。

【manaca】の利用履歴を確認する方法と印刷のやり方などまとめ

manaca利用履歴の出し方は5種類あります

まずは、manaca利用履歴の出し方を見ていきましょう。

▼manaca利用履歴は、次の場所や方法で確認できます。

  • 駅の券売機(manaca対応)
  • 駅のチャージ機
  • 駅のmanaca取り扱い窓口
  • スマホアプリ
  • パソコン

利用履歴では、チャージや乗車履歴、カード残額などが確認できますよ。

それでは5つの方法ごとの手順を紹介していきますね。

駅の券売機でmanaca利用履歴を確認する方法

manaca利用履歴は、manaca対応の券売機で確認ができます。

さっそく手順を見ていきましょう!

▼まずは画面左下の「ICカード」ボタンをタッチします。

manaca利用履歴を券売機で確認する手順

▼つづいて「履歴表示・印字」ボタンをタッチして進みましょう。

manaca利用履歴を券売機で確認する手順その2

▼手持ちのmanacaを挿入します。

manaca利用履歴を券売機で確認する手順でカード挿入

▼画面に利用履歴が表示されました。

manaca利用履歴を券売機で確認する手順の画面表示

利用履歴を印字したい場合は「履歴印字」をタッチします。

▼カードと利用履歴が出てきました!

manaca利用履歴を券売機で確認した時のカード挿入口の写真

▼そして画面では、カード残額とカード残ポイントも確認できましたよ。

manaca利用履歴を券売機で確認した時の最終画面

▼利用履歴は「ICカードご利用明細」というタイトルで発行されました。

manaca利用履歴を券売機で発行した時の写真

駅の券売機で確認できる利用履歴は、以下の2点が条件となります。

  • 直近利用の最大20件まで
  • さかのぼって26週以内

券売機でmanaca利用履歴を確認するときには、件数と期間の条件に注意してくださいね。

駅のチャージ機でmanaca利用履歴を確認する方法

manaca利用履歴の確認は、チャージ機でもできます。

▼チャージ機はこちら。

manacaチャージ機の写真

チャージ機はチャージ専用機だと思っていましたが、履歴確認もでき便利ですね。

さっそく手順を見ていきましょう。

▼カード挿入口に手持ちのmanacaを入れます。
画面には、カード残額とカードポイントが表示されました。

manacaチャージ機にカードを入れた写真

▼画面下の「履歴表示」または「履歴印字」を押します。
今回は「履歴表示」を押して進みますね。

manacaチャージ機のボタンの写真

▼画面に利用履歴が表示されました。

manacaチャージ機に利用履歴が表示された写真

印字したい場合は「履歴印字」ボタンを押します。

▼利用履歴が発行されました。

manacaチャージ機で発行された利用履歴の写真

今回は15件分の印字でしたが、長いレシートが出てきたので驚きましたね。

チャージ機で確認するときの注意点を見ていきましょう。

  • 直近利用の最大20件まで
  • さかのぼって26週以内

駅のmanaca取扱窓口でmanaca利用履歴を確認する方法

manaca利用履歴は、manaca取扱窓口でも確認ができます。

▼手順は次の通り。

  1. 係員に「利用履歴を確認したいこと」を伝える
  2. 手持ちのカードを渡す
  3. 履歴印字を受け取る
manaca利用履歴を窓口で発行した時の写真

係の人が対応してくれるので、利用履歴の確認手順に不安がある場合にはおすすめです。

今回は係の方にお願いしてから、1分以内で利用履歴を受け取ることができました。

ただし込み合う時間帯は、確認までに時間がかかるため、混雑状況を見て利用したいですね。

manaca取扱窓口で、確認できる利用履歴の条件は、次の通りです。

  • 直近利用の最大100件まで
  • さかのぼって26週以内
  • 印字のみの対応(表示確認はできません)

