【現地で検証】海外キャッシングの手数料をおすすめカード3枚で徹底比較!繰り上げ返済を含めてお得なクレジットカードが決定!

松本 博樹の画像

海外旅行するときに気になるのが両替です。
両替するときの手数料を安くする方法に、クレジットカードのキャッシングを使う方法があり、これが一番お得だったりします。

とはいえ、どのクレジットカードからキャッシングするのが一番いいのかわかりにくいですよね。

海外キャッシングするときに見ておきたいのは、返済のしやすさです。
繰り上げ返済がすぐにできるかどうかで、払わないといけない利息を少しでも減らせますからね。

また、電話を使わずネットで繰り上げ返済ができるかどうかも重要です。
電話してしまうと、電話代が別にかかるので、その分だけ損になります。

ネットだけで返済ができ、しかも借りてすぐに繰り上げ返済できるクレジットカードを数枚海外に持っていき、実際に同じ日に同じ金額をキャッシングしてみました。

自分でもかなりアホなことをしている自覚はありますが、実験結果を見ていただければと思います!

海外キャッシングの手数料をおすすめカードで徹底比較

アコムACマスターカード・セディナカード・セディナカードJiyu!da!の3枚でキャッシングしてみた

アコムACマスターカード・セディナカード・セディナカードJiyu!da!

今回、キャッシングの手数料比較に使った3枚のクレジットカードは以下の通りです。

これらのカード、すべて用意して海外に向かいました。
実験場所はニュージーランドのオークランドです。

結論から言うと、アコムACマスターカードが一番お得でした!

どのカードも返済しやすいんですが、当日返済できるアコムACマスターカードは利息が0円にできるので、ダントツでおすすめですね。

同じ日・別時間帯で比較してみた

ということで、同じ日に同じ金額で3枚のカードでキャッシングしてみました。

同じ時間帯にキャッシングするのが一番良かったんですが、後ろにATMをメンテナンスする人が控えていたため、残念ながら同じ時間帯では調査できずでしたね。

キャッシングした詳しい時間はこのあとで紹介していますので、参考にしていただければと思います。

時間帯が変わるとレートが少し変わったので、感覚的にはリアルタイムのレートでキャッシングしているのではないかと思いました。

ということで、実験結果を紹介します!
1回あたり100ドル下ろしていて、身銭を切っています。

▼アコムACマスターカードは、14:22にキャッシングしました。

アコムACマスターカードでキャッシングしたときの料金

▼ATM手数料200円がありますが、これはキャッシングとは別のものなので、キャッシングで下ろしたのは7,518円です。

アコムACマスターカードで海外キャッシングしたあとに返済する手順

▼セディナカードでは、18:34にキャッシングしました。

セディナカードでキャッシングしたときの料金

▼セディナカードでキャッシングしたときの金額は7,546円でした。
時間差がある分だけ、ちょっとレートが変わっていますね。

セディナカードのキャッシング金額

▼セディナカードJiyu!da!では、18:37にキャッシングしました。

セディナカードJiyu!da!でキャッシングしたときの料金

▼セディナカードJiyu!da!でキャッシングしたときの金額も、セディナカードと同じ7,546円でした。

セディナカードJiyu!da!のキャッシング金額

別の日に調査してみた結果

これまでのキャッシング調査では、毎回100ドルずつ下ろしてたので、さすがにお金がかかりすぎて大変だわ…と思って、キャッシング前の明細画面でどうなるかを比較してみました。

ANZのATMだとキャッシングする前に明細が出てくるので、わかりやすいです。

実験を兼ねてやっているとはいえ、既に300ドル下ろしていて、これ以上下ろしたくなかったのです…。

▼こちらが既に下ろした300ドルですね。

キャッシングで下ろした300NZD

ということで、実際の結果を紹介します!

▼アコムACマスターカードで海外キャッシングしようとしたときの予定明細はこちら。

アコムACマスターカードで海外キャッシングしようとしたときの予定明細

▼セディナカードで海外キャッシングしようとしたときの予定明細はこちら。

セディナカードで海外キャッシングしようとしたときの予定明細

▼セディナカードJiyu!da!で海外キャッシングしようとしたときの予定明細はこちら。

セディナカードJiyu!da!で海外キャッシングしようとしたときの予定明細

3枚とも同じ金額でしたね。

こうなると、キャッシングした当日に返済できるアコムACマスターカードが一番おすすめです!

当日返済したら、利息すらかかりませんからね。

別のATMでも試してみた結果

ここまではANZのATMだけで試してみましたが、せっかくなので他のATMでも試してみました。

ASBとWestpacのATMで試しています。

ASBの外観

試したのはいいですが、明細画面が出ることなくキャッシングが完了してしまいました…。

試すたびに毎回100ドルが引き出されていきます。
ニュージーランドで現金を使うわけでもないのに、どんどん手元に外貨が増えていきました。笑

Westpacの外観

▼ちなみに、ニュージーランドではWestpacのATMが一番手数料安かったです!

レートは現地とほとんど変わらないレートで下ろせましたよ。

アコムACマスターカード Westpacで100ドル下ろした

さいごに

今回の海外キャッシング手数料比較、わざわざ海外に行って実際にキャッシングしてみました。

現金を引き出しているので、思いのほかお金がかかるものですね…。

とはいえ、実際にやってみると返済のしやすさに明らかに差があるのがおもしろかったです!

キャッシングだけを考えたら、アコムACマスターカードが一番おすすめですが、万一ATMに吸い込まれてしまったときのことを考えて、セディナカードも作っておくほうが無難ではありますよ。

ちなみに、アコムACマスターカードを使う場合は、海外キャッシング以外では使わないほうがいいです。基本的にはリボ払いなので、余計にお金かかりますからね。

海外キャッシングだけに使ってすぐに返済すれば、利息を払う必要もありません。なのでアコムACマスターカードが一番おすすめになります!

気になるカードがあれば、以下からチェックしてみてくださいね。

参考:アコムACマスターカードを使うにはこちら
参考:セディナカードを使うにはこちら
参考:セディナカードJiyu!da!を使うにはこちら

この記事を書いた人

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。会社を辞めて子どもが産まれるタイミングで家を買いました。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。そもそも論から考えるミニマリスト的な節約術、クレジットカード、ポイントやマイル、株主優待、投資信託、移動を安くする方法に詳しいです。

松本 博樹のプロフィール