PASMOオートチャージの設定方法・対応クレジット一覧・利用可能エリアまとめ

柚木ゆうらの画像

電車やバスの乗り降りに便利なPASMOですが、チャージしないと使えません。
残高を気にしながら、そのつどチャージするのって大変ですよね。

そんなときにおすすめなのが、PASMOのオートチャージ。

手持ちのPASMOをオートチャージ設定しておけば、自動改札機を通るだけで自動的にPASMOへチャージしてくれますよ。
券売機でチャージする手間もなくなる上、残高不足を気にしなくて良いので便利です。

しかし、はじめてオートチャージを使いたい場合、何から設定したら良いのか迷ってしまいますよね。

このページでは、PASMOオートチャージの設定方法や、オートチャージに対応しているクレジットカードについて詳しく説明していきます。

PASMOオートチャージ設定方法・対応クレジット・利用可能まとめ

オートチャージが使えるPASMO一覧

オートチャージとは、自動改札機にタッチするだけでPASMOにチャージできるサービスのこと。
残高を気にしながらそのつどチャージする手間が省けるので便利ですよ。

オートチャージ機能が使えるPASMOは、以下の通り。

  • 一体型PASMO
  • 記名PASMO

オートチャージ設定にしておくと、残高を気にすることなく使えるので、移動にかける時間や買い物の会計も短縮することができます。

特に、クレジットカードと一体型になったPASMOだと、手持ちのカードを少なくできるのでおすすめですよ。

PASMOのオートチャージに対応しているクレジットカードについて

PASMOでオートチャージ設定する際、クレジットカードの登録が必要になります。

手持ちのPASMOにクレジットカードを紐づけることにより、オートチャージが可能になりますよ。
PASMOに紐づける場合は、オートチャージに対応したクレジットカードを選びましょう。

ちなみに、PASMOのオートチャージに対応している主なクレジットカードは以下の通り。

  • パスタウンカード
  • 小田急OPクレジットカード
  • 京王パスポートカード
  • 京急プレミアポイントゴールド/シルバー
  • SEIBU PRINCE CLUBカードセゾン/SEIBUプリンスカード
  • 相鉄カード
  • 東急カード
  • 東武カード
  • Tokyo Metro to Me CARD
  • 横浜交通hama-eco card

この中から好きなカードを選びましょう。

ちなみに、これらのカードは、PASMOオートチャージの自動付帯サービスでもあるクイックチャージにも対応しています。
クイックチャージはキャッシュレスでチャージができるので便利ですよ。

PASMOのオートチャージ設定方法

PASMOにオートチャージする方法は、主に以下の通り。

  • 一体型PASMOでオートチャージ
  • 記名PASMOにオートチャージ

それぞれ設定方法がちがうので、ひとつずつ説明していきますね。

一体型PASMOのオートチャージ設定方法

オートチャージ機能つきの一体型PASMOで設定する場合は、PASMOオートチャージ機能設定申込書で手続きする形になります。

PASMOオートチャージ機能設定申込書で手続きする流れは、以下の通り。

  1. PASMOオートチャージ機能設定申込書をダウンロードする
  2. 必要事項を記入し、申込書を郵送する
  3. オートチャージサービス機能のお手続き完了の案内ハガキが届く
  4. 案内ハガキと申し込みをしたPASMOを東京メトロかPASMO取扱事業者の駅に持っていく
  5. PASMOオートチャージ利用設定の手続きを行う

これで、オートチャージ設定が完了になります。

記名PASMOのオートチャージ設定方法

記名PASMOでオートチャージ設定したい場合は、オートチャージ対応のクレジットカードも同時に必要となります。

両方用意することで、記名PASMOでもオートチャージが使えるようになりますよ。

記名PASMOでオートチャージ設定する流れは、以下の通り。

  1. PASMOオートチャージサービスの申込書を入手する
  2. 必要事項を記入し、申込書を郵送する
  3. PASMOオートチャージサービスお申込みに関するお知らせの案内ハガキが届く
  4. 案内ハガキと申し込みをしたPASMOを東京メトロかPASMO取扱事業者の駅に持っていく
  5. PASMOオートチャージ利用設定の手続きを行う