他の方法と比べて確認できる件数は多いですが、manaca取扱窓口の場合でも最大100件まで。

それ以上になるとmanaca利用履歴は確認できなくなってしまうため、こまめにチェックするようにしましょう。

スマホアプリでmanaca利用履歴を確認する方法

ここまでは駅でmanaca利用履歴を確認する方法を紹介しましたが、スマホからチェックできたら便利ですよね。

CentX(セントエックス)という名鉄のアプリを使うと、スマホでmanaca利用履歴が確認できますよ。

manaca利用履歴を確認する手順は次の通り。

  1. アプリを起動する
  2. TOP画面の下部にある「乗る」をタップする
  3. 「交通系IC残高」をタップする
  4. 「カードを読み込む」をタップしてmanacaを読み取る
  5. 利用履歴(直近の19件)が表示される

また「CentX」以外にもmanaca利用履歴が確認できるアプリはいくつかあるため、使いやすいサービスを探してみるのもいいかもしれません。

パソコンでmanaca利用履歴を確認する方法

スマホだけでなく、パソコン(PC)でもmanaca利用履歴が確認できます。

ただし、「Felicaポート/パソリ」という専用の端末が必要になるため、スマホで確認するよりも手間がかかる方法です。

以下の手順で、manaca利用履歴が確認できますよ。

  1. SONYのサイトで専用ソフトをダウンロードする
  2. パソコンにインストールしてソフトを起動する
  3. 「SuicaやPASMOなどをセットしてください」と表示されるかチェックする
  4. manacaを「Felicaポート/パソリ」に乗せる
  5. 利用履歴(直近の20件)が表示される

ちなみに、manacaには会員サイトがないため、インターネットで利用履歴を確認することはできません。

パソコンでmanaca利用履歴をチェックしたい場合は、「Felicaポート/パソリ」を活用してくださいね。

manaca利用履歴で確認できる内容

manaca利用履歴で、どのような内容を確認できるか紹介しますね。

▼manaca利用履歴では以下の項目が確認できます。

  • 利用日
  • 種別
  • 利用場所
  • カード残額
  • 残ポイント数

項目の中で、種別についてはわかりづらいかもしれませんね。
もう少し詳しく見ていきましょう。

▼主な種別はこちら。

  • 購入:乗車券類の購入
  • 精算:乗車券類の精算
  • 現金:チャージ
  • 物販:電子マネーの利用
  • 特典:ポイント還元
  • 入場:鉄道駅の入場
  • 出場:鉄道駅の出場
  • 定期:定期券を使用して入場または出場
  • バス等:バス等の利用

manacaはほぼ全国で利用ができる交通系ICカードため、表示については各交通機関で異なることがあります。

表示・印字内容で不明な点があれば、係の方にたずねてみましょう。

manacaの領収書のもらい方は?

駅でmanaca利用履歴を印字した際に、「領収書も一緒に発行したい」と思う場合もあるかもしれませんね。

ただ、manacaの領収書を発行できるのは、現金でチャージしたときに限られます。

駅の自動券売機もしくはチャージ機でmanacaチャージをしたあとに「領収書」ボタンを押すと、領収書が発行されますよ。

manacaチャージでの領収書のもらい方は、以下のページで詳しく説明しています。

さいごに

manaca利用履歴の確認は、駅やスマホアプリでスムーズに行えることがわかりました。

確認できる期間と件数に注意して、定期的に利用履歴を確認すれば、モレやムダがなくなりますね。

また今回行った名鉄の駅では、チャージ機とmanaca取扱窓口の印字がレジロールタイプの感熱紙だったため、確定申告などで利用する場合は、印字が消えないように対処しておくと安心だと思いました。

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

愛知県在住のWEBライター・ラジオパーソナリティ。講師業も時々しています。財布の紐が緩めの節約初心者。貯めたポイントで行く家族旅行や買い物に、とても幸せを感じるタイプです。執筆では、分かりやすさを大切にしています。