貯金したい方がまず読みたい電子書籍!ゆみちんさんの「手取り17万円でも3年間で100万円貯める方法」が本質的でおすすめ

スポンサーリンク

節約に関する本は 数多くあれど、なかなか本質に迫っている本ってないように思います。

言葉のイメージで、どうしてもケチケチした感じがありますが、節約って、ホントはケチケチすることではないんですよね。

そんな時に「4人家族のお金が貯まる暮らし方。」というサイトを運営されている、ゆみちんさんの電子書籍「手取り17万円でも3年間で100万円貯める方法」を読みました。

具体的なテクニックはともかくとして、お金に対する考え方は私がいつも言っていることとほぼ一緒で、すごくおすすめできる本だと思いました。

私以外の考え方も知りたいという場合はぜひ読んでみてくださいね。

このページでは読んでみた感想を紹介します。

まえがきですべての答えを言っている

まえがきで、食費や光熱費の節約は後回しにしてください、と書いてあります。

もう、ホントにこれなんですよ。
食費や光熱費の節約は必要ありません。

さらに、こんなことも書いてありました。

お金に対する考え方で最も重要なところです。

  • 家計簿は何のためにつけているのか
  • 自分はどういった生活をしたいのか
  • 何を大切にして暮らしたいのか
  • 同居している家族は何を大切にしたいのか

この点を突き詰めて考えたら、自然とお金を使う理由を考えれますよね。

私自身もほとんど同じような考え方で、節約生活を実現しています。

お金をコントロールする力を身につける

給料が増えても貯金ができるかどうかって、自分のお金の管理のしかた次第なところがあります。

会社に勤めていれば、金額の大小はともかくとして、安定的にお金が入ってくるので、あとはそれをどう管理していくかだけなんですよね。

単純に使うお金が減れば、貯金も増えます。

前半部分で、お金をコントロールする力を身につけることができれば貯金ができたも同然という感じの記述がありましたが、まさにその通りだと思いました。

自分自身でコントロールさえできれば自然とムダ使いすることもなくなりますよ。

具体的な家計管理のテクニックも書かれている

後半部分は、前半部分で説明した考え方をベースにして、ゆみちんさんが具体的にされている家計管理のテクニックが紹介されていました。

家計簿をつけたり、スマホなどの固定費を見直したりする話は、実践してみることで、その効果を実感できるはず。

私自身もいろいろと固定費を下げる節約術を実践してきたことで、お金に関する心配からだいぶ解放されましたよ。

さいごに:1つでも実践すれば、すぐに元が取れます!

電子書籍ということで、紙の本を買うよりもかなり安く手に入ります。

この本を読んで、1つでも実践できることがあれば、すぐに元が取れますよね。

その点では、とってもお買い得といえます。
私自身も、考え方の部分で共感できるところが多く、自分の考え方も悪くないのかな、って思えました!

私自身のお金に対する考え方は、以下のページから一覧で読めます。
参考:お金に対する考え方の記事一覧

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。 詳細プロフィールは別ページにあります。お金に対する考え方・ポリシーはこちら。

執筆メンバの一覧を見る