これで、記名PASMOでもオートチャージができるようになります。

ちなみに、記名PASMOとクレジットカードの名義は同一でないと申し込めません。
また、オートチャージサービスの有効期限はクレジットカードの有効期限と同一になるので注意してくださいね。

PASMOのオートチャージ条件や金額を変更する方法

使っているうちに、オートチャージの金額をあとで変更したくなることもありますよね。

初期設定だとPASMO残額が2,000円以下になると、改札機を通った際、自動的に3,000円チャージされる形になっています。

このオートチャージ条件や金額は、あとからでも変更できるので安心してくださいね。

オートチャージ条件や金額を変更できる場所は、以下の通り。

  • 東京メトロの駅事務所
  • 多機能券売機
  • IC対応券売機
  • 定期券うりば

一番わかりやすいのは、多機能券売機を利用する方法ですね。

多機能券売機でオートチャージ金額を変更する手順は、以下の通り。

  1. 多機能券売機で「PASMO」を押す
  2. 「オートチャージのご利用設定」を押す
  3. 「金額の変更」を押す
  4. 希望する条件と金額を入力する
  5. 「入力完了」を押す

これで、オートチャージの条件や金額を変更することができます。

また、オートチャージの実行判定金額と実行金額の範囲は、1,000円~10,000円になっています。

実行判定金額:2,000円 実行金額:5,000円

この場合、チャージ残高が2,000円以下になると自動的に5,000円オートチャージされる形となります。

ちなみに、オートチャージの限度額は以下の通り。

  • 1日あたり…10,000円以下
  • 1ヶ月あたり…50,000円以下

限度額以上のオートチャージはされないので、注意してくださいね。

PASMOのオートチャージ利用可能エリアは?

PASMOのオートチャージ設定をしたら、全国どこでも使えるのか?という点も気になりますよね。
関西圏でも使えるのか、どこのエリアまで使えるのか、という部分も気になると思います。

基本的に、PASMOが使えるエリア内であればオートチャージは利用できますよ。
PASMOのオートチャージが利用できる主なエリアは、以下の通り。

  • 首都圏
  • 仙台
  • 新潟

残念ながら、関西圏ではPASMOのオートチャージが使えません。

また、PASMOはバスの乗り降りには利用できても、オートチャージには対応していないので気をつけてくださいね。

どうしても関西圏で交通ICカードを使いたい場合は、モバイルSuicaを利用するのがおすすめです。

PASMOのオートチャージでポイントを貯めよう

PASMO独自のポイントサービスはありませんが、還元率の高いクレジットカードでオートチャージすればポイントを貯めることができます。

オートチャージでポイントが貯まるクレジットカードは、以下の通り。

貯めたポイントは、それぞれ1ポイント=1円としてPASMOにチャージすることもできます。

PASMOオートチャージでポイントを貯めて、そのポイントを使ってPASMOにチャージする…という良循環な使い方ができますよ。

東京メトロをよく利用していてメトポを貯めるのなら、To Me CARD Prime PASMO
ポイントだけでなくマイルも貯めたいのなら、JALカード TOKYU POINT ClubQ

生活スタイルや貯めるポイントの用途に合わせて、クレジットカードを選ぶようにしましょう。

さいごに

PASMOをオートチャージ設定にしておくと、残高を気にせずに移動や買い物ができるようになります。
残高不足を気にすることなく行動できるだけで、ストレスがぐんと減りますよ。

PASMO独自にポイントサービスがない分、還元率の良いクレジットカードを使ってオートチャージをし、ポイントを貯めていくのがおすすめです。

オートチャージを利用して、PASMOで移動や買い物を楽しみましょう!

おまけ:Suicaと比較したい場合

この記事を書いた人

長野県在住のフリーライター。昔は貯金ができないタイプでしたが、子どもが生まれてからは時間の使い方・お金の考え方を改めるようになりました。時間の錬金術師になって、心にゆとりのある生活をするのが目標。クレジットカード・スマホ決済・メディア代節約についての発信が多めです。

柚木ゆうらのプロフィール